クレアラシルはニキビに効く?使い方と注意点まとめ

人気の検索キーワード
肌あれピンチに7日間の救世主!

定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
dプログラムはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。
→詳しくはこちら

90%の人がニキビ予防を実感することができたとして話題になっているのは

すぐに再発してしまうニキビに悩んでいませんか?
特に「ニキビができるのにかさつく」という悩みのある人におすすめしたい、100%オイルカット・高保湿成分のニキビケア商品です。
実際に90%の人が納得した、ニキビの治し方とは、、、
→詳しくはこちら


3.ニキビに使用する薬

普段から、ニキビ治療には、原因となる皮脂対策や食習慣などの生活習慣の見直しも非常に大切ですが、薬が必要になる場合もあるでしょう。

ニキビに使用する薬については、症状が出るのを抑制するタイプや、症状を軽減するタイプなどがあります。即効性が欲しいならば皮膚科や病院とカテゴリ分けしておくとよいかもしれませんね。

また、市販薬も多く販売されていますが、医療機関からニキビ専門の治療薬を処方してもらうという方法もあるでしょう。

市販薬と処方薬では使われている成分が異なる場合があるからです。ニキビの進行具合などによっては、市販薬での対処が難しく医療機関での治療が勧められる場合もあります。

また、大人ニキビに関しては、ホルモン治療が効果的だといわれているようです。これは、思春期ニキビは皮脂をコントロールする丁寧な洗顔が必要だとされていますが、大人ニキビは逆に乾燥肌、男性ホルモン増加が主な原因だからなのです。

そのため思春期の頃のニキビケアをずっと続けていても改善はしないでしょう。正しいニキビ治療の知識をつけて、きちんとケアするように意識することが大切なのです。

3-1.市販薬と処方薬の違い

覚えておくことは、市販薬と処方薬では使える成分が異なるということです。一般的には、市販薬の方が個人の判断で使うケースを想定して比較的刺激が弱く、効果が薄い場合が多いと言えるでしょう。

また、ご自分の判断で気になるお薬を選んで使うことができるという点、手軽にいつでも治療を始めることができるという部分も挙げられます。

また、市販薬にも外用剤と内服剤が販売されています。市販薬の場合は、使いやすいように複数の成分を配合した処方となっていて、効果を高めるように工夫されていることが多いためです。

一方、処方薬については、市販薬では使われていない抗生物質が内服剤、外用剤ともに使用されているのも特徴です。この抗生物質は市販では手に入らないもので、ニキビの原因となるアクネ菌を抑えるためには効果的な薬だといえるでしょう。

処方薬では外用薬は基本的に単一成分からなる薬になりますが、その成分でも効果が十分に高いことが期待できます。抗生物質を含む塗り薬、角質化を抑える塗り薬、皮脂分泌を抑える薬など様々な成分があるのもGOOD。

市販薬で治療をしても改善しない場合は皮膚科で相談することです。その場合は、効果の高いお薬を使うことができるからです。

3-2.市販薬

「市販薬」の画像検索結果

出典 | WELQ [ウェルク] | ココロとカラダの教科書 

身近のドラッグストアでも市販薬は沢山発売されていますが、オロナインH軟膏、テラ・コートリル、クレアラシルなどがニキビ治療薬としては有名どころでしょう。他にもチョコラBBプラスなどの補完的な役割を持つビタミン剤もニキビ対策向けにニーズがあります。

併用で塗り薬と飲み薬を組み合わせて使うことも十分効果が期待できるでしょう。いつでも、どこでも買える治療薬で対処できるようにしておくと安心です。

基本的にはドラッグストアでご自身の判断にて購入が可能ですが、薬剤師などに相談してから購入した方が良いでしょう。ですが、ニキビの状態によっては市販薬では対処が難しいこともあり、医師に勧められる場合もあるかもしれません。

3-3.処方薬

「処方薬」の画像検索結果

出典 | WELQ [ウェルク] | ココロとカラダの教科書 

一方、病院での処方薬の中には、ステロイド、抗生物質、レチノイド剤、抗炎症剤、皮脂分泌抑制剤、抗ニキビ剤、ビタミン剤、漢方などが多く挙げられます。

処方薬にも外用剤と内服薬があると説明しましたが、処方薬の場合は、医師に診断を受けて、ニキビの状態に見合ったお薬を選んでもらうことができるのです。

これは、市販薬よりも効果が高い成分を使うことができるので、より高い効果を得たい治療をしたい方は処方薬を使う方が賢明といえるでしょう。

ですが、中には保険適応外の場合もあるため詳しくは確認してみてください。

3-4.漢方

「漢方」の画像検索結果

出典 | Nioikaizen-lab. 

ニキビに効果的な漢方があるのをご存知でしょうか?漢方は副作用が少なくて、天然成分からなる薬なので比較的安全に使うことが出来るものです。

最近では、特に漢方専門の医師や漢方薬局などに行かなくても皮膚科でも漢方薬を処方することが増えてきており、漢方によるニキビ治療に期待が集まっているといいます。

 

 

<< 下に続きます >>
重要:本気でニキビケアを考えるなら!

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

90%の人がニキビ予防を実感することができたとして話題になっているのは オルビス のニキビケアです。
特に「ニキビができるのにかさつく」という悩みのある人におすすめしたい、100%オイルカット・高保湿成分のニキビケア商品です。
→詳しくはこちら

98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレン のニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

ビタミンCの浸透力でニキビケアをするのが VCスターターセット です。
低価格帯のニキビケア商品ながら実績は圧倒的で、ビタミンC化粧品に興味がある女性が選ぶランキング 4部門1位を獲得。
1800円で試すことができるため一度は絶対に試してみるべき商品のひとつです。
→詳しくはこちら

人気の記事

ニキビの症状ごとに一番効果的な「ニキビの薬」を教えます!

ニキビの原因は、ニキビのできる場所だけで分かります!
1 2 3 4 5 6 7

人気の検索キーワード!