口元にできるニキビは乾燥が原因?乾燥を防ぐケア法と予防法まとめ

人気の検索キーワード

ニキビは顔のいろいろな部位にできますが口元にできるニキビはわりと目立つ場所にありますし、気になってついつい触ってしまったりしますよね。

口の周りに出来るニキビは「大人ニキビ」の典型と言われています。

一般的に「ストレス・寝不足・胃腸が弱っている」ことが原因で口元にニキビができやすいとされていますが、「乾燥」が根本的なニキビの原因なので乾燥しない肌作りをしなくてはニキビは治りません!

10代の頃にできるニキビとは異なり、一度治っても繰り返しできてしまう口元ニキビ。

今回は口元にできるニキビの原因や肌の乾燥を防ぐケアの方法を詳しく解説させていただきたいと思います。

原因や改善法については『口元のニキビはなぜできる?原因と正しいケア法まとめ』でも紹介していますので、合わせて読んでみて下さい。

口元のニキビの原因や正しいケアの方法を理解してニキビをきれいに治しましょう!

 

目次

1.そもそもニキビはアクネ菌が原因であることがほとんど!
1-1.ニキビは年代で違うの?あなたの年代は?

2.口元は皮脂線がないのになんでニキビができてしまうのか
2-1.口元は紫外線にも弱い?
2-2.口呼吸のせいで口元にニキビができてしまうことも!
2-3.口元は食べかすがついていませんか?汚れが付着している!
2-4.摩擦による極度な感想と水分不足!ゴシゴシと触るのはNG!

3.口元もターンオーバーに気を遣うこと!
3-1.生活習慣による乾燥が多い!そのせいで肌の生まれ変わりがおかしくなっている?
3-2.ターンオーバーは早すぎてもよくない!
3-3.唇の汚れから口元へ行くことを阻止しましょう

4.まとめ

1.そもそもニキビはアクネ菌が原因であることがほとんど!

「口元ニキビはアクネ菌が原因であることがほとんど!」の画像検索結果

出典 | LIFE SAVER 

アクネ菌は、皮脂を栄養として増えていきます。すべての方の皮膚にいる「常在菌」なんですよ。このアクネ菌は嫌気性菌なので、皮膚表面ではなく皮脂腺などにいる常在菌で、皮膚すべてにいるものです。通常は肌を弱酸性に保ちながら肌自身を守るように働き、免疫によって、ある程度の数に抑えられているんですね。

 

しかし、何らかの原因で肌の免疫バランスが崩れると、アクネ菌は猛烈なスピードで繁殖し、ニキビができてしまいます。毛穴が詰まっている状態であれば、皮脂を材料に増殖してしまいます。ニキビの出発点は、毛穴が詰まって皮脂が溜まり、アクネ菌が過剰に繁殖してしまうこと。

 

毛穴が詰まることが原因でニキビができるのですが、特に皮脂の分泌が多い部位で発生しやすいと言われています。皮脂の分泌量が過剰になるにはホルモンの影響が非常に高く、特に男性ホルモンが重要な要素です。

1-1.ニキビは年代で違うの?あなたの年代は?

例えば思春期のニキビは、体が成長する際のホルモンバランスの変化が大きな要因となっています。大人ニキビもホルモンバランスの乱れによって発生します。このホルモンバランスの乱れは、ストレス、睡眠不足、日常生活の乱れ、などなど様々な要因によって起こります。

 

しかし、皮脂の量が多くなっても皮膚のターンオーバーが正常で毛穴がつまらなければ、ニキビにならないはずです。皮脂の量が多くても、排出が正常に行われば毛穴は詰まりませんが、皮膚の代謝が悪ければ、皮脂の量が少なくても詰まってしまいます。

 


1 2 3 4
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの治し方, ニキビ場所別に対策

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!