唇ニキビの原因は内臓?ヘルペスとの5つの違いと治し方

人気の検索キーワード

ニキビができるだけでブルーな気分になってしまいますが、唇にニキビができた経験はありますか?

ニキビは毛穴がつまることが原因でできるのですが、唇には毛穴がないため皮脂がつまることもありません。ということはこれは一体何なのか、気になりますよね!


厳密にいうと唇ではなく「唇と肌の境目」にできるものは唇ニキビと呼ばれますが、それはニキビではなく「口唇ヘルペス」である場合もあり、正直なところ見分けるのが難しいとされています。

この唇ニキビができる原因は様々あるのですが、内臓からのサインといわれています。唇ニキビは一度できると歯磨きや髭剃りなどの日常生活にも影響が出るためとても厄介です。

唇ニキビの原因や予防法は『唇付近にできるニキビの4つの原因と3つの予防法とは!?』でも紹介しています。合わせて読んでみて下さい。

今回は唇ニキビの原因や正しい治し方、口唇ヘルペスとの見分け方などについて詳しく解説させていただきたいと思いますので、唇と肌の境目にニキビができやすい方はぜひ参考にしてください。

目次

1.唇にニキビができる原因ってなに?
1.1食生活が乱れてる
1.2リップクリームや口紅の使用の仕方
1.3睡眠時間が短い!
1.4ホルモンバランスが乱れてる!
1.5汗をかいたた時の処理
1.6男性は髭剃りが危険

2.唇ニキビができる意味を知ってる?
2.1体内からの危険サインが出てる!
2.2体が冷えている・抗生物質の長期服用

3.唇ニキビがかゆい!

4.唇の白いニキビってなに?
4.1唇の白いニキビは治すのが簡単!
4.2.唇の白ニキビの治し方を教えて!

5.唇ニキビが腫れてきた!
5.1ニキビじゃなくてヘルペスかも?
5.2ニキビは白い芯・ヘルペスは水ぶくれの集団!
5.3ニキビとヘルペスの特徴は?

6.唇ニキビの治し方を教えて!
6.1潰しても大丈夫?
6.2ニキビの芯は出さない!
6.3唇ニキビは体内を治す!

7.ニキビ跡やヘルペス跡を残さないようにするには?
7.1唇ニキビ跡を残さない!て
7.2ヘルペス跡を残さない!

8.まとめ

 

 

1.唇にニキビができる原因ってなに?

出典 |お肌のトラブルニキビ・かゆみ【美肌になるための豆知識】  

唇ニキビに限らず、ニキビができる原因には共通した原因がたくさんあります。そもそも、ニキビができる第一の過程は、過剰な皮脂の分泌、肌の乾燥があります。

その2つを起こしてしまうことが、ニキビをつくる原因になるのです。人が生きていく中で、人はそれぞれの生活があり習慣もあります。その生活の中で日々している行動が皮脂を過剰に分泌させてしまったり、乾燥肌を招いていしまったりしているのです。

ご自分の生活の中の習慣がこのような原因をつくっているのか、もう一度確認してみましょう。そして、ニキビをつくる原因になる生活をしているようであれば、その習慣を改善していきましょう。

唇ニキビになる原因について説明してまります。唇ニキビができる方は、原因の知識を得るようにしましょう。原因が分かれば改善ができます。

1.1食生活が乱れてる

食べる物の好き嫌いが多く、食事で摂取する栄養のバランスが偏っていることや、就寝前に食事をすること、外食やコンビニの弁当などで食事をすませている人、油物や甘い物をいつも食べている人などは、食生活が乱れているため、胃腸に大きな負担をかけています。

胃腸や肝臓など、消化に関係する器官に負担をかけることで、内臓機能が低下を起こします。つまり、内臓が疲れている状態になるのです。

胃腸が疲れを感じると、消化吸収の機能が下がり、摂取したものが消化がしきれなく、余った栄養素が毒素となり体内に留まる(便秘)ことや、吸収しなくてはいけない栄養素が届かず、肌の機能を低下させてしまうことで、ニキビが現れるようになります。

また、肝臓が疲れてしまうと、せっかく吸収した栄養素が肌に届けることができなくなります。更に肝臓が疲れてしまうと、血液をキレイにする働きが低下して、ドロドロの老廃物の多い血液になるため、血行が悪くなり肌の代謝を悪くさせニキビの原因になります。

食生活が乱れている方は、ニキビをつくる原因になっているため、栄養のバランスの良いものを食べる、食事時間を調整するなどを気をつけましょう。

また、食事が終わったあとは、唇の汚れをゆすぐ、柔らかいティッシュで拭くなどをして、清潔に保つように心がけましょう。唇周辺に食べた物がついた状態でいると、唇と肌の境目の毛穴に汚れが詰まってしまい、ニキビの原因になります。

1.2リップクリームや口紅の使用の仕方

出典 |チャーミー  

メイクをして帰ってきてから、口紅をキレイにしっかり落としていないことが意外と多いのでは。口紅以外にもリップクリームを頻繁に塗る人がいますが、口紅やメイク用のリップクリームには、油分の成分が多く含まれているので、落とし忘れや、塗り過ぎはニキビの原因になります。

また、最近では、リップペンシルで唇の輪郭を取り、グロスを塗るメイクもあります。リップペンシルは唇の際にラインを入れるため、落とし忘れがあると、唇と肌の境目の毛穴に汚れとして入り込んでしまい、ニキビの原因になります。

グロスを唇に塗ることは、唇に負担をかける一番といわれます。グロスは口紅やリップクリーム以上に油分の成分が多いアイテムです。ニキビが唇にできている時のリップペンシルとグロスの使用は控えるようにしましょう。

1.3睡眠時間が短い!

肌の再生は眠っている間におこなわれます。成長ホルモンが分泌され、新陳代謝をおこないます。そのため、睡眠不足であると、代謝が十分におこなわれなくなるため、肌の乾燥を招きます。

すると、皮脂が乾燥を補うために分泌をします。それにより、皮脂の過剰な分泌になり、毛穴に皮脂が詰まりニキビの原因になります。唇の周りは乾燥しやすい箇所のため、皮脂の分泌も多くなり、ニキビができやすくる箇所でもあります。

睡眠不足は、肌のターンオーバーを狂わせしてしまうので、肌の天敵になります。十分な睡眠をとることと、質の高い睡眠をとるようにしましょう。

1.4ホルモンバランスが乱れてる!

ホルモンバランスの乱れは、ストレスや女性の生理前に起こります。

過剰なストレス受けると、自律神経を司る交感神経と副交感神経のバランスが乱れてしまいます。また、女性の生理前は、女性ホルモンである、卵胞ホルモンと黄体ホルモンのバランスが乱れます。

これらのホルモンバランスが乱れることで、男性ホルモンが優位に立ち、皮脂の過剰分泌を招き、毛穴に皮脂を溜めニキビを作りやすい肌にしてしまいます。

女性が生理前になると、ニキビが増えたり、悪化するのは、男性ホルモンが優位に立つからなのです。皮脂の過剰な分泌はニキビの最大の原因でもありますので、男性ホルモンを優位にしないような生活を過ごすようにしましょう。

ストレスをため込まないように、発散する趣味などを探し改善していきましょう。

1.5汗をかいたた時の処理

スポーツをされる方で、汗をかいて肌に浸透するため、しっかり対策を取らないとニキビをつくる原因になってしまいます。これは唇だけのことでなく、肌全体に関していえることです。唇も肌の一部であるため、例外ではなく他の肌と同様にダメージを受けています。

運動に限らず、汗をかいたら唇も拭くようにしましょう。強く擦ってしまうと、皮膚を傷めてしまうので、やさしく抑えるように拭き取りましょう。

運動した時やそれ以外でも汗をかくことは、たくさんあります。良く鼻の下に汗をかいている人がいますが、そのような汗も唇と肌の境目の毛穴に影響が起こる可能性があるため、しっかり汗を拭きとることで、唇ニキビを防ぐことができます。

1.6男性は髭剃りが危険

出典 |WELQ [ウェルク] | ココロとカラダの教科書  

男性は髭剃りでニキビをつくってしまう原因になると、よくいわれますが、髭剃りでなぜニキビができてしまうのかご存知ですか。

男性が髭剃りでニキビができてしまうのは、カミソリ負けが原因といわれます。そのため、カミソリで髭を剃っている方は注意が必要です。髭を剃る時に刃が肌の表面の細胞までを一緒に剃ってしまうため、肌に小さな傷をたくさんつくります。

その傷から菌が繁殖してしまい、炎症を起こし肌に大きな負担を与えるため、ニキビの原因になるといわれます。髭剃りは。唇と肌の境目までを剃るため、唇ニキビの原因です。

唇ニキビを解消するためには、カミソリでの髭剃りを避けて、電気シェーバーを使用することをおすすめします

また、女性も気をつけなくてはいけないのは、カミソリでの産毛処理です。男性同様、唇と肌の境目をカミソリで剃るため、やはり唇ニキビをつくりやすくしてしまいます。

ニキビができてるときの髭剃りも、ニキビを増やす、ニキビの悪化などを招きますので注意しましょう。


1 2 3 4 5 6 7 8
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの原因, ニキビの治し方, ニキビ場所別に対策

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!