【徹底解説!】頬のニキビができる原因と5つの対処法

人気の検索キーワード

6.肝機能を労わる生活を

日々の生活の中で、肝機能の低下は、様々な体内の毒素を排出できなくなるばかりではなく、肌の新陳代謝の妨げにもつながります。

普段の食生活から見直し、肝臓が健康な状態を保つことが大切です。

6-1.積極的に摂取する食べ物

「野菜や果物」の画像検索結果

出典 | IRORIO 

・ 野菜や果物(ブロッコリー・カボチャ・にんじん・トマト・リンゴ・柑橘類等)
抗酸化物質を多く含まれる食品を摂取しましょう。抗酸化物質は肝臓に害を与える活性化酸素を制御します。

・ 海藻(わかめ・ひじき・昆布等)
海藻類には食物繊維やミネラルが含まれており、肝臓への負担も軽減してくれる食材です。

・ 大豆製品(納豆・豆腐・大豆もやし等)
アミノ酸が多く含まれており、肝臓の修復や再生を促す作用があります。

・ 茸類(しいたけ・えのき・なめこ等)
食物繊維が豊富に含まれています。キノコキトサンという成分は脂肪燃焼を促す効果もあります。

6-2.なるべく控える食べ物

「なるべく控える食べ物」の画像検索結果

出典 | YAHOO!LAPAN BEAUTY 

・アルコール
体内に入ったアルコールは肝臓で分解されるため、大量の飲酒により肝臓は活発に活動し、大きな負担を与えてしまいます。

・ 揚げ物やスナック菓子
油っこい高カロリーの食品の摂り過ぎは、肝臓の機能が低下していき脂肪肝となります。

・炭水化物食
過剰に摂取しすぎると分解できなくなり、体の中に蓄積されて、肝臓にも負担がかかってしまいます。

・牛乳、乳製品、肉類
動物性脂質は、摂取のし過ぎをしないよう心掛けましょう、肉を選ぶときは、脂身の少ないものにしましょう。分解時に負担がかかってしまいます。

6-3.睡眠改善

「睡眠改善」の画像検索結果

出典 |  睡眠改善で毎日ぐっすり!知っておきたい眠りの基本 

起きて活動する時間が長ければ長いほど、肝臓はエネルギーを消耗し、負担を増やしてしまいます。睡眠は肌の新陳代謝を高めホルモンバランスを整えるとても重要な役割をしているので、出来るだけ睡眠をとるように心がけましょう。

出来るだけゴールデンタイム(22時~2時の間)には床に入って熟睡しましょう。

6-4.漢方薬で対処

「漢方薬で対処」の画像検索結果

出典 | 汗の手術(ETS)をする前に読むサイト 

頬の乾燥を防ぐために、漢方薬を摂取することも選択肢としてあります。とくに乾燥は血液が滞ったりしている状態と考えられていますので、新陳代謝を促す漢方はおすすめです。

最近では医療現場でも漢方薬を使用する場面も増えています。漢方薬は、患者一人一人に合わせて薬が調合されます。漢方薬の入手方法は、医療機関での処方と、薬剤師が常駐する薬局、またはインターネット通販での購入です。病院での受診で漢方薬を処方されれば保険が適用されますが、それ以外で一般医薬品として購入する場合は、保険適用外なのである程度割高になります。

コストパフォーマンス的にはあまりよろしくないかもしれませんが、健康を維持するコストとして活用するといいかもしれません。

6-5.ホルモンバランスを整える

「ホルモンバランスを整える」の画像検索結果

出典 | 生理前のイライラを解消する【月経前症候群PMSサプリランキング】 

ホルモンバランスを整えるためには、生活習慣の改善です。

・栄養と量に気を付けた食事
良質なタンパク質を取ることが特に大事です。さらに女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンもおすすめです。食べる量は食べすぎと極端なダイエットは避けてください。

・質の高いな睡眠
規則正しく、十分に良い睡眠をとりましょう。きちんとしっかり睡眠をとらないとホルモンが分泌されません。
・ストレスのリフレッシュ
ストレスを溜めるとホルモンの分泌に悪影響を及ぼします。こまめに発散しましょう
・お酒、タバコはほどほどに
適度な量はリフレッシュになります。しかし、摂りすぎは内臓に負担をかけるので適量にとどめてましょう。
・体を冷やしすぎない
冷えはホルモンの分泌にとっては敵です。特に腰回りを冷やさないように気を付けましょう。
・適度な運動
運動をすると血行も良くなり冷えが解消できるのと、ストレス解消になります。散歩でもストレッチでもいいので、こまめに体を動かすことが解決につながるでしょう。
場所によって、ニキビの原因が違い、対策も一つずつ違うのがご理解いただけたと思います。ニキビができやすい場所は、皮脂分泌量が多いところです。それが分かれば、ニキビができる前の予防ができます。また、どの場所にも共通しての対策があります。この対策をストイックに実行できれば、ニキビ改善だけでなく、体質の改善も見込めると思います。

6-6.皮膚科での治療

「皮膚科での治療」の画像検索結果

出典 | WELQ [ウェルク] | ココロとカラダの教科書 

ニキビの治療法は各医療機関によって多岐にわたりますが、避けたほうが良い方法も存在します。

特にオススメ出来ないのが、ケミカルピーリングとレーザー治療です。特にピーリングは角質層を溶解して、肌バリアを一時的に破壊してしまうので、肌の弱い人はやめておいたほうが無難です。今後のニキビ予防を含めた根本治療を目指すなら、男性ホルモンを抑制し、ホルモンバランスを女性ホルモン優位に整えるホルモン治療が良いと思います。それは男性ホルモンの過剰分泌を抑制する治療なので、男女関係なく有効です。選択肢の一つとしてはアリだと思います。

 


1 2 3 4 5 6 7
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの原因, ニキビの種類別に対策

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!