黒ニキビは治りにくい?原因と正しい治し方を教えます!

人気の検索キーワード

目立つ黒ずみがポツポツできる「黒ニキビ」。

女性ならファンデーションで一時的に隠すことはできますが、時間が経つとさらに目立ってしまうので気になりますよね。

また、黒く色づいているのでニキビの状態が進行していると考える方は多いと思いますが、実はニキビの初期症状なのです!

白ニキビが少し進行した状態の赤ちゃんニキビのひとつが黒ニキビです。黒ニキビは早めにケアをすることによってきれいに治すことができますのでご安心くださいね。

黒ニキビは、皮脂や汚れが毛穴から肌の表面にでてきて、空気に触れ酸化してしまうことが原因と言われています。

一度できてしまった黒ニキビは治りづらく早く治したくても治りが遅いため、一度できてしまうとかなり厄介です。

特に顔の中でも鼻、小鼻が黒ニキビができやすいです。イチゴ鼻って聞いたことありませんか?イチゴ鼻も毛穴のつまりが酸化し黒ずんだものなのです!

黒ニキビを治すためにも、『黒ニキビは気づかないうちにできる?肌の酸化との関係性とは』も合わせて読んで下さい。

今回は、もう二度と黒ニキビを作らないために黒ニキビの原因や予防対策などをわかりやすく解説させていただきたいと思いますので、黒ニキビにお悩みの方はぜひ参考にしてください。

 1.黒ニキビの原因とは?

16

黒ニキビは、白ニキビから少し悪化した状態のニキビのことです。
白ニキビで毛穴につまっていた汚れや脂肪酸やアクネ菌が酸化して黒くなっている状態です。
治りづらいイメージの黒ニキビも実は初期段階なので、早めの予防・対策でできるだけ早く治すことが可能なんです!

1-1そもそも黒ニキビってどんな状態?黒ニキビと白ニキビの違い

白ニキビと黒ニキビは同じめんぼうと呼ばれるニキビだけど、毛穴の状態や色があるかないかなど少し状態が異なるニキビです。
では具体的に白ニキビと黒ニキビはどう違うのか紹介していきます。

黒ニキビは、白ニキビがすこし悪化した状態のこととご紹介しましたが、白ニキビと黒ニキビはそもそもどう違うのか。
黒ニキビになってしまう可能性のある白ニキビはどういった状態のニキビのことをいうのかを知っておく必要があります。
白ニキビの原因を知りなるべく作らなくすることで、黒ニキビも必然的に減ってきます。

まず、白ニキビとは、「閉鎖めんぼう」とも呼ばれているニキビで、毛穴に皮脂や細菌や汚れなどが詰まっているだけの状態の、初期のニキビでポツポツとでてくるニキビのことです。
白ニキビは超初期段階のニキビなので、アクネ菌などによる炎症はまだ起こっておらず、痛みのない赤味などのない色がないニキビの状態です。
つまりは、白ニキビは毛穴が詰まった状態で上に皮膚がかぶさっているだけの状態なのです。
一方、黒ニキビは、「開鎖めんぼう」と呼ばれているニキビで、白ニキビと同じくめんぼうと呼ばれているニキビです。
ですが黒ニキビは開鎖めんぼうという名前の通り、毛穴が閉じてしまった状態の白ニキビとは反対に、黒ニキビは毛穴が開いている状態のニキビのことです。
黒ニキビも白ニキビと同じく、炎症などは起こしておらず、白ニキビが少し悪化し肌の表面に黒くボツボツと目立つ状態が黒ニキビです。

1-2黒ニキビへと悪化する白ニキビができる原因

そもそも白ニキビと黒ニキビはどうしてできてしまうかというと白ニキビが黒ニキビに変化していくのでできてしまう原因は同じです。白ニキビができてしまう原因を紹介していきます。

 

前述のとおり、黒ニキビは白ニキビが重症化してしまった状態ということはお分かりいただけたでしょうか?

ということは、必然的に白ニキビができにくいまたはできなければ黒ニキビになることも少ないということですので、白ニキビをなるべく作らないということが重要です。

黒ニキビの原因となる白ニキビの原因をまず紹介していきます!

 

まず、白ニキビができてしまう原因としては、毛穴が詰まってしまっていることが原因です。

毛穴がつまってしう原因はさまざまあります。

まず第一にスキンケアの方法を間違えていることです。

スキンケアを間違えた方法で行うと、乾燥してしまい、皮脂の分泌が過剰になってしまうことがあります。過剰に分泌された皮脂は毛穴につまってしまい、黒ニキビの原因となる白ニキビができてしまいます。

また同じスキンケアでも逆に洗顔が不十分で汚れをしっかり落とさないと、汚れが毛穴の中につまってしまって黒ニキビの原因となる白ニキビにもなります。

スキンケアでいうと、しっかりと汚れを落とす洗顔は重要です。ですが洗いすぎてしまったり洗ったあとに保湿をしっかりと行わないと白ニキビの原因になるということです。

スキンケア方法などは変更しておらず、「最近黒ニキビが増えてきたな~」と原因がわからないで白ニキビができ黒ニキビになってしまっている方の黒ニキビができてしまう原因として考えられるのは、生活習慣と加齢による原因です。

まず、生活習慣が原因の場合は、ストレスや食生活の変化が考えられます。

ストレスは肌に悪いのはもちろんですが、食生活の変化も、もちろん肌への影響は大きいのです。

さきほどから白ニキビや黒ニキビができてしまう原因として皮脂などの汚れがつまってしまうことを原因として紹介してきましたが、ファーストフードや揚げ物などの油を使った食事を摂ることが多くなると、必然的に肌の皮脂の分泌も増えます。皮脂の分泌が増えると毛穴につまることも多くなるので、黒ニキビの原因となる白ニキビができやすくなってしまうんです!

1-3白ニキビが黒ニキビに悪化してしまう原因

白ニキビは、毛穴の中に皮脂や汚れが詰まってしまうことが原因とご紹介しました。黒ニキビは、この詰まった汚れや皮脂が毛穴の表面にでてきて、空気に触れて酸化してしまうことが原因です。

例えば自転車などでも雨に濡れて空気に触れて酸化してしまうと、茶色や黒色のサビになってしまいますよね?

それと同じことが肌でも起きていて、黒ニキビは毛穴の表面にでてきた皮脂や汚れなどがふさがっていた毛穴の表面にでてきて、空気に触れて皮脂や汚れなどが酸化してしまうことで黒ニキビになってしまうんです。


1 2 3 4 5 6
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの種類別に対策

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!