ニキビの原因はホルモンバランスの乱れ?対策法まとめ!

人気の検索キーワード

ホルモンバランスが乱れると今までなかったニキビが突然できる、と耳にしたことはありませんか?

男性も女性もホルモンバランスとニキビには深い関係があるため、突然できたニキビを治すためにはまずホルモンバランスの乱れの原因を知ることが大切になります。

特に女性はストレスや無理なダイエット、タバコや妊娠などの影響により、ホルモンバランスが乱れるとされています。

肌のバリア機能が低下して角栓が毛穴に詰まり、乾燥が原因で皮脂の分泌が過剰になったため角質で塞がれた毛穴に皮脂が溜まってしまって逃げ場を失いニキビになります。

ホルモンバランスの乱れは自律神経である交感神経が優位に立ってしまって、緊張や興奮状態に身体全体がなってしまうのです。

生活習慣や食生活を見直したり、適度な運動を毎日の生活に取り入れてもなかなかニキビが治らない方は、もしかしたらホルモンバランスが乱れているかもしれませんが、ホルモンバランスが乱れる原因や正しい対処法を身につければホルモンバランスが正常に戻り、ニキビも治りますので安心してくださいね!

ホルモンを整えてニキビケアするためにも、『ニキビはピルで治療しよう!ホルモンバランスを整えてくれる』も合わせて読んで下さい。

今回は、ホルモンバランスとニキビの関係やホルモンバランスが乱れる原因などをわかりやすく解説させていただきますので今後の参考にしてください。

目次

1.ニキビに関係のあるホルモンバランスについて
1.1男性ホルモンとニキビの関係
1.2女性ホルモンとニキビの関係
1.3女性ホルモンはニキビ治療の要

2.ホルモンバランスを整える重要性
2.1エストロゲンの量が関係している?
2.2女性ホルモンでニキビが改善する
2.3ホルモンバランスと大人ニキビの関係

3.ホルモンバランスはどうして乱れるの?

4.ホルモンバランスの乱れる原因
4.1思春期
4.2加齢
4.3ストレス
4.4生活習慣の乱れ
4.5喫煙
4.6妊娠

5.ホルモンバランスを整える食べ物
5.1カルシウム
5.2ビタミンB6
5.3マグネシウム
5.4イソフラボン
5.5ビタミンC
5.6ビタミンE
5.7ビタミンB1
5.8EPA・DHA

6.ニキビ治療にはホルモンバランスに効果のある漢方薬がおすすめ
6.1漢方薬のメリット
6.2副作用
6.3漢方薬の効果がでるまでの期間

7.ニキビに効く漢方薬の紹介
7.1十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)
7.2清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)
7.3荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)
7.4排膿散及湯(はいのうさんきゅうとう)
7.5当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
7.6黄連解毒湯(おうれんげどくとう)
7.7桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
7.8加味逍遥散(かみしょうようさん)
7.9桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
7.10桂枝茯苓丸加薏苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん)

8.ホルモンバランスによるニキビに効果のある市販薬
8.1命の母ホワイト
8.2命の母ホワイトが効果がある理由
8.3命の母ホワイト副作用

9.まとめ

1.ニキビに関係のあるホルモンバランスについて

出典 |hanimi 

ホルモンバランスが乱れるとニキビができることはよく知られていることだと思いますが、そもそもホルモンバランスって何?って思いっている人のために、ホルモンについて説明してまいります。ホルモンについて知識を得ましょう。

1.1男性ホルモンとニキビの関係

出典 |ニキビ改善プロジェクト公式  

そもそも女性が思うことは「男性ホルモンは女性にはないホルモン」って思っている方がいらっしゃると思います。ですが男性ホルモンは女性の体内でも作られている性ホルモンなんです。

そして、女性の体内で男性ホルモンが増えてしまうと、厄介なニキビができてしまうのです。

男性ホルモンがニキビとどのような関係があるのか詳しく説明しましょう。

ニキビが増えるのは男性ホルモンが優位に立っているから

アンドロゲンという男性ホルモンは、中性脂肪のひとつであるトリグリセリドを皮脂の全体の5割程度にあてはまる分泌を促してしまいます。

その他にもアンドロゲンは、角質の細胞を増やすことを促進させ、異常角化という肌の角質を増やしすぎる状態にしてしまい、角栓で毛穴が塞がれてしまう可能性を高めます。

ニキビができる始まりは毛穴に角栓で詰まった状態のところに皮脂が溜まってしまうことです。アンドロゲンがもたらす2つの要因はニキビの生成に男性ホルモンが大きく影響しているということになります。

Uゾーンニキビに悩んでいる人は特に注意

ニキビが男性ホルモンが影響しているニキビなのか見極める方法を説明します。

ニキビが、もみあげから顎までのUゾーンや鼻の下や口の周りにできやすい人は男性ホルモンが優位な状態になっていることでニキビができているという可能性が考えられます。

男性ホルモンの影響を受けやすいUゾーンや口の周りは、男性は髭が生えますが、女性は髭の代わりに男性ホルモンによるニキビの影響を受けやすい部位にあたるのです。

男性ホルモンが優位になる原因は?

ニキビの原因、主に大人ニキビは男性ホルモンが原因であることがわかりましたね。

では、なぜ女性の体内で男性ホルモンが優位に立ってしまうのかというと、一番の原因はホルモンバランスの乱れによるものです。

ホルモンバランスの乱れは自律神経である交感神経が優位に立ってしまって、緊張や興奮状態に身体全体がなってしまうのです。

男性ホルモンの分泌を促す働きのある交感神経は活発状態が長く続いてしまうと男性ホルモンが優位な体質に変化してしまうのです。

男性ホルモンが優位な状態の影響が肌に現れニキビに悩むことになるのです。

1.2女性ホルモンとニキビの関係

出典 |ニキビケア商品ランキング  

女性ホルモンの力を借りて、大人ニキビに予防や症状をやわらげることに努めましょう。女性ホルモンがニキビにどのような働きがあるのか説明してまいります。

肌に与える女性ホルモンの影響

女性ホルモンには2つの働きが異なるホルモンから成り立っています。

そのホルモンは卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)です。

卵胞ホルモンの働きは皮脂の分泌を抑制させ、キメの整った肌を保つ働きです。

黄体ホルモンの働きは皮脂の分泌を促進させます。

大人ニキビはなぜできるの?

男性ホルモンの働きによって角質が過角化を起こし角質層の柔軟性をなくしてしまうのは、毛穴に角質が詰まることで皮脂が溜まり、ニキビになるはじめの段階で角栓によって毛穴が塞がれることによるものです。

肌の過角化は天然保湿によって肌が乾燥することを防ぐことです。また、外的刺激から肌を守る働きをするセラミドの細胞間脂質がなくなってしまうことです。

このようなことが大人ニキビをつくってしまう根本の原因になります。

1.3女性ホルモンはニキビ治療の要

誰もがニキビの原因を皮脂の過剰分泌だと思うようですが、ニキビの根本的な原因は乾燥です。

肌のバリア機能が低下して角栓が毛穴に詰まり、乾燥が原因で皮脂の分泌が過剰になったため角質で塞がれた毛穴に皮脂が溜まってしまって逃げ場を失いニキビになります。

しかし、毛穴が塞がれていなかったら、皮脂は毛穴に溜まることもなくトラブルも起こりません。

バリア機能や角質層の水分量を保つ働きをしてくれる卵胞ホルモンの維持がニキビを緩和する要になります。


1 2 3 4 5 6 7 8 9
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの原因, ニキビの治し方

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!