えごま油がニキビにもたらす効果4つ!逆に悪化する原因は?

人気の検索キーワード

ニキビは身体の内側からの影響も多くあります。長年、ニキビで悩んでいる人は漢方などの体質改善に興味を持つ人も多いのではないでしょうか?身近にある食品からもニキビの改善が期待できると話題になっているものがあります。それは「えごま油」です。スーパーでも簡単に購入することができる「えごま油」ニキビにどのような効果があるのでしょうか?摂取方法などと一緒にご紹介しましょう。

目次

1.えごま油がニキビに効くって本当?
1-1.便秘が解消され肌荒れを改善する効果が期待できる
1-2.柔軟な肌細胞になり栄養を吸収しやすくなる
1-3.血流が良くなる
1-4.女性ホルモンのバランスが整い肌荒れを改善できる

2.えごま油はニキビ跡にも効果ある?
2-1.色素沈着のニキビ跡には効果が期待できる

3.えごま油でニキビが増えた?
3-1.えごま油でニキビが増えた理由
3-2.「えごま油」でニキビが悪化した

4.えごま油はダイエットとニキビの両方に効果があるの?

5.人気の「えごま油」をご紹介!
5-1.国産 えごま油 カホク えごま油・しそ油
5-2.朝日えごま油
5-3.国産『島根(奥出雲)』【国産原料】えごま油

6.まとめ

1. えごま油がニキビに効くって本当?

「えごま油」がニキビに効果があると言われるようになったのは、テレビで出演者の女性が発言したのが始まりのようです。「えごま油」はもともと通常の油よりも身体に良いと言われ、特に美容に良いと言われていましたので、それほど不思議なことではありませんね。

それでは「えごま油」がニキビに良い効果をもたらすと言われる理由をご紹介しましょう。納得の理由やなるほどと思うものがありそうです。

1.1.便秘解消で肌荒れを改善する効果が期待できる

「えごま油」がニキビに効果的と考えられる理由に便秘解消の効果があるからです。便秘は肌荒れの大きな原因となります。

「えごま油」には食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維には2種類あり、水に溶けやすい「不溶性食物繊維」と水に溶けにくい「水溶性食物繊維」です。「えごま油」にはこの両方の食物繊維がバランスよく含まれています。

2つの食物繊維のそれぞれの特徴と便秘改善に繋がる理由を見ていきましょう。ニキビの改善が目的で「えごま油」はを試そうと考えている人以外でもこれは必見ですよ。

 不溶性食物繊維

不溶性食物繊維の特徴は胃や腸で水分を吸収し大きくふくらむことです。それが腸を刺激して蠕動(ぜんどう)運動と呼ばれる便を運び排出する動きが活発になります。

 水溶性食物繊維

水溶性食物繊維の特徴はネバネバしたものとサラサラしたものがあり、この粘着性が胃腸の中を移動する際、そのスピードゆっくりなことが特徴です。つまり腹もちが良いということです。

空腹感を感じにくく、食べすぎてしまうことを防いでくれます。ゆっくりとした移動とともに糖質の吸収もゆるやかなので食後の血糖値の急激な上昇も抑えてくれます。

1.2.柔軟な肌細胞になり栄養を吸収しやすくなる

「えごま油」に含まれるα-リノレン酸という成分は「オメガ3」に分類される脂肪酸のひとつで、人間が体内では作ることができない必須脂肪酸です。

肌の細胞膜は脂肪酸で構成されています。オメガ3脂肪酸を多く摂取することで肌の細胞膜がやわらかくなります。細胞膜がやわらかくなると栄養を取り込みくなりその状態は維持さるようになります。

細胞膜がやわらかくなり栄養が取り込みやすい状態がつづくと、肌は張りがでて潤いが保たれた肌になります。加工食品の多くは「オメガ6脂肪酸」が多く含まれています。

この「オメガ6脂肪酸」を多く摂りすぎてしまうと細胞膜の機能が低下することがあります。「オメガ6脂肪酸」の取りすぎを防止するためにも加工食品ばかりの食事は控えた方が良さそうです。

1.3.血流が良くなる

「えごま油」に含まれるα-リノレン酸は血流改善や血栓を防ぐ作用があります。また、細胞や血管に柔軟性を持たせる作用もあります。

α-リノレン酸は体内に入るとDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)に変換される特徴があります。DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)は青魚に多く含まれる成分で血液をサラサラにする効果があります。

血流が改善されると肌の毛細血管の隅々まで栄養が行き届くようになります。血行不良が続くと肌細胞のう荒れ変りもスムーズに行われず、肌表面に古い角質が残ったままになってしまいます。

古い角質は毛穴を塞ぐ原因になり、毛穴が塞がれること毛穴に皮脂がつまりニキビの原因となってしまいます。ニキビ跡なども血流が悪いと改善が遅れ、色素沈着の要因になってしまうこともあります。

α-リノレン酸の血流改善により他にも動脈硬化や心筋梗塞の予防、脳の働きを高めるといった効果があります。血流が悪くなる原因と感がられているのは血管の壁が厚くなることなどがあります。

血管の壁が厚くなると血管の内側の内径が細くなり、固くなるといったことが起こり血液がスムーズに流れることができなくなると考えられています。

1.4.女性ホルモンのバランスが整い肌荒れを改善できる

ニキビに大敵であるホルモン、中でも女性ホルモンの乱れで繰り返すニキビで悩んでいる人は多いですよね。「えごま油」には女性ホルモンを整える作用があると言われています。

それは「えごま油」にふくまれるα-リノレン酸が女性ホルモンと似た働きがあるからだそうです。女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」の分泌を促す効果が期待できます。

 


1 2 3 4 5 6
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの治し方, ニキビ知識

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!