陰部にできるニキビの原因って何?ケア方法や予防法まとめ

人気の検索キーワード

8.日頃からの予防策は?

毛嚢炎の痒みや痛みは日常生活においても、大きな支障となりますので、 予防ができると安心ですよね。解説したいと思います。

8-1.清潔に保つこと

「清潔に保つこと」の画像検索結果

出典 | baratodecoracion.com 

常に蒸れないように心掛けることが第一です。陰部の蒸れが気になる人は、ショーツやナプキンを見直してみるといいかもしれません。具体的に言えば、通気性の良いコットンや絹の下着を選ぶと良いでしょう。シームレスタイプや、できるだけ縫い目のない、フラットなタイプのものもおすすめですよ。特に女性に限りますが、ナプキンを使う際は注意しましょう。さらに、生理中は普段に比べてより蒸れると思いますが、ナプキンをつけた時の陰部の湿度は相当高いのです。通気性のいいものを使い、なるべく雑菌が作られない環境にすることです。

8-2.陰毛のお手入れは注意

陰毛のお手入れはしっかりしていますか?日本人はあまりアンダーヘアーについては疎いと言われますよね。欧米の女性はみな全て剃っていないと、異性からも煙たがられるほど意識しているそうですよ。年齢を重ねると肌が乾燥しやすくなってくるように、デリケートゾーンもドライな状態になりやすいのです。乾燥すると角質間に隙間ができて肌のバリア機能が弱くなり、炎症やかゆみなどのトラブルが起こりやすくなるのです。ですが、深く剃ろうとすると、お肌を傷つけてしまいます。無理に抜いたりすると、毛根部へのダメージが非常に強いものになります。陰部を清潔に保つためのケア用品を使用するのはもちろん、VIO周辺のムダ毛を脱毛して整えるのもお手入れ方法の一つです。デリケートゾーンもスキンケアを怠らずにしましょう。

8-3.健康的な食生活を心がける

「健康的な食生活を心がける」の画像検索結果

出典 | femit magazine(フェミット マガジン) 

日頃から健康的な食生活をおくることが重要ですよ。上記でも記載しましたが、特にビタミンなどを多く摂取していないと、肌は荒れやすくなり、傷つきやすくなってしまうのです。ビタミンの中でも、ビタミンCの摂取がおすすめです。なるべく、野菜中心の食生活を意識しましょう。

8-4.ストレスを溜めずに

日頃から過度のストレス状態が続いてしまうと、お肌によくありません。しっかりと発散することを心掛けましょう。これらは生活習慣を見直すことで回避できますので、正しい陰部のケアを行い、トラブルを未然に防ぎましょう。


1 2 3 4 5 6 7 8 9
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの治し方, ニキビ場所別に対策

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!