ほうれい線ニキビは保湿が大事?肌乾燥しない5つの予防法

人気の検索キーワード

4.ほうれい線をなんとかしたいなら『美容クリニック』で相談しよう

「ほうれい線をなんとかしたいなら『美容クリニック』で相談しよう」の画像検索結果

出典 | Healthil[ヘルシル] 

基本的に、『ほうれい線』というのは完全に消すことはできません。もちろん自分でセルフケアをするのも限界があり、難しいのではないでしょうか?年齢とともに深くなっていくからです。しかし、ほうれい線を『目立たなくさせる』ということは可能です。そういう場合は、お近くの『美容クリニック』で相談してみましょう。主な治療方法とは、

 自分から採取した脂肪で脂肪注入

自分の身体から採取した脂肪に、不純物を取り除くなどの特殊な処理を行い、ほうれい線などのシワ部分に注入する施術になります。自分の部位なので、副作用は少ないとのこと。

 ヒアルロン酸でほうれい線を薄くする

柔らかいジェル状のヒアルロン酸をほうれい線などのシワ部分に注入することで、凹み部分を持ち上げふっくらさせることで、ほうれい線を目立たなくさせる施術になります。

4-1.メイクをするときの注意点は?

「メイクをするときの注意点は?」の画像検索結果

出典 | ハウコレ 

リキッドやクリームのファンデーションはカバー力が高く、ニキビを目立たなくしてくれそうですが、油分が多くアクネ菌の養分になりニキビを悪化させてしまうのでおすすめできません。ニキビがあってもメイクをしたい場合、しなければいけない場合はパウダーファンデーションやルースパウダーを使うのがおすすめです。

 

ほうれい線にもメイク残りはあります。さらにニキビが出来ている状態で下地、リキッド・クリームファンデーション、パウダーと何度もニキビを触ってしまうことを避けるという意味でも、パウダーだけというのはおすすめです。ルースパウダーなら光拡散効果のあるものがおすすめです。ニキビが目立つのは赤みや凹凸があるためです。

 

光を反射し拡散させることで赤みや凹凸が目立ちにくくなる効果も期待できます。厚塗りで隠すのではなく、光のテクニックでニキビを見えにくくしましょう。化粧をしなければ一番いいかというとそうでもなく、外出時は紫外線対策のために薄いお化粧をしておく方がベターです。

 

ニキビが紫外線を受けると、シミになる可能性が高くなります。できるだけニキビへの刺激にならないように、肌に優しいメイクでニキビを隠し、常日頃から紫外線を防ぐことを心がけましょう。

4-2.暴飲暴食は控えること

食べ過ぎていたり、油っこいものや甘いものは皮脂の分泌を促してしまうのでなるべく控えましょう。アルコールの飲みすぎで肝臓が悪化すると代謝不良につながるので休肝日を設けるなど、お酒はできるだけ控えることも考えましょう。またホルモンバランスを安定させるために納豆や豆腐、豆乳を飲むなど大豆イソフラボンを含んだものを摂りましょう。

4-3.紫外線をなるべく受けないように

「紫外線をなるべく受けないように」の画像検索結果

出典 | アロママッサージ | 和み 

肌のハリに重要な関係を持つコラーゲンやエラスチンなどの繊維が、紫外線の影響で変性すると言われているからです。コラーゲンやエラスチンなどの衰えは、いわゆる「肌の老化」にあたり、しわやたるみの原因になります。

 

私たちは実際の加齢による老化を止めることはできません。だからこそ、老化を促進すると言われる、紫外線の影響をできるだけ少なくとどめることが大事です。

4-4.正しい予防と対策

ニキビの症状には段階を経て、様々な症状がみられます。でき始めから、治るまで長い時間がかかることもあり、ニキビが治った後にへこんだ状態や、反対に盛り上がった状態を残してしまうことがあります。悪化しないように肌タイプに合わせたケアや治療を行うことが大切です。

 

年齢と共に油分の低下する肌は、若いころに比べて確実に乾燥しやすくなると言われています。肌の乾燥は、乾燥による小じわやくすみなどの肌悩み、肌荒れにつながります。しっかり乾燥対策を行いましょう。

 


1 2 3 4 5
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの原因, ニキビの治し方

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!