吹き出物とニキビの違いって?原因と対処法も教えます!

人気の検索キーワード

3.吹き出物のケアの仕方

「吹き出物のケアの仕方」の画像検索結果

出典 |  美容ブログ 

放っておくとどんどん悪化し、治りづらくなる上、治っても跡が残ってしまう恐れのある吹き出物。ご自身で対応できることと病院に行ってできることがあります。

では、早い段階にどのような方法で治したらいいのでしょうか?その対処法も見てみましょう。また、痛みが引かない場合などは病院へいくのもおすすめです。

3-1.スキンケアとは

最初の方でも説明しましたが、吹き出物は主に乾燥肌や男性ホルモンの過剰分泌が原因と言われています。

乾燥肌は、角質層の水分が失われて、さらには皮脂膜という肌の表面を保護している膜が張られていない状態です。ですから、肌を清潔に保ち、角質層に水分を補給するためにも保湿ケアが重要になります。

3-2.洗いすぎを改めること

皮脂が原因なら、しっかり洗って落とす必要があるから一日に複数回洗えばいいような気もしますが、頑張って洗顔や体を洗っている方は、そこまで多く洗う必要はありません。

洗い過ぎで皮脂を残さず落としてしまうことで、更に皮脂が分泌されてしまうからです。これは、肌を守るための適度な皮脂を確保しようとするためです。必要な常在菌も洗い落としてしまい、かえって肌が荒れる原因にもなりうるということです。

乾燥肌の方は、洗顔によってさらに乾燥してしまいますので、洗いすぎないように気をつけて下さい。また、あぶら取り紙もしっかりと皮脂を吸収しますので、タオルやティッシュ等で軽く押さえる方が良さそうです。

3-3.ケミカルピーリングも選択肢

また、吹き出物の治療法としてさまざまな医療機関で行われているのがケミカルピーリングというものがあります。このケミカルピーリングとは毛穴に詰まった汚れや角栓、また古くなった角質層を溶かすケア方法です。古くなった角質を取り除き、健康で新しい皮膚を生成するための土壌を整えてくれるのです。

しかし、一般人が行える施術ではないため、皮膚科の病院やクリニックなど専門の医療機関を受診して相談するようにしましょう。

3-4.睡眠改善

「睡眠不足のときに吹き出物ができた」なんていう経験はないでしょうか?

昼にダメージを受けた肌は夜の睡眠中にケアされます。よって睡眠のリズムが乱れれば、その分肌のケアする力は大きく低下します。さらに大きなストレスによって交感神経が活発になり、男性ホルモンがが大量に分泌され、肌をバリアする機能が低下し皮脂の分泌量が増えて吹き出物が発生しやすくなります。

しかし単に長時間睡眠をとれば良いということでもありません。肌トラブルを改善させるための質の良い睡眠はノンレム睡眠の時間をしっかり取ること。もっとも肌ケアが活発な時間帯である入眠から3〜4時間にどれだけ深く眠れるかがカギと言えます。

つまり、夜更かしは禁物です睡眠をしっかりとりましょう。ついついメールやゲームで夜更かししていないでしょうか?睡眠をしっかりとることで肌の再生を助けます。寝不足は自律神経を乱す原因にもなりますので、22時くらいから6時間以上は眠るようにしましょう。

3-5.食生活の改善

食生活にも十分気をつけましょう。

野菜を多めに摂取することを心掛けましょう。揚げ物・肉・ケーキ・チョコレート・ファストフード・激辛料理など、脂肪や糖分、香辛料などの刺激物は吹き出物の原因になると言われています。美味しい珈琲も飲み過ぎはお肌に優しくないので、控えるようにしましょう。緑黄色野菜や食物繊維がたっぷりな野菜、フルーツや海草類等がおススメです。バランスよく摂取するようにしましょう。

吹き出物は身体の内部からも改善できます。そのためにはビタミンの補給も大切です。吹き出物が発生する主な原因はビタミンの欠乏によるものも大きいのです。

ビタミンは大抵日常の食物で補うことができます。ビタミンB群が多く含まれている食品はレバー、乳製品、納豆、アボカド、青魚などを積極的にとるとよいでしょう。しかし、難しい場合にはサプリメントなどで補うという方法も選択肢としてはあります。自分のライフスタイルと相談してみてください。

3-6.メイクを意識する

女性の場合は、意外と忘れてませんか?

毎日のメイク道具のお手入れとして、ファンデーションを塗るスポンジやブラシのお手入れはしていますか?見落としがちですが、雑菌が繁殖しやすい場所です。こまめに洗って、よく乾かすようにしましょう。また、メイクも肌に刺激の少ない成分が入ったものを選ぶようにしてみて下さい。帰宅後のメイク・オフも忘れずにしましょう。面倒臭がらずにしっかりとケアしましょう。

3-7.病院で処方してもらう

できてしまった吹き出物が痛い、又は腫れているのであれば、我慢せず薬を塗りましょう。吹き出物ができた場所や生活環境等によって、塗る薬が変わってきます。もしマラセチア菌の増殖が原因であれば、市販の吹き出物用の薬を塗っても、効果が期待できないでしょう。

可能であれば、病院で処方してもらうのがよさそうです。適切な薬を塗ることで、治りも早まるかもしれません。内服薬や外用薬、漢方薬等の様々な種類があります。医者と相談して処方してもらいましょう。

3-8.ターンオーバーを促し、ニキビ痕をケア

大人のニキビケアは、メイク汚れや古い角質をきれいに落とし、毛穴のつまりを解消してあげることが大切です。洗顔の際は泡をたっぷり作って、やさしく包み込むように洗います。その後、天然保湿成分を含む化粧水などで肌を整え、肌のターンオーバーが正常に働くスキンケアを心がけます。保湿だけを集中して行うのではなく、肌の水分と脂分のバランスを整えることが重要だと言えます。

また、新陳代謝の衰えた肌にできたニキビ痕は、シミとなって残ってしまうことも少なくありません。ニキビ痕の気になる部分を美白エッセンスで集中ケアするなど、ホワイトニングケアもしっかり取り入れましょう。

 


1 2 3 4 5 6
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの原因, ニキビの治し方, ニキビの種類別に対策, ニキビ場所別に対策

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!