治らないニキビはカビかも?顔カビの特徴と対策まとめ

人気の検索キーワード

4.顔カビの予防法は?

それでは、一体どんな対策をしていれば顔カビによる炎症で悩むことがなくなるのでしょうか。顔カビは適切な対処法を行なっていれば、ひどい顔カビ炎症まで悪化してしまうことはありません。顔カビへの正しい予防方法を知って、綺麗なお顔をキープしましょう!

出典 |  写真AC 

4.1.ホルモンバランスを整える

顔カビの元マラセチア菌の急増は、過剰な皮脂分泌を繁殖環境として発生します。そこで大切なのが、皮脂の分泌を正常なバランスへと整えてあげることです。では、皮脂の分泌環境はどのように整えられているのでしょうか。

皮脂の分泌は、男性ホルモンによって促進されています。通常、ホルモンは男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが保たれた状態で、皮脂の分泌もそれに合わせて正しく保たれます。ところが、そのホルモンバランスが崩れると、男性ホルモンが優位の状態へ。皮脂の分泌も過剰になってしまうのです。

そこで、皮脂の分泌状態を正しいバランスで保つために、ホルモンバランスをしっかりと整えておかなければなりません。ホルモンバランスを崩してしまう大きな原因が、ストレス。ストレスを感じると男性ホルモンが多く分泌されてしまいますので、ストレスは適度に発散し溜めないようにしておきましょう。

4.2.体の免疫を整える

先述した通り、多少マラセチア菌が増えたところで体の免疫がしっかりしていれば、顔カビによる炎症がひどくなることはありません。体調が悪いなという時に限って、小さなブツブツがお顔にできるという方もいるのではないでしょう。体調の良し悪しは、顔カビだけではなくその他の肌トラブルにも大きく関係しています。

充分な睡眠と食事をとって体の免疫を整えることは、様々な美肌効果をもたらしますので一石二鳥!顔カビにお悩みの方は、特に体の免疫アップに気をつけて置くようにしておきましょう。

4.3.寝具を頻繁に取り替える

寝具を清潔に保っておくことも、顔にマラセチア菌が増殖してしまう自体を防いでくれます。「寝具なんて頻繁に取り替える必要があるの?汚れがたまるの?」と疑問に思っている方もいるかもしれませんが、睡眠中に人間は大量の汗をかきます。

特に汗をたくさんかく夏は、だいたい200ml〜600ml。多い人では一リットルもの寝汗をかいています。それだけの汗が染み込んだシーツを変えずに使い続けていると、雑菌の良い繁殖環境に。特に一晩中お顔をつけている枕カバーには、要注意が必要です。

少なくとも週に二、三回。熱帯夜で寝汗をかいたときには毎日にでも取り替えるように心がけましょう。


1 2 3 4 5 6
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの原因, ニキビ知識

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!