クリンダマイシンゲルはニキビに効く!その成分と効果のポイント5つ

人気の検索キーワード

顔に出来たニキビが気になって仕方ないアナタ。色々な市販のお薬を試しても治らないと、一生このままニキビ顔なんじゃないかと不安になってしまいますよね。

しかし、そんなことはありません!クリンダマイシンゲルというニキビを悪化させている、アクネ菌などの細菌をやっつけてくれるお薬があるのです!

もしかしたら、既に皮膚科のお医者様にニキビを診てもらって、クリンダマイシンゲルを処方されているかもしれませんね。

しかし、本当にこのお薬で合っているのか?

本当にニキビに効果があるのか?副作用はあるのではないか?などと色々と疑問もわいていることでしょう。

この記事では、クリンダマイシンゲルがどのようなお薬なのか、またどのような効果を私たちにもたらしてくれるのかなどをご紹介していきます!

クリンダマイシンゲルを紹介している『痛くて腫れる!こめかみニキビの原因と治療法6選!』も是非参考にしてみてください!

クリンダマイシンゲルを使う前に、少しでも心のわだかまりを解消して、お薬を使いたいですよね。

この記事を読んでいただくことで、クリンダマイシンゲルについて詳しくなれること間違いナシです。

また、どのように使えばいいのかもお伝えしています。それとクリンダマイシンゲルは通販で買えるという情報も掲載しています。ぜひご覧になってください♪

1. クリンダマイシンゲルとはどんなお薬?
1-1. 抗生物質です!
1-2. 殺菌力でバイキンやっつける!
1-3. ニキビに効く!?
1-4. 副作用があります
1-5. 使用上の注意もチェック

2. クリンダマイシンゲルの使い方は?

3. どこでクリンダマイシンゲルを手に入れられる?
3-1. お医者様の処方箋によるもの
3-2. 通販でも買える!?

4. まとめ

1. クリンダマイシンゲルとはどんなお薬?

出典 | ニキビの治し方 

ニキビについて調べていたり、皮膚科にお肌を診てもらうと多くの方が「クリンダマイシンゲル」という言葉を目にすることが多いのではないでしょうか。

それにニキビに効くという言葉を目にしたり、耳にしてもなんとなく信用できないことってありますよね。特に、これまでに色々なお薬を試したのにニキビを「治すことが出来なかった方には尚更のことでしょう。そんな時にクリンダマイシンゲルと出会っても「また前回と同じなのではないか」なんて考えがちです。

しかし、このお薬は殺菌効果があるお薬なので、かなり効果を期待することが出来ますよ♪

また、もしもあなたがこれまでに色々な治療法を試したり、色々なお薬を試してもニキビが治っていないとしましょう。それは、肌に問題があるのではなく、あなたの体になんらかの異常が起きていることがあります。

私たちの体のどこかが悪くなっている時にニキビとして顔にSOSを出してくることがあるのです。顔のニキビの出来る位置によって、カラダのどこが悪いかを推測することもできるんですよ。

出典 | ニキビの治し方 

また、ニキビは食生活の乱れ、生活習慣の乱れ、ストレスなど精神的に追いやらせているときにも出てきます。お薬を使って治療しながら、一緒にカラダの健康を保てるように努力することをおすすめします。

そうすると相乗効果でニキビもなくなり、キレイなお肌にすることができます。それに、カラダも健康になり一石二鳥になるのです。

それでもまずは、クリンダマイシンゲルでニキビ治療をしたいという方にクリンダマイシンゲルの特徴を5つご紹介していきますね!

1-1. 抗生物質です!

皆さんは、風邪を引いたときや何かの病気にかかったときに抗生物質を服用したことがあるのではありませんか?抗生物質は、病気や風邪の原因と思われる細菌をやっつけてくれるんですね。そして、その細菌が増殖しないように抑制もしてくれます。

この抗生物質は、風邪などだけではなく私たちの肌の疾患にも使うことが出来るんです。抗生物質を含んでいる塗り薬が今回ご紹介するクリンダマイシンゲルなのです。

出典 | 美容健康ニュース

肌の疾患といいましても、ニキビを悪化させてしまうようなアクネ菌・ブドウ球菌・マラセチア菌などの細菌をやっつけてきれるんですね。

このクリンダマイシンゲルに含まれている抗生物質は、リン酸クリンダマイシンゲルといい、皮膚に浸透しやすい性質を持っています。抗生物質ときくだけでとってもニキビに効果があるのではないかと思えてきませんか?

しかし、体質によっては合わなかったり、副作用を引き起こしてしまう方もいるので注意です。副作用に関しては、後ほどご説明していきますね。

1-2. 殺菌力でバイキンやっつける!

先ほどもご紹介しましたが、クリンダマイシンゲルにはリン酸クリンダマイシンゲルという抗生物質が配合されています。

その抗生物質は、私たちの肌に出来た白ニキビを悪化させるアクネ菌・ブドウ球菌・マラセチア菌をやっつけてくれるのです。

出典 | みやた皮膚科クリニック

ここで語弊があるかもしれないので訂正いたします。やっつけるというよりは、それらの菌が増殖するのを防いでくれます。それらの菌は、たんぱく質と合成することにより成長し、肌の疾患を悪化させてしまいます。

その合成を防いでくれるのがクリンダマイシンゲルに含まれている抗生物質なのです。

私たちは生きていれば、肌の表面にある角質がはがれ落ち(ターンオーバー)、その剥がれ落ちたたんぱく質を含むものが細菌たちの餌食になってしまうのですね。

また、毎日しっかり洗顔を行なっていても生活習慣の乱れなどにより、ターンオーバーがしっかり行なわれずに皮膚が硬くなり、毛穴の中の汚れが取り除けていない場合もあります。

そのような開かずの扉状態になっている毛穴の中の汚れは、細菌たちの餌食になってしまうんですね…。クリンダマイシンゲルは、肌に浸透しやすい性質があるので、その中にも入りこみ、殺菌してくれるのです。

1-3. ニキビに効く!?

出典 | Self Doctos news

今まで何度もお伝えしていますが、クリンダマイシンゲルはニキビにとても素晴らしい効果を発揮します。これまでにクリンダマイシンゲルを使ってきた方の感想や口コミを見ても、ほとんどの方がその効果を実感されています。

しかし、クリンダマイシンゲルに含まれているリン酸クリンダマイシンゲルという抗生物質が体質に合わない場合は、治りません。

クリンダマイシンゲルは、高い殺菌力を持つだけでなく、細菌たちとエサであるたんぱく質を合成させないのもニキビに効く理由でしょう。

また、このクリンダマイシンゲルはべたつかないゲル(ジェル状)で無臭なので、肌に負担がありません。それにべたつきを気にせずに過ごすことが出来ます。

それに、ニキビを治すために皮膚科医に診察してもらうと高確率でこのクリンダマイシンゲルを処方されるはずです。そしてクリンダマイシンゲルと一緒にほかのお薬も処方されているかもしれませんね。

お医者様の処方されたとおり、指示通りに使いましょうね。

ニキビに効果があると感じたことがある方が多いクリンダマイシンゲルですから、すぐにでも使っていただきたいものです。

1-4. 副作用があります

何か新しいお薬を使うときに気になるのは「どのような副作用があるか」ということではないでしょうか。ニキビの塗り薬にはステロイドが配合されているテラコートリル軟膏というものがあります。

出典 | GATAG

テラコートリル軟膏は、ステロイドが配合されているので間違った使い方をすると視力が低下したり、皮膚が薄くなって血管が浮き出るようになったり、白内障・緑内障の副作用が表れるといわれています。

ニキビが治ると聞いても、そうやって恐ろしい副作用があるお薬はなんとなく使う気持ちになれませんよね。

今回この記事でご紹介しているクリンダマイシンゲルはステロイドを配合していません。ですから、ステロイドを使用したときの副作用は現れることがありません。

しかし、クリンダマイシンゲルにもいくつか副作用が認められています。それは、ヒリヒリ感、刺激感、かゆみ、発疹、肌が赤くなる、胃腸の調子が悪くなる、などです。

もしも、既にクリンダマイシンゲルを使用している方であっても、これから使用する予定である方であっても、これらの症状が現れ始めたら使用を中止し、皮膚科医に診てもらいましょう。

そのまま使い続けると、肌を治すどころではなく悪化させてしまう恐れがあるからです。お医者様へ行く時には、使用しているお薬を持っていくことを忘れないでくださいね。

クリンダマイシンゲルには、リン酸クリンダマイシンゲルという抗生物質が含まれているとお伝えしてきました。この抗生物質に対して体質が合わない方にもある症状が現れるといわれています。

出典 | いらすとや

それは、腹痛・下痢・はつねる・血液便などです。下血が見受けられる患者さんもいらっしゃいます。もしも、クリンダマイシンゲルを使用していてそのような症状が現れても使うのをやめましょう。

そのような症状は現れたら、きっとお薬どころではなくなるので大丈夫だと思いますが、これまでにお伝えしてきた副作用をしっかり頭に入れて、クリンダマイシンゲルを使いましょう。

1-5. 使用上の注意もチェック

クリンダマイシンゲルだけではなく、薬というのは正しい使い方・使用量・使用頻度というものがあります。市販のお薬であれば、外箱だったり説明書に記載されていますね。

医師の処方箋によって、出されたお薬であっても薬局で必ず薬剤師の方にどのように使うのか、飲むのかなど説明を受けるはずです。そして、処方箋と共に使用頻度や使用方法が記載された用紙をもらいますね。

しかし、このように説明されているにも関わらず、その使用方法・使用頻度などを守らずにお薬を使ったり、服用する方がいます。お薬というのは、ある症状に合うように繊細に計算されて作られたものです。

ですから、そのように独自の判断でお薬を服用したり、使用すると症状を悪化させるだけではなく、カラダの別の部分に思わぬ病を発症してしまうことがあるのです。

出典 | いらすとや

このクリンダマイシンゲルでは、妊婦さんや授乳中の方の使用は特に気をつけていただきたいです。もしもお医者様にクリンダマイシンゲルを服用されてしまったのであれば、医師に相談するかお薬をまとめてくれた薬剤師の方に相談しましょう。

また、クリンダマイシンゲルの抗生物質に対して、耐性菌をつけるものも現れるのではないかと危惧されています。耐性菌は、長期間に渡り抗生物質を服用・使用することで現れると言われています。

医師の処方箋の使用頻度などをきっちり守っていれば、そのような耐性菌が現れる確率は低いでしょう。


1 2 3 4
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの原因, ニキビの治し方

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!