口周りのニキビの原因は?ヘルペスとの違いと3つの対処法

人気の検索キーワード

いろいろなケアを試したけれど口の周りにできるニキビがなかなか治らない!と悩んだことはありませんか?

他の場所にできるニキビより目立つので周りの人の視線が気になる方も多いかもしれませんね。

口周りのニキビってホルモンバランスが悪い時になりやすいことが多いんですよね。

そして口周りはデリケートでニキビができやすいこと、そして胃腸の疲れがニキビとして現れる特徴があるため、一度治ってもまた繰り返しできるので根気強くニキビケアをする必要があります。

また、男性にとっても口周りは髭剃りの影響で荒れやすいため、多くの男性を悩ます肌トラブルのひとつでもあります。

正しい知識を得るためにも、『唇ニキビの原因は内臓?ヘルペスとの5つの違いと治し方』も合わせて読んで下さい。

口周りにできたニキビは本当にニキビなのか、それともヘルペスなのか判断が難しい時もありますので、今回は口周りにできるニキビの原因やケアの仕方、そして症状がとても似ているヘルペスとニキビの違いについて詳しく解説させていただきたいと思います。

この記事を参考に口周りニキビとヘルペスの違いについて正しい知識を得ましょうね!

目次

1.口の周りはニキビができやすい!
1-1.乾燥のしすぎがニキビの原因に
1-2.口周りは傷つきやすくデリケート

2.口の周りにニキビができてしまう4つの原因
2-1.胃腸の疲れや便秘
2-2.乾燥
2-3.外部からの刺激
2-4.ホルモンバランスの乱れ

3.口の周りのニキビとヘルペスの違いは?
3-1.ヘルペスとは
3-2.口の周りのニキビとヘルペスの見分け方

4.口の周りにニキビを治すための対処法
4-1.食生活を見直す
4-2.しっかりと保湿する
4-3.髭剃り・シェービングは丁寧に

5. まとめ

1.口の周りはニキビができやすい!

img-main

出典 |口周りや顎にできる痛いニキビの原因は_ 有効な対策は? _ メルライン/リアルビューティーケア

実は口の周りは、肌の性質からニキビができやすい部分となっています。一つは、顔の中でも口の周りが乾燥しやすいため。冬になると唇が乾燥したり、口の周りがカサカサになってしまう人も多いかと思います。さらに、口の周りの皮膚はとてもデリケートになっていて、傷つきやすく炎症を起こしやすい部分でもあるんです。

1-1.乾燥しやすい口周り

乾燥はニキビとは無関係に思えますが、ニキビができる原因には皮脂の出過ぎ乾燥のし過ぎ、大きく分けて二つあるんです。

まず皮脂が過剰分泌すると、毛穴詰まって皮脂が溜まり、そこでニキビの原因菌であるアクネ菌が増殖します。脂性肌の人はこちらの原因であることが多いです。ならば乾燥していればニキビができないかというとそういうわけでもなく、乾燥しすぎることでそれを補うために皮脂が過剰分泌し、最終的にニキビができる原因に繋がってしまいます

1-2.傷つきやすくデリケートな部分

口の周りの皮膚はとてもデリケートで傷つきやすく、特に髭剃りをする時には注意したい部分です。口や鼻などがあり剃りにくく、気付かないうちに小さな傷を作っていることも。さらに、スキンケアをする際に見落としやすく、十分に保湿できていない可能性もあります。

手や髪が触れたり、食事の時に油などが付着しやすい部分なので、知らず知らずのうちにニキビができる原因を作ってしまっているかもしれません。


1 2 3 4 5
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビ場所別に対策

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!