口周りのニキビは体の内部からくる?食生活の関係とその治し方まとめ

人気の検索キーワード

20歳を過ぎるとニキビの発症部位が下へ移行する傾向があることを耳にしたことはありますか?

思春期ニキビは主にTゾーンやフェイスラインにできやすいと言われていますが、口周りにできるニキビは大人ニキビの典型とされています。

また、口周りにできるニキビは繰り返しできて、なかなか治らないので悩んでいる方も多いはず!

頬やおでこにできるニキビと違い、口周りのニキビは髪の毛でも隠しにくかったり、無意識のうちに触ってしまうこともありますよね。

生活習慣や食生活を見直すことももちろん大切ですが、正しい洗顔方法を身につけたり、適度な運動も取り入れたりすることで口周りにできるニキビを予防することができますよ!

今回は口周りにできるニキビの原因や適切なケアの仕方を詳しく解説させていただきたいと思いますので、口周りにできるニキビをきれいに治したい!と思っている方はぜひ参考にしてくださいね。

口周りのニキビの対処法については『口周りのニキビの原因は?ヘルペスとの違いと3つの対処法』でも紹介していますので、合わせて読んでみてください。

目次

1.口周りにできるニキビはホルモンバランスの不安定のせい?

2.口周りは体調不良が顕著に現れている?抵抗力の低下がニキビへ
2-1.口周りはニキビだけでなくヘルペスもありえます!
2-2.乾燥しやすい箇所なので保湿は念入りにしましょう
2-3.洗顔は正しくできていますか?すすぎ残しもニキビの原因に!
2-4.女性の場合は生理前後に注意!

3.生活習慣の見直しを優先!適度な運動もしましょう
3-1.刺激物はNG!口周りは意外と敏感?
3-2.油分の少ないファンデーションや保湿も
3-3.冷えはなるべく改善!内側から暖めよう
3-4.睡眠時間を確保すること!

4.まとめ

1.口周りにできるニキビはホルモンバランスの不安定のせい?

「口周りにできるニキビはホルモンバランスの不安定のせい?」の画像検索結果

出典 | ニキビに悩メル子┃ニキビ改善に役立つ情報をお伝えしています! 

ニキビが治ってもすぐに新しいニキビができることを繰り返していると、いつまでたっても口周りニキビを治すことができません。この口周り(鼻の下・あご周辺)のニキビの原因としては、生活習慣に何らかの問題があるからと言えます。口のまわりに吹き出物ができると、話すたびに患部が気になって、とても不快ですよね。

 

口周りにニキビや吹き出物が繰り返しできてしまう原因は何なのでしょう?皮脂の分泌が過剰でホルモンバランスが変化しやすい思春期は、おでこなどTゾーンにニキビができやすいのですが、口の周りや顎などいわゆるUゾーンと言われるところにできる吹き出物やニキビは、大人になってからできることが多いとのこと。

 

特に、思春期のニキビの場合には、ホルモンバランスが変化して皮脂の分泌が多くなる一定期間、ニキビができにくい状態を抗生物質の薬や皮脂を取り除くスキンケアを続けていれば、第二次性徴が終わり、ホルモンバランスが正常に戻り、皮脂の分泌量が落ち着いてくれば新しいニキビができなくなります。

 

それでニキビが治るのですが、一般的には吹き出物と表現されるような大人になってからも繰り返し出来続ける口周りニキビの場合には、体の中の原因を無くさない限り、いつまでも繰り返して、常に口周りにニキビや吹き出もができている状態になってしまいます。まずは、体の中の原因を見つけることが口周りニキビの治し方の第一歩になります。

 


1 2 3 4
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの治し方, ニキビ場所別に対策

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!