なぜニキビはできる?アクネ菌とニキビの関係を教えます!

人気の検索キーワード
「ニキビをどう治したらいいかわからない!」を解決することができます。
すぐに再発してしまうニキビに悩んでいませんか?
カリフォルニア大学の薬学博士、ブライアン・ケラー博士によると、対策してもニキビが治らない人には、皮膚やコスメにある特徴があるとしています。
実際に97%の人が納得した、ニキビの治し方とは、、、
→詳しくはこちら

私たちは日々肌に関心を持っているでしょうか。おそらくはよっぽど肌が敏感な人以外はほとんどケアをおろそかにしていると思います。

そもそも、ニキビの原因であるアクネ菌はどうして毛穴にいるのでしょうか?原因となるニキビ菌、アクネ菌の性質を理解していれば、ニキビの生成、悪化を防ぐ方法は見えてきます。

また、殺菌やケアするにはどうすればよいのでしょうか?性質や特徴を理解してケアするために、さまざまな観点から解説します。


ニキビは男女問わず最もポピュラーな肌トラブルのひとつですが、近年は思春期を過ぎ、社会人になってから発症する、いわゆる大人ニキビに悩まされる人たちが増えているようです。

アクネ菌を徹底的に分析し、ニキビを適切に治療する方策について解説していますので、肌トラブルに悩んでいる人は是非参考にしてみてください。

目次

1.アクネ菌とは何か?
1-1.アクネ菌とニキビの関係とは
1-2.アクネ菌は決して特別な細菌ではないということ
1-3.アクネ菌にも善玉と悪玉が存在する

2.原因菌がニキビを生成してしまう
2-1.マラセチア菌とは何か?
2-2.マラセチア菌の実態

3.ニキビを引き起こす
3-1.根本原因は毛穴詰まり
3-2.肌バリア低下と皮脂過剰分泌を防ぐこと

4.アクネ菌はどうやって増殖するのか?
4-1.アクネ菌と黄色ブドウ球菌の増殖
4-2.ターンオーバーの乱れ
4-3.バイオフィルムとは何か?
4-4.シリコンとニキビの関係とは

5.アクネ菌対策
5-1.洗顔方法
5-2.アクネ菌の性質を利用
5-3.保湿と女性ホルモン
5-4.マラセチア菌による予防と治療

6.アクネ菌のケア

7.アクネ菌の殺菌

8.まとめ

1.アクネ菌とは何か?

「アクネ菌とは何か?」の画像検索結果

出典 | ニキビ改善プロジェクト公式【原因・予防法・治す方法の調査サイト】 

このアクネ菌(プロピオニバクテリウム・アクネス)は、ニキビが常に発症しやすい人にだけ存在する菌であるというわけではありません。他にもマラセチア菌などのようなものもあります。

人間の肌には常在菌というものが存在しており、私たちの肌のバランスをコントロールし、正常に保つために必要とされる菌なのです。その代表的な菌がブドウ球菌であり、ニキビと深い関係にあるアクネ菌は、このブドウ球菌と同様、男女問わず皮膚に最も多く存在する細菌のひとつです。アクネ菌は肌の酸性度の調整を行い(弱酸性に保つ)、病原菌の増殖を防ぐ働きをしています。

このアクネ菌が悪い働きをするのは、数が増えすぎたときだけです。酸素を嫌う菌なので、毛穴の中などに住んでいるのですが、この毛穴に皮脂が詰まったり、古い角質が詰まったりすると、これらをエサとしてアクネ菌が異常繁殖します。

そうすると、毛穴の内部で炎症を起こし、ニキビとなってしまうのです。

したがって、ニキビが出来やすい出来にくい問わず、アクネ菌はどんな人の皮膚にも存在するということを念頭に置いておきましょう。

1-1.アクネ菌とニキビの関係とは

「アクネ菌とニキビの関係とは」の画像検索結果

出典 | ニキビを治す!原因を徹底研究して、ニキビを根本から治療 

ニキビは皮脂や角栓などで毛穴が詰まると発生するのです。それはアクネ菌が持つ次の性質に由来しています。まず、アクネ菌は酸素に触れること嫌います。ですから、毛穴の奥にいるアクネ菌は、自分から毛穴の外に出てくることはありません。死滅してようやく、皮脂などとともに老廃物として排出されます。

そして、アクネ菌は、皮脂を栄養素とします。特に皮脂の5割を占める成分であるトリアシルグリセロールと呼ばれる中性脂肪を好物としています。アクネ菌のこの二つの性質は、つぎのようなトラブルをひきおこします。ふさがった毛穴の中に皮脂が溜まった状態が白ニキビ、面皰(めんぽう)とも呼ばれています。さらにアクネ菌が増殖して炎症が起こると、赤ニキビや黄ニキビに悪化してしまいます。そうならないためには、まずは正しい洗顔でアクネ菌を増やさないことが大切です。

すなわち、通常は一定の割合しか繁殖しないアクネ菌が、何らかの原因で、皮脂の分泌量が増大するすることにより、大好物である栄養素が増え、毛穴のなかで通常量を超えて繁殖してしまうのです。ここから、アクネ菌とニキビとが密接に関係しはじめてくるのです。

1-2.アクネ菌は決して特別な細菌ではないということ

皆さんは、常在菌というものをご存じでしょうか?

端的に言えば、普段から人間の身体に住み着いている細菌のことだと最初の方で説明しました。

さらに加えると、代表的な常在菌には腸管内に腸内細菌が挙げられ、我々の健康状態と密接に関わっています。善玉菌、悪玉菌に分けられ、善玉菌優位のバランスを保っていれば、むしろ住処を提供する代わりに病原菌から守ってくれる…といった共生関係を築くことが出来る反面、悪玉菌が優勢になれば健康状態が脅かされることもあるのが特徴と言えるでしょう。

そして、アクネ菌もそういった細菌と同じように、すべての人の皮膚に住み着いており、何も特別な細菌というわけではありません。

1-3.アクネ菌にも善玉と悪玉が存在する

近年の細菌の研究では、アクネ菌にも善玉菌、悪玉菌の2つが存在すると考えられています。

さらに細分化すると、アクネ菌は66種類に区分できるそうですが、大別すれば3種類、そのうち悪玉は2種類、善玉は1種類と言われています。

善玉のアクネ菌は肌のpHを4〜6の弱酸性に維持し、病原菌の繁殖を抑えてくれるのですが、悪玉は毛穴の中でリパーゼ酵素を分泌…皮脂を遊離脂肪酸とグリセリンに分解します。善玉菌だけを増やすことが出来れば、ニキビになりにくい肌環境を維持することができそうですね。そのためには悪玉アクネ菌の住処となる面皰を作らないようにするのが一番です。

 

<< 下に続きます >>
重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレン のニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

90%の人がニキビ予防を実感することができたとして話題になっているのは オルビス のニキビケアです。
特に「ニキビができるのにかさつく」という悩みのある人におすすめしたい、100%オイルカット・高保湿成分のニキビケア商品です。
→詳しくはこちら

ビタミンCの浸透力でニキビケアをするのが VCスターターセット です。
低価格帯のニキビケア商品ながら実績は圧倒的で、ビタミンC化粧品に興味がある女性が選ぶランキング 4部門1位を獲得。
1800円で試すことができるため一度は絶対に試してみるべき商品のひとつです。
→詳しくはこちら

人気の記事

ニキビの症状ごとに一番効果的な「ニキビの薬」を教えます!

ニキビの原因は、ニキビのできる場所だけで分かります!
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワード!