【徹底解説!】頬のニキビができる原因と5つの対処法

人気の検索キーワード

5.頬ニキビを悪化させない対処法

頬は顔の中でも特に乾燥しやすい部位と紹介しましたが、ニキビの出来る原因である『乾燥』を防ぐためにも、日常生活でのスキンケアでしっかりと保湿していくことを薦めます。

5-1.豆乳を飲むようにする

「豆乳を飲むようにする」の画像検索結果

出典 | アンチエイジング大全 

男性ホルモンを抑え女性ホルモンを優位にするのに効果的だと言われているのが豆乳です。まず手っ取り早いとされるのが大豆イソフラボンを摂取して女性ホルモンを増やしてあげることが挙げられます。大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンを増加し、男性ホルモンを押し下げてくれる役割あります。なかでもおすすめなのが豆乳を飲むことが挙げられます。

豆乳に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンを増加させ男性ホルモンを押し下げてくれます。1日にコップ1杯の豆乳を飲むだけで、必要な大豆イソフラボンが摂取できるのでおすすめです。豆乳が飲めないならば、納豆でも1日1パックで同等量摂取出来ます。

皮膚科に行って、ホルモンバランスによるニキビだと診断されると低用量ピルを処方してもらい、ホルモンを整える治療をしていくこともできます。

5-2.保湿ケアで対処

「保湿ケアで対処」の画像検索結果

出典 | ギャザリー あなたの日常を彩る「きっかけ」創出メディア 

パックは「スペシャルケア」と思わず日常的にスキンケアに取り込んでいくことが大切です。定期的に使うことによって肌の水分を補い、そのあとに使う美容液などで肌の水分をキープさせれば乾燥を防ぐことが出来ます。

頬は寝ているときに枕、布団の寝具、さらにバスタオルと触れることが多い部分なので、寝具、バスタオルを清潔にすることも心掛けるということはトピックでご紹介しました。タオル、寝具を使いまわしていると、臭いの元の雑菌が繁殖します。そのタオル、寝具を使うことでせっかく洗顔でキレイにした顔に雑菌がついて、ニキビケアが台無しになります。注意しましょう。

さらに言えば、頬は毛穴が小さいのでいくら化粧水などで保湿をしてあげても角層の奥にまで届けるのは非常に難しいです。表面上はしっかり保湿できてると思っていても、インナードライ状態になっていることが多いです。頬ニキビを改善するためには、小さい毛穴に入りこみ、角層の奥にまで潤いを届けてくれるものを使うようにしてください。

小さい毛穴はほんの少しの皮脂でも詰まりやすくなっています。肌にやさしい洗顔料で余分な皮脂や汚れだけを取り除いてあげましょう。就寝前に化粧水などで保湿をしてあげることで、睡眠時の寝具と擦れるといった外部刺激のダメージから肌を守ることが出来ると思います。

5-3.ファンデーションはパウダーで

「ファンデーションはパウダーで」の画像検索結果

出典 |  itGIRL事務局 

リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションに比べてパウダーファンデーションは添加物が少なくメイクを落とすのも簡単で、肌の負担も少ないので、頬にニキビが出来た時はパウダーファンデーションを選ぶと良いでしょう。ただし、アレルギー持ちの方はしっかりと選びましょう。

ミネラルファンデーションが特に肌への負担が少ないためおススメです。

5-4.抗炎症作用があるスキンケアで対処

「抗炎症作用があるスキンケアで対処」の画像検索結果

出典 |  20代のニキビ毛穴対策スキンケア 

保湿やビタミンCの他に「抗炎症成分」が配合されたスキンケアを使うようにしましょう。

ですが、抗炎症作用が強いものは刺激も強く、肌をさらに乾燥させてしまい、悪化するだけの結果になりかねないので注意も必要です。抗アレルギー作用もあるので敏感肌の方でも使用することができます。

5-5.ニキビ跡が残ってしまった時

「ニキビ跡が残ってしまった時」の画像検索結果

出典 | 残ってしまったニキビ跡! どうすればいい? – 医師が答えるQ&Aサイト【Doctors Me】 

色素沈着は残ったまま時間が経つほどに消えにくくなってしまいます。早めに対応することで、ニキビ跡を消す・目立たなくすることができます。下記を参考にしてみましょう。

・ホワイトニング美容液を使う

色素沈着には、早めに美白化粧品でセルフケアしましょう。ニキビ跡へピンポイントに塗れるスティック状などのホワイトニング美容液がおすすめです。

・ホワイトニング成分配合のコンシーラーを使う

ニキビ跡が消えるまで、お肌に負担をかけない成分のコンシーラーを使いましょう。ホワイトニング成分配合の製品なら、日中もニキビ跡をケアすることができます。

 

・ビタミン摂取を積極的に摂取すること

お肌の調子を整えつつ、ニキビの赤みを正常に排出させるには、食事やサプリメントでビタミンを摂取することも大切です。特にビタミンCは200g/1日を目標に摂るようにしましょう。ビタミンCは、肌のコラーゲン生成を助けるだけではなく、メラニン色素の生成を抑制し、ニキビ跡の色素沈着を改善させる効果があります。是非意識して摂取していきましょう。

・お肌のターンオーバーを整える

お肌の調子を整えるためには、規則正しい生活を送ることが重要です。バランスの取れた食事を摂り、体の中から美しい肌を作りましょう。また、適度な運動は新陳代謝を活発にし、沈着した色素の排出を促進します。そして、肌の修復を行う成長ホルモンは睡眠中に多く分泌されるため、しっかり睡眠を取ることも重要です。

 


1 2 3 4 5 6 7
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの原因, ニキビの種類別に対策

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!