陰部にできるニキビの原因って何?ケア方法や予防法まとめ

人気の検索キーワード

3.毛嚢炎ができる原因とは?

毛嚢炎はブドウ球菌や緑膿菌という菌が皮膚に感染してしまう皮膚病の一種です。毛嚢炎とは、小さく赤いブツブツができた状態で、中央に白い膿を持っているため、一見ニキビのようなものと勘違いしてしまいます。毛嚢炎は主として陰部が必要以上に敏感な時にできてしまうのが一般的です。皮膚の病気で、毛包に傷がつき、その後ブドウ球菌が感染して、引き起こるものです。

 

特に、汗をかきやすい時期に症状が出やすいと言われています。初期段階では、かゆみや痛みはほとんどないというのと、放っておけば自然治癒をする事が多いですが、ひどい場合だと発熱や痛みを伴うことがあるようです。ここでは、原因の詳細を解説していきます。

3-1.垢や尿が原因?

「垢や尿が原因」の画像検索結果

出典 | アンボーテフェミニーナウォッシュの最安値販売店はここ!楽天? 

デリケートゾーンに溜まりやすい恥垢が雑菌のエサとなり、結果として菌を増殖させてしまうことで原因になることもあるのです。これが重なってくると、陰部の色素沈着を起こして、黒ずみの原因にもつながりますので注意が必要です。

3-2.毛穴が傷ついたとき

何らかの原因で毛穴に刺激が加わってしまったときに発生するものが挙げられます。ナプキンによる摩擦や、カミソリ負けをしてしまったときに毛穴に傷がついてしまいます。その傷ついた部分から毛嚢炎の原因となる菌が入り込み感染してしまうのです。小さな傷であっても、そこにブドウ球菌や緑膿菌といった雑菌が侵入すると発症につながってしまうのですね。

3-3.生理のとき

「生理のとき」の画像検索結果

出典 | Medical Note 

汗をかいた場合と同様に、皮膚が湿った状態となるので、生理も原因になりうるのです。陰部が湿っている時とは、汗をかいている時や、女性の場合は妊娠中も該当します。この原因として、陰部が湿っていることによって菌を取り込みやすくなってしまっているためと考えられます。高温、多湿の場所を好むため、締め付けるような下着や生理中の蒸れには注意してください。陰部がむれてしまう状態を引き起こしてしまいます。この環境下では、菌が繁殖しやすく毛嚢炎を起こしやすくなってしまうのです。

3-4.生活の偏り

生活が偏っていても、毛嚢炎の原因となります。特に、ストレスや疲労が蓄積されると、体の免疫力が落ちてしまいます。他にも、食生活でも野菜を全然食べないような食事を毎日繰り返していると肌が荒れてしまう原因となります。暴飲暴食や食生活の乱れなどにより、ホルモンバランスが崩れやすくなってしまうのが挙げられます。その結果、毛穴に傷がつきやすくなり、感染してしまうということにつながるのです。


1 2 3 4 5 6 7 8 9
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの治し方, ニキビ場所別に対策

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!