生え際のニキビはなぜできる?原因と10通りの対処法とは

人気の検索キーワード

髪の毛の生え際にニキビができやすくて困っている!という方はいらっしゃいますか?

実は毎日きちんとシャワーやお風呂に入ってその日の汗を流していても、適切なケアをしていなければニキビができたり、増えたりしてしまうことがあるので、正しい洗髪や洗顔の仕方をマスターする必要があるのです!

生え際にできるニキビは「治りにくい、できやすい、何度も繰り返しできる」という特徴があるので厄介ですよね。特にショートヘアの方は前髪などで隠すことができないので、目立つニキビにストレスを感じる方もいるかもしれません。

頭皮は身体の中で最も皮脂の分泌量が多い部位と言われています。頭皮の皮脂腺の数は、1平方センチメートル中約800個もあるところです。

ニキビの原因となっているアクネ菌とはまた別の菌で、マラセチア菌という菌が原因となっていることも!

いろいろなニキビケアをしてみたけれど生え際にできるニキビは改善されないとお悩みの方は、この機会に正しい洗髪や洗顔、そしてアフターケアを習得しましょう!

生え際ニキビを治すためにも、『生え際に出来たニキビの原因とセルフ治療法7つ』も合わせて読んで下さい。

今回は生え際にできるニキビの原因や治し方や洗髪後のケアの仕方などをわかりやすく解説させていただきますので、生え際にできるニキビにお困りの方はぜひ参考にしてください。

目次

1.生え際ニキビとは?
1-1.過剰な皮脂分泌が主な原因なの?
1-2.「アクネ菌」や「マラセチア菌」毛穴詰まり
1-3.食生活の乱れはNG
1-4.生活習慣などが原因なの?
1-5.生え際ニキビとは違うブツブツ?
1-6.ブツブツの原因とは

2.間違った洗髪方法
2-1.市販のシャンプー
2-2.シャンプー後のケアとは?
2-3.かゆくなってきた場合
2-4.痛くなってきた場合

3.生え際ニキビの治し方とは?
3-1.生え際のブツブツの治し方
3-2.髪が肌に触れないようにする
3-3.ストレスを減らすこと
3-4.睡眠の不足
3-5.頭にニキビができてしまった場合
3-6.濡らしたまま寝ないこと
3-7.紫外線対策
3-8.ニキビ肌用スキンケア
3-9.接触刺激に気を付ける
3-10.皮膚科へ

4.まとめ

1.生え際ニキビとは?

「生え際ニキビ」の画像検索結果

出典 |  びゅーてぃふるらいふ. 

一般的に、ニキビというのは医学的には尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)といい、皮膚疾患の一つになります。

ニキビは、皮脂腺から分泌された皮脂が毛穴から排出されずに毛穴にたまった状態、毛穴に皮脂が酸化して黒くなった状態、毛穴が炎症を起こして赤くなって、膿が溜まっている状態を指します。

これは白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビなど、それぞれの状態で呼ばれる名前が違うのです。ニキビの炎症が悪化してしまうと、赤くはれて膿が溜まり、更に進行して嚢腫になると、炎症が治まったあとニキビが治ってもニキビ痕が残ってしまうこともあります。だからこそ早めのケアと治療が大切になってきます。

頭皮は身体の中で最も皮脂の分泌量が多い部位と言われています。頭皮の皮脂腺の数は、1平方センチメートル中約800個もあると言われ、その割合は額(Tゾーン)の約2倍、腕や足の約16倍になるそうですよ。さらに、角質化しやすく薬用成分も浸透しづらいため、ニキビが出来やすい部位と言えるのです。また、頭皮や生え際にニキビができると治りにくいと言われています。

頭皮と生え際も、他の部位にできるニキビの原因と同じく、ホルモンの乱れやストレス、食事のかたより、乾燥や紫外線などにより、汗や皮脂のつまりやターンオーバーが乱れて発生します。

それに加え、頭皮にシャンプー、リンスやワックスの洗い残し、生え際に洗顔料やメイクの洗い残しがあるとニキビができやすくなってしまうのです。

1-1.過剰な皮脂分泌が主な原因なの?

「過剰な皮脂分泌」の画像検索結果

出典 | MARBLE [マーブル]|女性のオシャレに彩りを 

ご自身の頭部、または、生え際にできるニキビの原因についてですが、他の部位のニキビと同様に過剰な皮脂が大きな原因のようですね。

日々のホルモンバランスの崩れなどから過剰に分泌された皮脂が毛穴の中に溜まってしまい、そこに、汗や汚れが混ざって雑菌が繁殖することで湿疹や炎症を引き起こしてニキビができてしまうというメカニズムなのです。

人体の中で頭部は皮脂の分泌が盛んな部位であることに加え、髪の毛が密集している場所ということで非常に多く汗をかきやすかったり、通気性がよくなかったりして雑菌が繁殖しやすい場所でもあるのでアクネ菌が増えやすい性質があるというのが特徴です。

このような理由から頭部、生え際ニキビができやすいと言えるのです。

1-2.「アクネ菌」や「マラセチア菌」毛穴詰まり

「アクネ菌 マラセチア菌」の画像検索結果

出典 | アクネ菌やマラセチア菌を抑えるニキビ化粧水!エミオネ薬用プレミアムアクネローションが効果絶大! 

根本の部分でニキビができてしまう原因の1つは、雑菌の繁殖と言われています。

特に、ニキビの原因菌と広く知られているアクネ菌やマラセチア菌と呼ばれる菌が、主な原因と言われています。

この、アクネ菌やマラセチア菌というのは、人の皮膚に住む常在菌と言われる細菌の一種になります。しかし、これらの菌がいるだけでは、ニキビが発症するわけではなく、いくつかの条件が揃ってニキビができてしまうのです。

菌の仲間なので酸化に弱い、つまり、アクネ菌やマラセチア菌は空気に触れることが苦手で、空気に触れやすい環境での増殖は考えにくいのです。

肌の角栓で出入口を塞いだ毛穴の中は、空気に触れることがないので、好んで住み着くのです。加えて言えば、アクネ菌やマラセチア菌は油脂をとても好む性質であり、毛穴の中は皮脂が溜まっていく場所にもなりますから、これらの菌にとって住み心地の良い場所になってしまうのです。

また、肌の乾燥と男性ホルモンも、アクネ菌やマラセチア菌の繁殖に大きく影響すると言われているのです。乾燥によって角質層の水分が失われてしまうと、肌のバリア機能が低下してしまい、角質が剥がれ落ちるようになります。さらに、男性ホルモンがプラスされることによって、皮脂分泌を促し、乾燥から肌を守ろうとして肌表面に皮脂膜を張ってしまい、雑菌が増殖するための環境が揃い、結果、ニキビが増えると。

1-3.食生活の乱れはNG

「食生活の乱れ」の画像検索結果

出典 | Business Journal 

普段からの食生活の乱れは、顔のニキビをつくる原因となってしまいます。特に、甘ったるい脂質たっぷりのお菓子や揚物、油物、ジャンクフードなどをたくさん食べてしまうと、著しく皮脂分泌を増やしてしまい、ニキビはできやすくなってしまいます。糖質や脂質の摂取のし過ぎには、十分注意が必要と言えるでしょう。

栄養バランスの良い食事は体の健康につながっていきますが、もちろん肌の調子にも大きく関わりますので、意識して栄養バランスを考えましょう。ビタミンは肌の調子を整える栄養素になるので、特に緑黄色野菜をたっぷり摂取するようにしましょう。

1-4.生活習慣などが原因なの?

生え際や頭皮にできるニキビは、普段から何気ない生活習慣が原因となっていることもあります。

例えるならば、普段から帽子を習慣的にかぶっている人がいますが、通気性の悪い帽子をかぶることで汗をかきやすくなります。

しかも、その汗が乾燥せずにいつも蒸れている状態となってしまうので、皮膚が荒れてしまう原因になるのです。結果、生え際ニキビが増えていってしまうという事態に。

さらに言えば、寝るときの寝具、特に枕カバーをあまり洗濯しないという人がいますが、これも生え際ニキビの大きな原因となるでしょう。

わたしたちは寝ている間に想像以上に汗をかいています。

枕カバーに吸収された汗の部分に雑菌が繁殖し、それが頭皮に付着することによってニキビの原因となることが多いのです。十分注意し、意識して清潔にしていきたいですね。

1-5.生え際ニキビとは違うブツブツ?

生え際やTゾーン、こめかみなどにできる小さなブツブツができることがあります。これはニキビではないのです。この色は肌色っぽく皮膚の内側が盛り上がっていていることが多いようです。

このぶつぶつは老廃物の詰まりだと指摘されているのです。この肌色の粒は一見小さいニキビのように見えますが、ニキビのように赤く炎症をおこしたりすることはないですが、なかなか治らないことが多いようです。

1-6.ブツブツの原因とは

生え際やTゾーン辺りにできてしまうこの肌色のブツブツというものは、思春期ニキビの原因となっているアクネ菌とはまた別の菌で、マラセチア菌という菌が原因となっているのです。

生え際にはアクネ菌が原因になってニキビもできますが、髪の毛の生え際辺りにできやすいブツブツは このマラセチア菌が原因となっているものが多いのです。

マラセチア菌はおでこのニキビや、フケの原因にもなっているようです。マラセチア菌はアクネ菌と同じで皮膚に常駐している常在菌です。 マラセチア菌は真菌というカビの一種です。

マセラチア菌は抗真菌外用薬などの薬で除菌することもできますが、常在している菌なので完全になくなる事はないのです。

普段からマラセチア菌の繁殖を防ぐことが、生え際に出来るブツブツを予防することに繋がるでしょう。Tゾーンは特に皮脂の分泌が多い場所なのでマラセチア菌が繁殖しやすいとされています。

マラセチア菌が繁殖しやすい別の原因は洗顔のし忘れや髪の毛がおでこにかかっていることなどがあるようです。

髪の毛はしっかり洗ったつもりでも、実際には洗いのこしやすい場所でもあります。

洗い忘れやすすぎのこしで不衛生な状態になるとマラセチア菌が繁殖してしまいます。

そしておでこに髪の毛がかかっていることも肌に不衛生です。できるだけセルフケアをしていきたいですね。

 


1 2 3 4
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの原因, ニキビの治し方, ニキビ場所別に対策

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!