全ての男性に教えたい!「ヒゲ剃りニキビ」の原因と対策

人気の検索キーワード
肌あれピンチに7日間の救世主!

定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
dプログラムはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。
→詳しくはこちら

「ニキビをどう治したらいいかわからない!」を解決することができます。
すぐに再発してしまうニキビに悩んでいませんか?
カリフォルニア大学の薬学博士、ブライアン・ケラー博士によると、対策してもニキビが治らない人には、皮膚やコスメにある特徴があるとしています。
実際に97%の人が納得した、ニキビの治し方とは、、、
→詳しくはこちら

4.ニキビのそもそもの原因は?

日々の日常生活の中で、著しくホルモンバランスが乱れると、顎ニキビに限らず、体中のあらゆるところにニキビができやすくなることが判明しています、実感のある方も多いのではないでしょうか。顎ニキビの原因でも解説したように、皮脂の分泌を促進する男性ホルモンが優位になると、ニキビができやすくなってしまいます。

女性の場合に限りますが、妊娠初期は、女性ホルモンと男性ホルモン、両方の影響を受けるために、皮膚のトラブルが起こりやすくなる時期になるのです。落ち着いた後、女性ホルモンの量が優位になると、肌の調子が良くなることが多いのだそうです。ピルの件についてでも解説いたしましたね。

原則としては、男性ホルモンが大人ニキビを発生、悪化させる方向に働き、女性ホルモン(エストロゲン)がニキビを予防、改善する方向に働くということになります。実際、妊娠安定期に肌がキレイになることが多いのですが、これも女性ホルモンの量が大幅に増加することが理由。こういった事実を鑑みても、ホルモンバランスとニキビには密接な関連があることがよく分かります。

4-1.乾燥による角栓が原因

また、皮膚が乾燥してくると、皮膚を守る「バリア機能」が正常に働かなくなります。そうすると、ニキビのもととなる角栓ができやすくなるのです。さらに、乾燥から皮膚を守ろうとして、皮脂の分泌量も著しく増えてくるといいます。

大人ニキビ最大の原因は、肌のバリア機能が低下してしまうことです。そして、バリア機能を破綻に追い込む理由は、乾燥によって角質層の水分が失われること。

これらを総合的に加味すると、乾燥を防ぐことがニキビ予防における最大の対策ということになるでしょう。また、男性ホルモンにも肌を乾燥させる作用があるため、男性ホルモン分泌につながる心理的ストレス、物理的ストレスを避け、女性ホルモン優位の状態を保つことが重要といえます。

毛穴に角栓ができているところに、皮脂が分泌されてくるのですから、ニキビができる環境が作られてしまいます。乾燥肌とニキビ肌は関係ないようにも思えますが、乾燥肌なのにニキビに悩まされる人が少なくないことの背景には、このような原因があるのです。

4-2.過剰なストレス

「過剰なストレス」の画像検索結果

出典 | 借金返済の教科書 , 2016 

「ストレス社会」なども言われるくらい、私たちの日常にはストレスになることがあふれています。過剰なストレスがかかると、生体バランスに乱れが生じます。

そのひとつに、男性ホルモンやノルアドレナリンの異常分泌が挙げられるといいます。

ストレッサーによってストレスが生じると身体はストレス反応を示します。要するに、ストレス反応とは、普通は一定に保たれている生体バランスがストレッサーによって崩れ、そこから普段の状態へと戻していくための過程のこと。

多少のストレスであれば、身体の適応力を維持するために有益なので快ストレスと呼ばれますが、過剰なストレスであれば心身のバランスを大きく損なってしまうのです。

過剰なストレスを受けると、脳の間脳という場所にある自律神経、内分泌を司る働きを持つ“視床下部”に影響が及びます。

これ自体は正常な反応で、ストレスを受けるということは生物学的には危険、不快な状態にあるということですから、その危険に対応するため、身体の機能を昂進させることが目的なのです。

しかし、この時に脳下垂体、副腎皮質から男性ホルモンが分泌されたり、自律神経のうち興奮を司る交感神経が活発になることでノルアドレナリンが増加したりすることが、肌にとっては大きな問題になってしまいます。

ストレスを感じたときに発生する男性ホルモンやノルアドレナリンは皮脂の分泌を促す働きがあるため、ストレス反応が持続すると脂性肌になってしまうのです。

また、男性ホルモンには肌を固くしてしまう性質もあり、毛穴が収縮して詰まりやすくなるのです。こうして皮脂が正しく代謝されなくなると、詰まった毛穴に皮脂が溜まり、その皮脂の中で悪玉アクネ菌が増殖して炎症を起こし、ニキビができてしまうわけです。

皮脂の分泌が増えているのにも関わらず、皮膚が正常な状態でなくなることで、毛穴が詰まりやすくなり、ニキビへと進行してしまうと考えられます。

4-3.皮脂の過剰分泌

ニキビ予防を考える上で何かと悪者にされる皮脂ですが、もともと皮脂は、外部の刺激から皮膚を守る働きをしてくれるものです。

健康な肌のためには欠かせないものなので、決して悪者というわけではありません。困るのは、皮脂が必要以上に分泌されてしまう場合です。

そもそも、人間の身体は不必要なものを分泌したりはしないので、皮脂が不要なはずがないのです。

もともと皮脂膜は外部刺激から肌を守るための1次バリアという役割を持っており、完全に落としてしまうと、かえって肌の防御力を弱めることになってしまうのです。

なので、今まで皮脂を全部落とそうとしてゴシゴシと洗顔していた方は、これを機会に是非ともケア方法を見直しましょう。あくまでも、過剰な皮脂分泌を抑えることが目的であり、適量の皮脂は肌を守るために必要なのです。

その原因のひとつは、これまで何度もお伝えしたように、男性ホルモンの分泌が優位になることです。

ストレスによって交感神経が優位になると、男性ホルモンの生成が促されてしまうのですが、実は男性ホルモンには皮脂過剰を招き、さらに角質の柔軟性を失わせて角栓の詰まりを誘発する作用があるのです。

もうひとつは、皮脂を意識し過ぎて、洗顔を繰り返すなど、皮脂を取り除きすぎることが挙げられます。本来は必要なものを取り除いてしまうわけですから、皮脂分泌のリズムやバランスも崩れてしまうのですね。

以上から、皮脂は本来、外部刺激から皮膚を守るための保護膜であり、肌の健康維持に必要な存在だとわかりましたね。しかし、肌バリアが不全状態に陥ってしまったり、男性ホルモンが優位になってしまうと皮脂の分泌量が過剰になってしまい、ニキビ悪化することがあります。

しかし、すべて落とそうとすると逆に身体は皮膚を守るためにもっと大量の皮脂を分泌してしまいます。脂性肌を正しくケアするためには過剰分泌が起こるメカニズムを知り、その原因を取り除くことが重要だと言えるのです。

4-4.慢性的な睡眠不足

「慢性的な睡眠不足」の画像検索結果

出典 | 2006 Kaminsho-Land 

私たちの皮膚というのは、寝ている間にダメージのケアなど、再生が行われます。睡眠リズムが乱れれば肌のケア力は大きく低下。さらに、睡眠不足そのものが大きなストレスとなり、自律神経系の交感神経が優位になってしまいます。

ストレスによって交感神経が活発になると男性ホルモンが大量分泌されてしまい、肌バリア機能が破綻し皮脂分泌量が増加してニキビが発生しやすくなってしまうのです。睡眠不足が肌に良くないというのは、もはや常識です。

それも、単に肌荒れを起こすといったレベルではなく、慢性睡眠不足はニキビに直結してしまいます。

睡眠不足が肌に大きなダメージを与えるのは上に述べたとおりですが、実は長時間寝れば良いというわけでもありません。

なぜなら、肌の新陳代謝が活発に行われるのが、入眠から3〜4時間だからです。ニキビ予防を主眼にするなら、寝る時間を増やすことより、入眠後に熟睡し、質の良い眠りを目指すほうがいいでしょう。

これまでも「睡眠不足はお肌の大敵」と言われてきましたが、ニキビを作らないためには、質のよい睡眠が欠かせないと言えそうです。睡眠不足が続くと、ストレスも感じやすくなるのです。

ストレスは男性ホルモンの分泌を促進し、男性ホルモンは皮脂の分泌を促してしまうという、悪循環が生じてしまいます。

睡眠不足が続くと気力も減退してきますから、ぜひ質の良い睡眠をとるように心がけていきましょう。

4-5.細菌の繁殖

ニキビでは、顔のニキビを生み出す「アクネ菌」、体のニキビを生み出す「マラセチア菌」という2つの菌の存在が知られています。アクネ菌、マラセチア菌といった細菌が増殖すると、赤く腫れて炎症を起こす赤ニキビが発生してしまいます。このどちらも、増殖に適した環境は「角栓と皮脂で詰まった毛穴」だと言われるようです。

それでは、アクネ菌、マラセチア菌といったニキビ菌がどのようなメカニズムでニキビを引き起こすのか?ニキビ菌というのは常在菌の一種で、すべての人の皮膚に住んでいるものです。ですが、絶対にニキビを発症するわけではないのです。いくつかの条件が揃わなければ、原因菌が毛穴の炎症を引き起こすことはないのです。

逆にいえば、それらの条件を満たさないよう注意していれば、炎症を起こしてニキビになるということはないのです。角栓がなく、皮脂分泌のバランスが取れた皮膚では、アクネ菌などの細菌は生きていきにくいということ。つまり。アクネ菌などの細菌を増やさない方法を考えるのではなく、これらの細菌が生きにくい皮膚にすることが大切です。

そもそも、ニキビの原因菌であるアクネ菌、マラセチア菌はいずれも嫌気性と呼ばれる性質を持っており、空気に触れることを苦手としているのが特徴です。ですから、空気に触れやすい環境では増殖することがないのです。

角栓によって出入り口が塞がれた毛穴の中に好んで住みつくのは、まさにこれが理由と言えましょう。さらにニキビ菌は好脂性という特徴もあり、油脂を非常に好みます。

毛穴の中にはどんどん皮脂が溜まっていきますから、まさに原因菌にとって最適の環境になるのです。

乾燥によって角質層の水分が失われるとラメラ構造を維持できなくなり、バリア機能は破綻し、角質がバラバラとはがれ落ちるようになってしまいます。

さらに、詰まった毛穴に大量の皮脂分泌が起こるのは、男性ホルモンと乾燥の両方が原因なのです。男性ホルモンには皮脂分泌を促す作用があり、乾燥によって角質層のバリア機能が低下すると、肌を保護するため表面に皮脂膜を張る性質があります。

こうして、ニキビ菌の異常増殖に最適な環境が揃ってしまうわけです。

 

<< 下に続きます >>
重要:本気でニキビケアを考えるなら!

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂 dプログラム トライアルセット はそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら

98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレン のニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

90%の人がニキビ予防を実感することができたとして話題になっているのは オルビス のニキビケアです。
特に「ニキビができるのにかさつく」という悩みのある人におすすめしたい、100%オイルカット・高保湿成分のニキビケア商品です。
→詳しくはこちら

ビタミンCの浸透力でニキビケアをするのが VCスターターセット です。
低価格帯のニキビケア商品ながら実績は圧倒的で、ビタミンC化粧品に興味がある女性が選ぶランキング 4部門1位を獲得。
1800円で試すことができるため一度は絶対に試してみるべき商品のひとつです。
→詳しくはこちら

人気の記事

ニキビの症状ごとに一番効果的な「ニキビの薬」を教えます!

ニキビの原因は、ニキビのできる場所だけで分かります!
1 2 3 4 5 6 7

人気の検索キーワード!