クレアラシルはニキビに効く?使い方と注意点まとめ

人気の検索キーワード

2.ニキビとは?

「ニキビとは」の画像検索結果

出典 | Cocoro skin clinic 

一概にニキビとはいっても、見た目や症状によっては様々な種類があるのをご存知でしょうか?白ニキビや赤ニキビなどは聞いたことも見たこともあるかもしれません。他にも思春期ニキビ、大人ニキビという種類も耳にしたと思われます。ニキビが出来るのには、世代によっても違いがあることがあるのです。

ちなみに、大人ニキビとは、ホルモンバランスの均衡の中で男性ホルモンが優位の状態になることで、毛穴に角栓が詰まりやすくなることが主な原因と言われています。女性でも男性ホルモンは分泌されているので、むしろ女性の方が生理現象のために不安定になることもあります。

さらに、乾燥によって角質が進み水分量が減るとバリア機能が低下するため、よりニキビの発生が起こりやすい状態になってしまいます。

また、一方で思春期ニキビは、毛穴に皮脂が溜まることで発生します。

ニキビを消失させるための対症療法は進行度によって違いがあるので、下記では細かくニキビごとの考察をしていきます。

2-1.白ニキビ

「白ニキビ」の画像検索結果

出典 | 30代の大人ニキビ対処法は?にきび・ニキビ跡の悩みにはコレ! 

まずニキビとはこの白ニキビから始まります。よく見かけたことがあると思います。ニキビは、誰にでもできます。そして白ニキビは、最も起こりやすいタイプのニキビです。

これは、毛穴の入り口が皮脂や汚れの塊である角栓によって塞がってしまい、その内部に皮脂が溜まってしまいます。それが白く見えるためなのです。この状態を白ニキビといいます。

別名を「閉じたニキビ」ともいわれる白ニキビは、頻繁にできてしまうのであれば、根本的治療が必要です。

なるべく早いこの段階でケアすることが治療への早道となることでしょう。この状態では、ただ単に毛穴が詰まっているだけなので痛みを感じることはまずありませんから気付きにくいのです。

特に、大人ニキビの大きな原因はお肌の乾燥や、ターンオーバーの著しい低下、自分の肌に合っていないニキビケアや、ケアのし過ぎ、生活のストレス偏った食生活によって皮脂分泌が増加しているなどなど、様々な要因が考えられます。ですが、白ニキビの段階では洗顔と保湿で治すことが容易なのです。

また、皮膚科では、ホルモンバランスを整える治療法が推奨されております。予防ではなく、既にできてしまったニキビを直すのであれば、面法圧出やピーリングが良い治療法化と思います。

面法圧出とは、ニキビの中に溜まっている角質や皮脂、あるいは膿を押し出す治療法です。自分でやると跡が残りやすいので、できれば、医療機関で行うようにしたいですね。

2-2.黒ニキビ

「黒ニキビ」の画像検索結果

出典 | WELQ [ウェルク] | ココロとカラダの教科書 

白ニキビとは違い、黒ニキビとは、何なのでしょうか?白ニキビで塞がってしまった毛穴の中でも皮脂の分泌は続いているのです。皮脂の分泌が過剰になると、毛穴に詰まった皮脂は塊となって毛穴を防いでしまいます。

すると、増えていった皮脂や汚れは収まりきらなくなり毛穴から溢れ出してしまいます。黒ニキビは、毛穴が詰まって皮脂がたまり、それが肌表面に押し出された時にできてしまいます。

すると溢れた汚れや皮脂は空気中の酸素に触れることによって酸化してしまい、黒くなってしまうのです。これが黒ニキビの正体になります。

別名では、開いたニキビとも呼ばれているようで、お肌が余分な皮脂を出し過ぎた時に発生するのが典型です。

また、イチゴ鼻といわれるように、鼻にできやすいニキビのひとつです。白ニキビ同様、正しいスキンケアで治すことができますが、このまま放置しておくと、毛穴の中でニキビの炎症を招くアクネ菌が増殖してしまうので注意が必要です。

場合によって、黄色く変色することもあるようです。それは次に解説したいと思います。ですが、もともとはお肌の皮脂なので、わたしたちがが思うほど汚いものではありません。

特に、思春期が過ぎた頃なら、黒ニキビが多くできていると思います。体は思春期になると、大量のホルモンを分泌するのです。

そして、生み出されたホルモンが皮脂腺を刺激すると、余分な皮脂まで出てしまい、これは体にとって自然なことではあるものの、黒ニキビができるのは第二段階に悪化しているのです。

また、黒ニキビができる理由は他にもあるのです。肌が清潔でなかったら、死んだ肌細胞が毛穴の中にたまり、毛穴を詰まらせてしまうのです。

油分の多い化粧品やクリームが、黒ニキビの原因になることも。外的環境や湿気なども、黒ニキビを発生させることがあるので、注意が必要と言えるでしょう。

皮脂腺は、適度に皮脂を分泌しているのが自然な状態なのです。過度の洗顔などで刺激を与えすぎると、お肌は取られすぎた皮脂を埋め合わせようとしてさらに皮脂を分泌し、黒ニキビができてしまうのです。

洗顔の時はこすらず、優しく洗うように心掛けましょう。黒ニキビは、白ニキビと同じく、面法圧出で治すことができます。

しかし、長期的な予防をしたいのであれば、生活習慣の見直しをすることが必要です。

黒ニキビの原因である皮脂分泌は、脂質の多い食事を摂取することや、睡眠不足が原因となる場合が多いからです。日々の生活習慣を改善することによって、ニキビのできにくい肌にしたいですね。

2-3.赤ニキビ

「赤ニキビ」の画像検索結果

出典 | ニキビを治そう! 

赤ニキビとは、肌が炎症を起こして赤くなった状態を指します。赤ニキビの大きな原因は皮脂の過剰分泌だと言われています。

詰まった毛穴の内部でついにアクネ菌が悪さを始め、赤く炎症を起こしてしまっている状態を赤ニキビなのです。

元々体質がオイリー肌の人だと、赤ニキビができやすいといわれています。日々、肌の皮脂は肌に潤いを与え、外部からやってくるホコリや雑菌、ウィルスなどが入り込まないように防御する役割を果たしています。

皮脂の量が少なすぎるとお肌が乾燥して肌の防御機能が失われ、シミやシワなど様々な影響がでてくるのです。

一方、過剰に分泌され過ぎるのもよくありません。皮脂が大量に分泌されると毛穴が詰まってしまい、毛穴に詰まった皮脂を栄養素としてニキビの原因となるアクネ菌が増殖してしまうのです。

大量に増殖したアクネ菌により皮膚組織が刺激されて炎症を起こした結果が赤ニキビです。

患部が腫れ、触ると痛みがあるのも特徴です。爪で潰してしまいがちですが、跡が残るのでおすすめできません。

この状態のときに無理に患部に圧をかけニキビを潰そうとすると、かえって赤みが増したり、潰した部分から雑菌が入り余計に悪化してしまうことがあるからです。赤ニキビを予防するには、皮脂の過剰分泌を抑えることがポイントになってきます。

保湿を常にして、肌を健やかな状態に整えるのが大切でしょう。

もし、既にできてしまった赤ニキビに関しては、炎症を鎮めることが第一です。相当悪化しているようであれば、治療薬や皮膚科へ行き、正しいケアを行いましょう。皮膚科では、抗生物質やステロイド剤が入った塗り薬が処方されることもあります。

2-4.黄ニキビ

「黄ニキビ」の画像検索結果

出典 | 2016 首ニキビの予防&治療法 完全マニュアル 

黄色ニキビはニキビが悪化して化膿し黄色い膿が出た状態を指します。赤ニキビの時期に悪さをしていたアクネ菌を退治しようと、白血球が戦います。その後の死骸が膿の正体になります。

ニキビの中では重症で、治療に専念すべきだといえるでしょう。自分の手で潰してしまうと、跡が残る可能性が高いです。

黄ニキビに関しては、潰したり触ったりするのはダメです。まずは洗顔をしっかり行って、肌を清潔な状態に保ちましょう。

保湿もしっかりして、潤いを逃がさないようにすることも必要です。頬や髪の毛の生え際、顎などにできやすいのが特徴とも言えます。

また、黄ニキビはいきなりできるものではなく、赤ニキビが悪化した状態です。赤ニキビを放置したり、間違った対処法をしたりしたことで悪化させてしまい、赤く腫れあがって痛みが生じるようになると、やがて膿を持って黄色ニキビに変化してしまうのです。

もし、皮膚の表面に出てきていて、少しの衝撃で破れてしまいそうなニキビは水で流しながらしっかりと膿を出し切り、ケアを行いましょう。

膿が残っているとそこからまた菌が繁殖してしまい、患部が悪化してしまうのでしっかりと洗い流すことが肝心です。一方、奥の方まで膿が溜まっていて出し切れそうにない場合は潰さず治療をするというように、膿の状態によってケアの仕方は変えましょう。

できるならば、この段階にならないように努めたいですね。

2-5.紫ニキビ

「紫ニキビ」の画像検索結果

出典 | 東京アクネクリニック 

紫ニキビは結節性ニキビとも呼ばれています。化膿した黄色ニキビなどと違い、痛みやかゆみがないのが特徴です。

ニキビに触れたときに大きくゴリゴリとした感触を覚えるのも特徴で、デコボコして見た目が良いものではありません。

かなり危険な状態で、炎症や化膿が繰り返すと皮膚の奥の方にまで炎症が進み、そこに膿や血液がたまった状態になるのです。すると、皮膚表面にしこり状の赤黒い大きな塊のようなニキビが盛り上がり紫ニキビとなります。

ちなみに、皮膚の奥の方にある膿は通常ですと、ゆっくりと皮膚に吸収されていきますが、血の巡りが悪い場合に、膿や炎症がいつまでもそこに溜まってしまうことによって、紫ニキビとなってしまいます。

また、紫ニキビは食生活の乱れや便秘、睡眠不足などの不規則な生活習慣や生理不順によるホルモンバランスの乱れ、ストレスや疲労など体内バランスの乱れが、新陳代謝の低下を促し、体の中の老廃物を排出しにくい環境を作ってしまうことも原因としてあります。

 


1 2 3 4 5 6 7
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの治し方

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!