肌荒れが原因でニキビへ発展?腸内や肝臓からケアする方法とは?

人気の検索キーワード

2.肌荒れは睡眠不足が大きな原因!きちんととっていますか?

「肌荒れは睡眠不足が大きな原因!きちんととっていますか?」の画像検索結果

出典 | Of Your Life~いつまでもあなたらしく輝くために 

肌荒れを治すには、適切な睡眠時間と睡眠の質が重要です。新しい肌に生まれ変わるターンオーバー(新陳代謝)の周期は約28~42日ですが、肌のターンオーバーが活発になるのは入眠後3~4時間後といわれています。そのため、睡眠時間を多くとるだけではなく、入眠3時間後に良質な睡眠をとっていることが大切です。

 

健やかな肌を育てるために睡眠は必要不可欠です。いくら外側から美容成分を取り入れても、お肌そのものの免疫力が落ちていては効果も半減です。では、なぜ睡眠中にお肌は回復するのでしょう? そこには「ホルモン」が深く関係しているようです。睡眠中は全身の機能を回復、休養させるために、さまざまなホルモンが分泌されます。その中でも成長ホルモンが大事です。

 

美肌づくりのカギを握るのは、「22~2時の間に睡眠をとっている」こととよくいわれています。この時間帯は成長ホルモンの分泌が活発になることから「シンデレラタイム」と呼ばれています。成長ホルモンは多く分泌され肌の新陳代謝や新しい細胞を生み出してくれます。そのためにも自然な入眠が重要です。

2-1.不規則な食生活は絶対にNG!脂っこいものばっかり食べてませんか

「不規則な食生活は絶対にNG!脂っこいものばっかり食べてませんか」の画像検索結果

出典 | 初めての若ハゲ対策に必要な基礎知識・おすすめの育毛剤まとめサイト 

同じ時間に食事をしたり、同じ時間に寝たりすることは難しいという人も多いと思います。そういった生活が不規則になってしまいがちの人に一番気をつけて欲しいのは、食事。ご飯やパンを主食とし、味噌汁や魚、野菜、大豆などの主菜、副菜をバランス良く摂るように心掛けることが最も必要なことです。

 

お肉にたくさん含まれる、肌を再生する材料となるタンパク質は、多く摂る必要があります。油分の少ない鶏のササミなどは、ダイエットにも最適で、お肌に良い食材です。例えば、豆類も良質なタンパク質を含有しているのでオススメ。

 

ビタミンCは生野菜を中心に摂りましょう。さつまいもに含まれているビタミンCは、熱に強く、食物繊維も摂れるので便秘解消にもつながり、吹き出物を減らすのに非常に良い食材と言えます。

2-2.男性ホルモンが強く影響し過ぎている可能性も!

男性ホルモン(アンドロゲン)には皮脂分泌を促す働きがあり、女性ホルモン(エストロゲン)には皮脂を抑えたり、肌のバリア機能を強くする働きがあります。特に女性ホルモンの乱れの原因となるのはストレスです。身体や心がストレスを感じると男性ホルモンが優位になります。男性ホルモンが優位になると皮脂の分泌が増えます。

 

生活リズムの乱れは、自律神経の働きを鈍らせます。そうなると、交感神経が活動的になりすぎて皮脂の分泌が増えてしまうんです。皮脂が増えすぎると、皮脂が毛穴に詰まり、ニキビができる原因となることがあるそうです。

 

男性ホルモンは、生活習慣の乱れなどが原因で増えると考えられていますが、黄体ホルモンに関しては、女性の生理周期によって増えたり減ったりするとされています。生理の周期に合わせて、ニキビのできにくい生活習慣を、特に意識することが大切です。

 

また、大豆に含まれるイソフラボンはエストロゲン不足のときには補い、過剰分泌されているときには抑えてくれる優れものです。摂りすぎは逆効果になる場合もありますが、イソフラボンの摂取を心がけてみるとホルモンバランスを整えてくれるでしょう。

2-3.便秘気味の方は肌荒れになりやすい?腸内改善をまずやってみよう

「便秘気味の方は肌荒れになりやすい?腸内改善をまずやってみよう」の画像検索結果

出典 | スキンケア大学 

便秘の時に肌が荒れた経験はありませんか?食べ物や飲み物には、微量の有害物質や発ガン性物質が含まれています。この有害物質も、毒素と同じように、肌荒れの原因となってしまいます。これらを腸から排泄するには、腸内に住む微生物の力を借りる必要があります。ここで、善玉菌の力を借りなければ、腸の力だけでは排泄できないんです。

 

ところが、腸内環境が悪ければ、この善玉菌の数が減少し、逆に悪玉菌が増加すしていきます。この悪玉菌は便秘じゃなくても有害物質や毒素を産み出すというものなんですね。解毒とは、血液の毒素や有害物質、微生物などを取り除く作用です。しかし、腸内環境の悪化によって、毒素などが肝臓の処理能力を超えてやってくると、肝臓が疲れてしまいます。

 

すると、もう1つの働きである「代謝」に影響が出てきます。腸内環境を改善するには、腸内の善玉菌を増やすことが大切です。

2-4.紫外線は肌荒れに直接作用!メラニンや参加のせいで肌荒れへ

紫外線は、ニキビの原因になります。また、ニキビだけでなく、しみ、しわ、肌荒れなどの原因にもなってしまうんです。紫外線は、「活性酸素」を発生させてしまいことがよくないのです。活性酸素は、「酸化させる力」がとても強力です。酸化とは、「錆びる(さびる)」こと。つまり、老化を進める現象です。

 

紫外線は人体にとって有害な物質をたくさん含んでいる光線です。ですから、紫外線を皮膚に浴びると、その害から肌細胞を守ろうとしてたくさんの活性酸素が生み出されます。その結果、活性酸素の作用で肌細胞は酸化させられることになります。

 

活性酸素が増えると、お肌に瑞々しさを与えてくれている成分であるコラーゲンやエラスチンも酸化します。すると性質が変化してしまい、若々しいお肌に特有の弾力が失われてしまいます。また、コラーゲンが破壊されてしまうと肌荒れや炎症の原因ともなります。

2-5.新陳代謝の悪化はは誰を招く!

肌荒れの原因として新陳代謝の悪化があります。 肌は通常、角質層の肌のバリア機能が保たれています。しかしそのバランスが何らかの原因で崩れてしまうと、肌がヒリヒリしたりかゆみを引き起こしやすくなります。 、肌荒れは一時的な対策ではなくしっかり根本治療する必要があります。

 

そのため、根本療法に欠かせない内部要因を対策するのは非常に大切ですが、内部要因だけ対策してても肌荒れを治すまでには時間がかかってしまいます。古い角質が皮膚表面に残ることで角化が進み、バリア機能が低下します。ここで外部の刺激を受けると肌が傷つきやすくなっているので、肌荒れが起こります。

 

主な原因としては、生活習慣が不規則であったり、肌の保湿ケアが不十分であることが考えられます。角質層が外部からの刺激を受けて乾燥が進むと、肌荒れやかゆみがあらわれやすくなってしまうんです。皮脂、天然保湿因子、細胞間脂質を保ち、肌のバリア機能を高めることで、花粉やアレルゲンなどの外部刺激に対する過剰な反応を防ぐことができます。

 


1 2 3 4
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの原因, ニキビの治し方

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!