甘酒を飲んでニキビを治す?!甘酒の効果と飲み方のまとめ

人気の検索キーワード

2. 甘酒のニキビへの効果

1.便秘解消効果

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-14-16-08-58

甘酒には腸内環境を整えてくれる成分である食物繊維やオリゴ糖が含まれています。甘酒を飲むと腸内の善玉菌が繁殖して、腸内環境が整い、さらに食物繊維によって便通も通ることで腸内ケアをすることができます。

腸内環境が悪化すると肌にも悪影響が出てニキビができやすくなります。甘酒を飲むことによってニキビを解消することができると言われています。また、ニキビ痕の予防にもつながります。

特に顎周りや目の周り、口周りのニキビに有効と言われています。

2.新陳代謝の促進効果

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-14-16-09-52

 

甘酒には肌の代謝を促すビタミンB群が含まれています。ニキビができる原因のひとつに、代謝のサイクルの乱れがありますが、甘酒に含まれているビタミンB3(ナイアシンとも呼ばれている)が血行を促進するため、肌のターンオーバーサイクルを正常化させることができ、結果としてニキビを改善・予防することができます。

3. 皮脂抑制の効果

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-10-14-06-02

出典 | 森永製菓

ご存知の通り、皮脂の分泌が過剰になっていると、毛穴が詰りアクネ菌が繁殖してニキビができてしまいます。

森永製菓株式会社と東京工科大学が共同研究をしたところ、継続して酒粕と米麹が使用された甘酒を飲むと皮脂抑制効果が現れたという実験が2016年に実施されたそうです。

酒粕と米麹それぞれ単体でも皮脂量を抑える効果がありますが、酒粕と米麹を合わせた甘酒の方が、より皮脂量の低下を促すという実験結果も出たようですよ。

 

“酒粕”と“米麹”を使用した甘酒」の継続飲用が、皮脂抑制によるニキビ予防 に効果的である

 森永製菓 |http://www.morinaga.co.jp/public/newsrelease/web/fix/file57313d4e1627c.pdf

甘酒に含まれているビタミンB2は、皮脂が過剰に分泌されている場合は、皮代謝を抑制してくれます。また、皮脂の分泌が不足している場合は皮脂の分泌を促してくれるという素晴らしい働きを持っています。

特におでこや鼻周りのニキビを治すのにはビタミンB2が有効だと言われています。

2-1. 甘酒の効果が現れるまでどれくらいかかるの?

large

甘酒を飲んだらどれくらいの時間で効果が見られるのか、これは重要なことですよね。

一般的にはニキビの場所によって甘酒の効果が現れるまでの時間が異なるようです。

・おでこや鼻ニキビなど: 1〜2週間ほど
・口周りや顎周りなどのニキビ: 2~3週間ほど
・ニキビ跡の場合: 1ヶ月ほど

ご覧の通り、ニキビ用の薬などのように即効性は甘酒にはありませんが、継続して甘酒を飲めばニキビに効果が現れるでしょう。


1 2 3 4 5 6
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの治し方, ニキビ知識

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!