吹き出物とニキビの違いとは?肌悩みの原因と3つの対策法

人気の検索キーワード

3.吹き出物(大人ニキビ)の対策

出典 |大人ニキビ 対策  

吹き出物(大人ニキビ)を対策するためにはどのようなことをすれば良いのでしょうか。

日常の間違った行動が、吹き出物(大人ニキビ)の原因をつくっています。日頃の行動を見直すためにも正しい習慣を身につけましょう。

 

3.1正しい洗顔

出典 | 吹き出物セラピー

皮脂が過剰に出てメイク崩れや顔が皮脂でテカテカになる人は、洗顔を見直してみましょう。このような方は洗顔の際に皮脂を落とし切ろうと、ゴシゴシ洗ったり、何度も洗顔石鹸で洗ったり、すすぎを何度も繰り返ししているのではないでしょうか。

正しい洗顔とは、まず、洗顔前に手を石鹸で綺麗に洗います。それからぬるま湯30度くらいの温度で顔を濡らします。洗顔料は泡立てネットを用い、石鹸の泡がモコモコになるくいら泡立てます。この時、モコモコの泡が弾力があり、手の平から滑り落ちないくらいの状態になるまで、ネットで泡立てましょう。

この弾力のある泡石鹸で顔を包み込むようにし、肌と手の間に泡が挟まれモコモコした泡を転がし、手で洗うのではなく、泡で洗う感覚を覚えましょう。手は肌についていない状態です。あくまでも泡で顔を洗っている感じです。泡立ての仕方が不十分ですと、洗顔している途中で泡が消えてなくなってしまいます。その時に気をつけたのは、泡のない状態で顔をゴシゴシこすって洗顔をしないことです。

顔の隅々まで泡で洗い、洗い終わったら、すすぎは10回程度の回数ですすぎ残しのないように、キレイにすすぎましょう。すすぎ残しがあった場合、吹き出物(大人ニキビ)の原因になりかねます。すすぎ残しは気をつけましょう。

洗顔が終わったら、タオルで水分を拭き取ります。この際、タオルで顔をゴシゴシ拭くのではなく、タオルでやさしく水分を吸い取らせましょう。タオルは天然素材のものがおすすめです。

 

3.2化粧品選びは低刺激

化粧品選びは、吹き出物(大人ニキビ)がたくさんある人や繰り返し出る人は慎重に選びましょう。石油系やアルコールを含むもの、防腐剤、酸化防止剤などを含む化粧品には気をつけましょう。

有名メーカーやブランドの化粧品なら大丈夫と思っていても、使用成分などによって吹き出物(大人ニキビ)の原因や悪化を招くことがあります。成分はよく確認した上で使用しましょう。

化粧品は、低刺激の天然の化粧品を使用するようにしましょう。その際に使用期限には注意をはらい、使用期限の過ぎたものを使用するのはやめましょう。

ファンデーションなどのスポンジは使用したたびに、洗い清潔に保ちましょう。

 

3.3生活習慣の見直し

先述でも説明しましたが、食生活の乱れ、生活習慣の乱れを改善しましょう。食生活については、油ものや肉類、インスタント食品、ジャンクフードなどの食べ過ぎに注意しましょう。お酒の飲み好き、冷たい飲み物などの摂り過ぎに注意しましょう。ビタミン類や野菜、乳製品、大豆製品などの摂取を心がけましょう。

生活習慣の乱れは、先述でも説明したように睡眠不足も関係します。毎日規則正しい時間に起床し、就寝するようにしましょう。入浴はシャワーですませず、湯船に浸かって代謝を上げましょう。

ストレスを感じている時はストレスを解消するように努めましょう。ストレスは長く続くと自律神経が乱れる原因になります。これも吹き出物(大人ニキビ)には大敵です。腹式呼吸などをしてリラックスするようにしましょう。


1 2 3 4 5 6
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの原因, ニキビの治し方

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!