ほうれい線ニキビは保湿が大事?肌乾燥しない5つの予防法

人気の検索キーワード
「ニキビをどう治したらいいかわからない!」を解決することができます。
すぐに再発してしまうニキビに悩んでいませんか?
カリフォルニア大学の薬学博士、ブライアン・ケラー博士によると、対策してもニキビが治らない人には、皮膚やコスメにある特徴があるとしています。
実際に97%の人が納得した、ニキビの治し方とは、、、
→詳しくはこちら

ほうれい線とは、誰もが年齢を重ねてから発生するもの。ニキビができやすい場所は大体決まっています。ほうれい線辺りに出来てしまうのは主に『乾燥』のせいです。

 


若い頃のニキビと違って、大人になってほうれい線にできる二キビは肌の乾燥やホルモンバランスの崩れが原因であることが多いんです。

 

特に、口周りは特に皮膚が薄いので保湿力があまりないため皮脂も多く分泌されます。今回はそんな『ほうれい線ニキビ』について解説していきます!

 

目次

1.ほうれい線に出来るニキビとは?
1-1.そもそも『ニキビの原因』ってなんだろう?
1-2.思春期ニキビの原因って
1-3.最も多い大人ニキビの原因とは?

2.『肌の乾燥』がほうれい線ニキビの発端になる!
2-1.ほうれい線にニキビが発生しやすくなる原因は?
2-2.ほうれい線にニキビができるメカニズムを理解しよう!
2-3.白ニキビの状態で治そう!
2-4.黒ニキビは酸化している証拠!
2-5.ほうれい線ニキビは赤ニキビまで進行しやすい!
2-6.黄ニキビまでいってしまったらすぐに皮膚科に行こう!

3.ほうれい線ニキビにならないようにするには?
3-1.保湿を意識すること!
3-2.体の内側からケアをしよう!食事が大事!
3-3.血行を良くすることから始めよう!
3-4.ストレスを適度に解消してくことを忘れずに!
3-5.十分な睡眠をとることが大切!

4.ほうれい線をなんとかしたいなら『美容クリニック』で相談しよう
4-1.メイクをするときの注意点は?
4-2.暴飲暴食は控えること
4-3.紫外線をなるべく受けないように
4-4.正しい予防と対策

5.まとめ

1.ほうれい線に出来るニキビとは?

「ほうれい線に出来るニキビとは?」の画像検索結果

出典 | 肌らぶ 

ほうれい線にできるニキビの場合、最も注目すべき原因は「肌の乾燥」と言ってよいでしょう。特に思春期より大人、男性よりも女性ができやすい傾向にあります。跡にもなりやすい箇所ですので早めに対策するようにしましょう。

 

Tゾーンにできるニキビの場合は皮脂過剰が原因のニキビも多いですが、ほうれい線ニキビの場合は、乾燥が主要な原因のひとつになっているケースが多いと言われています。

 

口のまわりは皮膚が比較的薄いので、肌乾燥の表れやすい部分であると言われているからです。さらに、ほうれい線ができる肌の状態というのは、おそらく加齢により、肌が乾燥しやすいだけでなく、古い角質も蓄積しやすい状態になっていることが考えられます。

 

一度できてしまうと、繰り返しほうれん線上にニキビができてしまうので治すだけでなく、予防することが大切です。

1-1.そもそも『ニキビの原因』ってなんだろう?

「そもそも『ニキビの原因』ってなんだろう?」の画像検索結果

出典 | femit magazine(フェミット マガジン) 

ほとんどのニキビの原因は毛穴の詰まりと言われています。それは、加齢や乾燥などで皮膚がかたくなり毛穴がふさがることと、皮脂の分泌が増えることで、毛穴が詰まります。その毛穴の詰まりが面皰(コメド)、いわゆる白ニキビになってしまうんですね。

 

そこに皮脂を好むアクネ菌が増殖して炎症を起こすと、悪化した赤ニキビへと発展していきます。 つまり、ニキビの根本的な原因は、加齢や乾燥によって古い角質がはがれ落ちず、肌をかたくして毛穴をふさぐこと。

 

それに加え、皮脂の過剰分泌に影響を与える「生活習慣」や「ホルモン」、アクネ菌の活動に影響を与える「免疫」といった、体内環境の乱れによるものと言えます。

 

正しい洗顔や毛穴のケア方法だけではなく、ニキビ予防のための生活法を知ることが大切です。ニキビの原因は多種多様です。肌質だったり、生活環境だったりと、色々な原因が挙げられます。自分がどの位置にニキビが出来ているのかで考察できますよ!

1-2.思春期ニキビの原因って

「思春期ニキビの原因って」の画像検索結果

出典 | ニキビのことならニキぺディア 

一般的に、思春期と呼ばれる時期は、第二次成長期のため男女関係なく男性ホルモンの分泌量が増加する傾向にあります。

 

なかでも皮脂腺を活発にする男性ホルモンは新生児期と16歳~20歳がピークになり、新生児にニキビができるのもこれが理由になります。この男性ホルモンの刺激により、急激に皮脂分泌量が増え毛穴が詰まりニキビができます。ニキビ発症年齢の平均は、女性は12歳~13歳、男性は13歳~14歳とされ、女性の方が少し早い時期から発症する傾向があります。

 

ということは、思春期ニキビは、殺菌効果・炎症を抑える効果のある洗顔料や化粧品でアクネ菌の増殖やニキビの重症化を防ぐことが基本になってくるんですね。20歳を過ぎて成長期特有の男性ホルモンの過剰分泌が治まると、自然とニキビも減っていきます。

1-3.最も多い大人ニキビの原因とは?

「最も多い大人ニキビの原因とは?」の画像検索結果

出典 | NICOLY:)[ニコリー] 

最も多いのがアダルトニキビとか大人ニキビと呼ばれるものです。これは、思春期後にも治らないニキビや、思春期を過ぎてから発症するニキビを「大人ニキビ」と呼ぶんですね。主に大人ニキビは思春期ニキビとは異なり、治りにくいため、同じ場所に繰り返しできやすい性質があります。

 

原因は加齢によるターンオーバーの乱れや肌の乾燥で角質層が厚くなり毛穴が詰まりやすくなることに加え、「ホルモンバランスの乱れ」、「生活習慣の乱れ」や「ストレス」などによる皮脂の過剰分泌が挙げられます。月経前に女性ホルモンの一つである黄体ホルモンが皮脂分泌を増やすことで発症する「生理前ニキビ」も「大人ニキビ」の一つと言われています。

 

思春期ニキビと違い、自然に減らないのは発生原因が生活習慣やストレスなどとも関連しているからです。大人ニキビを改善するには、スキンケアだけではなく生活習慣や食生活、日頃のストレスについても考えなければならないでしょう。

 

<< 下に続きます >>
重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレン のニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

90%の人がニキビ予防を実感することができたとして話題になっているのは オルビス のニキビケアです。
特に「ニキビができるのにかさつく」という悩みのある人におすすめしたい、100%オイルカット・高保湿成分のニキビケア商品です。
→詳しくはこちら

ビタミンCの浸透力でニキビケアをするのが VCスターターセット です。
低価格帯のニキビケア商品ながら実績は圧倒的で、ビタミンC化粧品に興味がある女性が選ぶランキング 4部門1位を獲得。
1800円で試すことができるため一度は絶対に試してみるべき商品のひとつです。
→詳しくはこちら

人気の記事

ニキビの症状ごとに一番効果的な「ニキビの薬」を教えます!

ニキビの原因は、ニキビのできる場所だけで分かります!
1 2 3 4 5

人気の検索キーワード!