ニキビに有効ダラシンTゲル&ダラシンカプセルの2つの特徴

人気の検索キーワード

ニキビ治療に効果があるとされている薬には多くの種類がありますが、「ダラシン」という薬を処方されたことや、耳にしたことはありますか?

ダラシンはニキビの症状を抑える効果が期待できるといわれています。

ダラシンにはダラシンTゲルという塗り薬やダラシンカプセルという飲み薬の2つのタイプがあります。

ダラシンという薬はどのようにな効果をニキビにもたらすのか、副作用の有無などダラシンを使ったことがない方は気になると思います。

どちらの薬を使用する場合でも、医師の診断を受けて、医師の指示通りに使用すれば問題ありませんので心配しないでくださいね!ダラシンについては『Tゾーンのニキビに悩まない!オススメのケア用品と治し方』でも触れていますので、確認してみて下さい。

今回はニキビ治療をされている方はすでにご存知かもしれませんが、ダラシンを含む薬とニキビの関係についてわかりやすく解説させていただきたいと思いますので参考にしてください。

ダラシンを正しく使ってニキビをきれいに治しましょう!

目次

1.ニキビ治療ができる!?ダラシンTゲルの2つの特徴とは?
1-1.ダラシンTゲルはニキビ治療に使う塗るタイプの薬
1-2.ダラシンTゲルには殺菌作用が!ニキビに良い薬!

2.ダラシンTゲルはニキビに効く?2つの効果と口コミとは?
2-1.ダラシンTゲルは化膿しているニキビにも効果がある!
2-2.保湿+ダラシンTゲルでニキビ改善の効果がUPする!

3.ダラシンTゲルには副作用も!?主な3つの症状とは?
3-1.ダラシンTゲルを使うと刺激が!乾燥を感じることもある!
3-2.ダラシンTゲルでかゆみが?アレルギーが出ることもある?
3-3.ダラシンTゲルで肌がただれる?ケロイドになることも!?

4.ダラシンには飲み薬も!?ダラシンカプセルの2つの特徴!
4-1.ダラシンカプセルはニキビに効果的な飲むタイプの薬!
4-2.ダラシンカプセルはニキビの原因菌を殺菌する効果がある薬

5.ダラシンカプセルでニキビ改善?2つの効果とは?
5-1.ダラシンカプセルは軽いニキビや炎症のあるニキビにも有効
5-2.ダラシンカプセルは背中ニキビの原因マラセチア菌にも有効

6.ダラシンカプセルの副作用とは?主な3つの症状を紹介!
6-1.ダラシンカプセルで腹痛や下痢の症状が出ることも・・・!
6-2.ダラシンカプセルで発疹やかゆみが出ることもある・・・!
6-3.ダラシンカプセルでむくんでしまうこともあるって本当?

7.まとめ

1.ニキビ治療ができる!?ダラシンTゲルの2つの特徴とは?

ニキビ治療薬として知られている、ダラシンTゲルですが、どんな薬なのでしょうか?

ニキビ治療薬といっても、種類も豊富なので、ダラシンTゲルにどんな特徴があるのか、とても気になりますよね!

皮膚科で、ダラシンTゲルを処方されたことがある方もいると思いますが、これから皮膚科を受診しようかな?と思っている方にとっては、どんなニキビの薬があるのか、知っておくと便利ですね!

ここでは、ダラシンTゲルの特徴について、紹介したいと思います。

1-1.ダラシンTゲルはニキビ治療に使う塗るタイプの薬

ダラシンTゲルは、ニキビ治療用のニキビに直接つける、塗るタイプの薬です。

ニキビ治療薬には、飲むタイプのものもありますので、飲むタイプが苦手な方にとっては、塗るタイプの薬はとてもありがたいですよね!

ダラシンTゲルは、洗顔後に「1日2回ニキビが出来ている部分にのみ塗る」という使い方をするのですが、処方された時の医師の指示を良く聞いて、正しい使い方をしてくださいね!

1-2.ダラシンTゲルには殺菌作用が!ニキビに良い薬!

ダラシンTゲルは、リン酸クリンダマイシンを成分として作られた抗生物質です。

リン酸クリンダマイシンは、ニキビの原因菌を殺菌する効果があるため、ニキビを改善するのに、とても効果的な薬だと言われています。


1 2 3 4 5 6 7
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの治し方, ニキビ知識

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!