アキュテインって何?ブログで話題?気になる2つの副作用 

人気の検索キーワード

ニキビ治療に用いられる内服薬で「アキュテイン」があります。赤い炎症を起こしている重症なニキビや次々にニキビができて、長期間、完治しない状態が続くような比較的、重症のニキビ治療に思いいられます。

効き目が強い分、副作用も重大なものがあるようなのでしっかり覚えておきましょう。

本記事では、ニキビ治療に効果的と言われる「アキュテイン」の効果、副作用、使用するメリット・デメリットを中心に紹介していきます。『ニキビはサンシャイン山口クリニックに相談!その治療とは?』でも「アキュテイン」の治療法について紹介しているので、合わせて読むことを推奨します。

目次

1.アキュテインとは?
1-1.重症のニキビ治療に使用される内服薬です
1-2.日本国内では保険適用外の薬です

2.アキュテインはどうしてニキビに効果があるの?
2-1.皮脂線を縮める作用があるから
2-1.皮膚の細胞を正常にするから

3.アキュテインの副作用は要注意
3-1.胎児の催奇形性
3-2.気持ちの落ち込み
3-3.副作用の症状

4.アキュテインのメリット・デメリット
4-1.アキュテインのメリット
4-2.アキュテインデメリット

5.アキュテインは止めたら再発する?

6.アキュテインの個人輸入は大丈夫?

7.まとめ

1. アキュテインとは?

「アキュテイン」は販売名で薬の成分名は「イソトレチノイン」と言います。現在、日本国内では認可されて居ませんので、保険適用外となっています。認可は下りていませんが、その効果は高いのが特徴です。「アキュテイン」についてご紹介しましょう。

1.1.重症のニキビ治療に使用される内服薬です

「アキュテイン」はイソトレチノイン酸というビタミンA誘導体を主成分とした内服薬です。その為、「イソトレチノイン」が成分の薬は「アキュテイン」の他にも、「ロアキュテイン」「ロアキュタン」「イソトレチノイン」などがあります。

皮膚科では「アキュテイン」が最も多く処方されているようです。最近ではジェネリックである「イソトロイン」もこの「アキュテイン」と同じ薬として処方されています。
世界的には比較的、以前から使用されている内服薬ですが日本国内では未だ、保険適用では使用することができな薬です。ニキビ治療の内服薬の中でもかなり、強力でアメリカでは最もニキビに効く薬として知られています。

他にも「イソトレチノイン」を含んだ同じような薬がいくつかあります。「イソトロイン」「アクタン」「アクタネ」「ロアキュテイン」「アキュタン」「ロアキュタン」「ソトレット」「クララビス」「アクノティン」「アムネスティーム」「アブソリカ」などがそれにあたります。

1.2.日本国内では保険適用外の薬です

現段階では「アキュテイン」は日本国内では保険適用外となっています。それは「アキュテイン」の副作用にあります。重大な副作用がありることから保険診療では処方できないことになっています。

皮膚科医のもと適正な診察を受け、「アキュテイン」を処方してもらう必要があります。医師の免許を持った者が海外から個人的に輸入しているのが現実です。

ニキビ治療の多くは保険が適用されますが、この「アキュテイン」のように保険適用外の薬を使用する場合には自費となります。

海外では数十年前から一般的に使用されている薬が未だ、日本国内では認可されていなものもあります。重症なニキビの特効薬としても有名な「アキュテイン」が日本国内でも保険適用の認可が下りると良いですね。

 


1 2 3 4 5 6 7 8
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビ知識

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!