吹き出物とニキビの違いとは?肌悩みの原因と3つの対策法

人気の検索キーワード

2. 吹き出物(大人ニキビ)の原因

出典 |ナースが教える仕事術   

吹き出物(大人ニキビ)ができてしまうのは、吹き出物(大人ニキビ)ができる部位は皮脂の分泌量が少ないため、乾燥をしやすく、肌が硬くなり毛穴が詰りやすくなるのです。

年齢を重ねると肌のターンオーバーが乱れてしまいリズムが遅くなり、古い角質が剥がれ落ちるはずが肌に残ってしまい、肌を硬くさせ、厚みのある肌になり、毛穴詰りを起こします。

吹き出物(大人のニキビ)が出来やすい時期は、乾燥しやすい秋から冬にかけてに出来やすいと言われます。また、紫外線を浴びることが多い夏に、肌を守るために角質が厚くなってしまい、毛穴の詰りを起こし吹き出物(大人ニキビ)をつくりやすくなります。
吹き出物(大人ニキビ)は、秋・冬の乾燥しやすい季節や、夏の紫外線にも注意が必要です。

 

2.1ストレスが要因

出典 |なにそれ倶楽部  

吹き出物(大人ニキビ)ができる原因は、皮脂を分泌する毛穴が詰まってしまい、詰った中に角質や皮脂が溜まることによって吹き出物(大人ニキビ)が出来てしまいます。毛穴の詰まった中でアクネ菌の悪玉が増殖することで、赤く炎症を起こします。

自律神経は交感神経と副交感神経が存在していて、人はリラックスした状態にある時は副交感神経が優位になり、反対に心理的なストレスを感じてしまうと交感神経が優位になるのです。

交感神経が優位になっている状態の時は、副腎皮質ホルモンであるアンドロゲンやアドレナリン、テストステロン(男性ホルモン)の分泌が促されます。アンドロゲン、アドレナリンは皮脂の分泌を促す働きがあり、テストステロンは酵素によってジヒドロテスタステロンという物質に変わり、皮脂の分泌が促進しやすくなるので、この働きによって脂性肌を招いてしまいます。

男性ホルモンには皮膚の表面下部の角化異常を促進させて肌を硬くしてしまう作用があり、このような作用が原因で皮脂によって毛穴の詰まりが起こりやすく、吹き出物(大人ニキビ)の原因になります。自律神経のバランスの異常で吹き出物(大人ニキビ)が出来やすくなる仕組みになっています。

 

2.2食生活が要因

出典 |サジーは肌荒れを身体の中からキレイにする 

ストレスやダイエット、偏った食事をしていることで食生活が乱れてしまいます。また、脂っぽい食事多く好む方や外食、ジャンクフードやインスタント食品などで食事をすませている方は、栄養バランスが悪くなり、体調の不調が起こりやすいリスクが高くなり、ニキビが出来やすくなり、吹き出物(大人ニキビ)の悪化にも影響があると言われます。

肌の健康のためにビタミンは大きな役割を引き受けます。新陳代謝を促すビタミンA・ビタミンB6などが不足することによって、肌のターンオーバーが乱れを起こし、肌の過角化を呼び寄せてしまいます。皮脂のコントロールをする働きがあるビタミンB2の不足は、皮脂の分泌を増加させてしまいます。

その他、ビタミンCには抗酸化作用があり、ビタミンCが不足してしまうと、活性酸素が増加してしまい炎症が毛穴の中で起こり吹き出物(大人ニキビ)を悪化させてしまいます。

GI値の高い食品(食品ごとの血糖値の上昇する指数)を摂取することが多い方は、血糖値を下げるためにインシュリンが分泌されます。インシュリンは血糖値を下げる働き以外に男性ホルモンを刺激してしまう働きもあるのです。そのため男性ホルモンが過剰に分泌されてしまい、皮脂の過剰分泌に繋がります。

皮脂が過剰分泌することで、皮脂の排出の働きが追いつかず毛穴に皮脂が溜まってしまいます。溜まった皮脂を栄養にしてアクネ菌が増殖してしまい、吹き出物(大人ニキビ)の炎症や悪化を招いてしまいます。

 

2.3ホルモンが要因

出典 |大人ニキビの治し方|アラサー女子のスキンケアTIPS   

吹き出物(大人ニキビ)に密接な関係がある、女性ホルモンである「エストロゲン」「プロゲステロン」男性ホルモンの「アンドロゲン」といった性ホルモンがあります。

男性ホルモンのアンドロゲンは、皮脂全体の約5割に値するトリアシルグリセロール(中性脂肪)の分泌を促してしまうことは医学的に解明されているようです。アンドロゲンは角化細胞(ケラチノサイト)の増殖を促進して、「異常角化」(肌の角質を増やしすぎる)状態をつくり、角栓によって毛穴が塞がれる可能性を高めてしまうのです。詰った毛穴に皮脂が溜まることによって、吹き出物(大人ニキビ)ができることになります。男性ホルモンが吹き出物(大人ニキビ)をつくりあげることに影響を大きく与えているのは間違いではないでしょう。

ですが、すべての吹き出物(大人ニキビ)が男性ホルモンの影響ではありません。自分のニキビが男性ホルモンが原因の吹き出物(大人ニキビ)なのかチェックしてみましょう。

顔の側面(もみあげから顎にかけてのUゾーン)または、鼻の下、口の周りに吹き出物(大人ニキビ)が繰り返しできる人は男性ホルモンが吹き出物(大人ニキビ)の原因となっている確率が高いと言えます。男性ホルモンの影響を受けやすいUゾーンと口周りは、男性においてはヒゲが生えやすい位置にあたります。女性はヒゲが生えない理由から、男性ホルモンの影響によって、吹き出物(大人ニキビ)が出来てしまうということなのです。

吹き出物(大人ニキビ)に男性ホルモンが密接な関係があることはお分かりになって頂けたかと思いますが、では何故、女性に男性ホルモンが優位な状態になるのでしょうか。一番とされる原因は、生活習慣の乱れ、ストレスによって起こるホルモンバランスの乱れが原因とされます。先述でも説明しましたが、ストレスを受けると自律神経のうちの交感神経が優位になります。交感神経は男性ホルモンの分泌を促進させる働きがあるので、交感神経の活発な状態が長い時間続いてしまうと男性ホルモンが優位の体質へと変わってしまいます。これによって、吹き出物(大人ニキビ)に悩むようになってしまうのです。

 

2.4皮脂が要因

出典 |船橋ゆーかりクリニック  

皮脂の過剰分泌がなぜ起こるのでしょうか。その原因は多数あり、先述でも説明したように、男性ホルモンの過剰分泌によって起こされる皮脂過剰が原因として一番にあります。交感神経がストレスによって優位になると、男性ホルモンの生成が促進されますが、男性ホルモンは実は、皮脂過剰を招き、さらに角質の柔軟性を奪い角栓の詰まりを誘い起こす働きがあります。吹き出物(大人ニキビ)は角栓で毛穴が詰まり、その毛穴に皮脂が溜まってしまうことによってつくられてしまうので、男性ホルモンによる皮脂の過剰分泌は吹き出物(大人ニキビ)つくる原因を招いてしまいます。

吹き出物(大人ニキビ)を予防を行うために皮脂は邪魔にされますが、実は皮脂は肌の健康状態を保つために必要なものでもあります。皮脂は天然の保湿剤と言われます。外からの刺激から肌を守るためのバリアの役割を皮脂は持っているため、皮脂を完全に落としてしまうことは、肌を守る力を弱めてしまうことになります。ですから、皮脂を全て落とそうとして、何度も洗顔していた方は、洗顔の方法を見直しましょう。過剰な皮脂の分泌を抑えることが目的で、皮脂の適量は肌を守るために必要であります。

 

2.5乾燥が要因

出典 | 40代の吹き出物対策!原因や対処法は?  

肌が乾燥すると肌の角質層がバリア機能を成立させなくなります。バリア機能が低下してしまうと、肌の異常角化が原因で角栓をつくりやすくなってしまいます。角質層のバリアが低下すると、肌の表面を保護するために皮脂の分泌量を増やして皮脂膜を張ろうとします。毛穴が詰った状態に皮脂が溜まるのが、吹き出物(大人ニキビ)であるため、乾燥による肌バリアの機能の低下はニキビの根本の原因と言っても良いでしょう。

乾燥肌がニキビを引き起こす理由は、ニキビの原因は皮脂ではなく、根本は角栓によって毛穴が詰まり、吹き出物(大人ニキビ)が出来てしまうことです。角栓によって塞がれた毛穴に皮脂が溜まってしまうと、白ニキビ=コメドとなり悪化してしまいます。角栓が毛穴を塞ぐことでニキビの原因となり、乾燥肌によってニキビが発生する確率は高いと考えられます。

肌が乾燥する冬にニキビが出来るというのではなく、吹き出物(大人ニキビ)は乾燥しやすい冬に悪化してしまうことが、乾燥が吹き出物(おとなニキビ)の原因になっています。肌バリアが成立しない原因は角質層の内部の乾燥が原因です。それは、角質層にある水分が不足してしまうと、バリア機能が低下して肌トラブルを起こしやすい敏感肌の肌質なる他、角質が剥がれやすくなってしまうため、角栓によって毛穴を詰らせてしまうことが起こるからです。詰まった毛穴に肌バリアの弱い所を補うために皮脂が分泌され、毛穴に溜まって吹き出物(大人ニキビ)になります。乾燥しやすい冬は、吹き出物(大人ニキビ)が悪化してしまうということになります。

 

2.6細菌が要因

出典 |ニキビ改善プロジェクト公式 

吹き出物(大人ニキビ)が出来てしまったり、悪化する原因には、皮脂を好むアクネ菌が増殖し炎症を起こすことによるからです。角栓で毛穴の出口を塞いでしまい、そこに皮脂が溜まってしまった時に悪玉アクネ菌が悪さを起こします。

しかし、アクネ菌は人の体にすみつく常在菌であるため、完全に排除することができないのです。ですから、吹き出物(大人ニキビ)の予防には、毛穴を角栓で塞いで皮脂を溜めないようにすることがケアのポイントです。

 

2.7遺伝体質が要因

出典 |人気洗顔石鹸検証サイト  

事実、思春期ニキビや吹き出物(「大人ニキビ)が多く出る肌質や体質とはあります。毛穴が小さいことで角栓が詰まりやすい。新陳代謝の機能が低いことで、肌のターンオーバーが正常に行えない。皮脂の分泌量が多量でニキビを悪化させやすい。このような肌体質がある人はニキビが出来やすいと言われます。そして、このような肌体質は、先天的に遺伝で起こる要素が高いため、思春期ニキビや吹き出物(大人ニキビ)は遺伝をすると考えも間違いではないようです。

 

2.8睡眠不足が要因

出典 |ニキビ・吹き出物ができないための生活習慣の心得  

睡眠不足が肌に悪い影響を与えるというのは、誰ものがご存知のことでしょう。寝不足は、肌荒れを起こす他に吹き出物(大人ニキビ)とも深い関係があります。慢性的な睡眠不足は、肌のバリア機能が壊れてしまい皮脂の分泌量が増加し、吹き出物(大人ニキビ)の原因になります。

ダメージを受けている肌は睡眠中にケアされるので、質の良い睡眠をとることが基本です。質の良い睡眠をとることで、成長ホルモンが分泌され、肌の活性に繫がります。質の良い睡眠をとるのには、夜の22時から2時の「ゴールデンタイム」「シンデレラタイム」と呼ばれる時間帯に就寝していることです。


1 2 3 4 5 6
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの原因, ニキビの治し方

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!