吹き出物とニキビの違いって?原因と対処法も教えます!

人気の検索キーワード

5.吹き出物で皮膚科へ?

「吹き出物で皮膚科へ?」の画像検索結果

出典 |  良い肌 

様々な洗顔料や化粧水を使ってケアをしてみるも、なかなか治らない吹き出物に困っている方も多いでしょう。

そんなときに皮膚科などの医療機関に行くことを検討する方もいるかと思います。
しかし、実際に吹き出物で皮膚科に行くという人は多くないと思うかもしれません。吹き出物で悩んでいる方の中で、実際に皮膚科に行く人は、全体の1割程度のようです。

5-1.皮膚科へ行く必要も考える

まず、吹き出物で皮膚科に行く人が少ないのは、「吹き出物でわざわざ病院に行くのも気が引ける」、「定期的に通うのは面倒」、などの理由が挙げられるかと思います。

また費用の面や、「適切な処置をしてもらえるのか」、「たかが吹き出物だからとぞんざいに扱われないか」、などの病院側の対応面における不安なども考えられるでしょう。

5-2.一般の皮膚科の場合

ここで吹き出物治療においての一般の皮膚科と美容皮膚科のメリットとデメリットを以下にまとめます。

メリット

保険適用範囲内で治療を受けられる、または薬が処方される。現に2008年に保険適用外だった外用レチノイド(ディフェリンゲルといった外用薬)が認可され、保険適用内での治療の幅が広がった。また、想定外の皮膚疾患が見つかった場合、その場で適切な処置、または薬を処方してもらえる。

デメリット

処方される薬による治療では、対処療法となるため再発するケースが多い。注意すること

5-3.美容皮膚科(美容クリニック)

メリット

相談時に個人の症状、事情に合わせたオーダーメイドの治療が受けられる。
レーザー治療、ピーリング、イオン導入、など。

デメリット

保険適用外の治療がほとんどであるため、費用が高いというのがネック。
治療の流れとして、初日にカウンセリング、以降の日程で施術、というケースが多く、治療までに非常に時間がかかる。
予約がとりづらいことが多いので、すぐに治療というのは難しいことが多い。
一般の皮膚科と美容皮膚科のメリットとデメリットを挙げましたが、

実際は保険診療の一般皮膚科と美容皮膚科が併設されているところも多いようです。

実際にそういった皮膚科に行ってみて、治療は保険適用でもカウンセリングが保険適用外というケースもあるので、皮膚科のホームページで調べたり、実際に問い合わせをして確認することをおすすめします。

また、ご自身の症状と相談しながら決めましょう。

 


1 2 3 4 5 6
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの原因, ニキビの治し方, ニキビの種類別に対策, ニキビ場所別に対策

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!