治らないニキビはカビかも?顔カビの特徴と対策まとめ

人気の検索キーワード

2.顔カビとニキビの違いは?

それでは、いったいどのようにその肌トラブルがニキビなのか。はたまた、顔カビなのかを見極めると良いのでしょうか。いくつかの見極めポイントがありますので、確認しておきましょう。

出典 |  写真AC 

2.1.炎症のでき方が違う!

一つ大きな炎症ができるニキビに対して、顔カビはそれよりも小さなブツブツが数多く群生しているのが特徴です。ニキビは皮脂腺内でアクネ菌が繁殖、炎症を起こす肌トラブル。そのためニキビには皮脂やアクネ菌が詰まってできた芯があります。

それに対して顔カビは、マラセチア菌というカビが毛を生成する毛包で繁殖し、引き起こす炎症です。そのためニキビに見られるような、芯はありません。

ニキビは芯を出しきってしまうか、小さくなってしまうことで治癒しますよね。ところが、この顔ニキビには芯がありませんので芯を出して治癒することは不可能。また、ニキビのように放っておいても炎症が治ることはありません。

2.2.とにかく治りにくい!

「あれ?このニキビ、何時まで経っても治らないな。」と疑問に思ったら、それは顔カビの可能性が大。顔カビはニキビと違って、時間の経過で治るものではありません。お肌のバランスが再び良い状態へと落ち着くか、薬によってマラセチア菌を撃退するまで、その炎症は残り続けます。

また、一度発生するとおなじエリアに群生したり、治っても再発することが多いため非常に治りにくい肌トラブルとなっています。

2.3.ニキビにはないかゆみがある!

カビによるお顔の肌トラブルには、ニキビでは感じない「かゆみ」を生じるケースが多くなっています。ちょっとのかゆみなら我慢することもできますが、マラセチア菌の引き起こすかゆみは強く、かゆみ止めを塗っても効かない場合が多いようです。

お顔に湿疹のような炎症が起き、やたらとかゆみを感じるというときには、ニキビではなくカビによる炎症を疑ってみてください。


1 2 3 4 5 6
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの原因, ニキビ知識

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!