マスクはニキビを悪化させる!?その理由と対策3つ!

人気の検索キーワード

花粉の季節やインフルエンザなどの病原菌が飛び交う季節になると、予防のために欠かせないのがマスクですよね。マスクをしていると病原菌から守ってくれるだけではなく、体温が少しだけ上がることでも体を守ってくれます。

しかし、サイズが合っていないものを使用していたり、間違った使い方をしていると肌の負担になり、ニキビが発生してしまうことも…。マスクを長時間つけているとマスク内がなんだかクサ~イにおいがすることもありますよね。

実はそれは「バイキン」が原因だったのです。そのバイキンに打ち勝つために、どうしてマスクをしているだけでニキビが出来てしまうのかという理由とマスクによるニキビへの対策を見ていきましょう。

ニキビとマスクの関係についてもっと知るなら『マスクでニキビを隠すのはNG!マスクとニキビの関係まとめ』でも紹介しているので合わせてご覧ください。

この記事を読んで正しくマスクを使用し、ニキビのない健康な肌を目指しましょう。

目次

1. マスクしたらニキビが出来た!なぜ?
1-1. 摩擦で肌が傷ついている
1-2. バイキンが増殖している

2. どうしてもマスクが必要ならこの対策3つ!
2-1. マスク選び&付け方が大切!
2-2. こまめに空気の入れ換えする
2-3. マスク着用前後はしっかりスキンケア

3. パックマスクはおすすめ♪
3-1. これも使い方には注意!

4. まとめ

1. マスクしたらニキビが出来た!なぜ?

花粉から身を守るためにしたはずのマスクのせいで大きなニキビがぷつっと顎や頬、口周りに出来てしまうと守られているんだか違うのかやるせない気持ちになってしまいますよね。

顔のニキビはアクネ菌が原因で出来ますが、どうしてマスクをするとニキビが出来てしまうのでしょうか

それはずばり、マスクが肌を傷つけ、その傷ついた部分のバリア機能の低下によりバイキンから守るチカラが失われ、菌が増殖し、ニキビになってしまうのです。

幼い頃は綿などの布製のマスクをしていた方もいるかもしれませんが、今では100円ショップでも手に入りますし、大容量でも安く手に入るようになりました。

安く手に入るからこそ、気軽に顔につけてしまうマスクですが使い方によっては、あなたの肌を傷つけてしまっているのです。

マスクによって、肌にニキビが出来てしまう原因を2つ、詳しく見ていきましょう。

1-1. 摩擦で肌が傷ついている

多くの方が使用しているマスクは、不織布タイプを使っていますね。以下の画像のようなマスクです。

出典 | dot. 

まれに絹や綿のマスクを使っている方もいるかもしれませんね。

どちらを使っていたとしても、皮膚へ刺激を与えるのに変わりはありません。

まず、肌は何かがすれるだけで簡単に傷ついてしまうほど弱いものです。ですから、顔にピッタリくっつくタイプのマスクを使用していると、不織布タイプでなくても、絹や綿のマスクであっても、肌への刺激は変わりません

日ごろから規則正しい生活をし、栄養バランスの整った食事を取ることが出来ていればそのような刺激は、少なく済みます。しかし、日々のストレスを溜め込んだり、不摂生な生活をしていると皮膚のバリア機能が低下しているのです。

出典 | ナチュラルウェブ 

ですから、どちらのタイプを使っていたとしても顔にピッタリつき、刺激を与えるものは良くないのです。肌に刺激を与え、肌を弱らせる原因になってしまっているのです。

綿や絹のマスクは、肌に良さそうな気持ちがしますがそうではないこともあります。詳しくは、次の1-2.で紹介しているのでチェックしてみてください。

1-2. バイキンが増殖している

肌に合っていないマスクを着用していると、皮膚を傷つけてしまいますね。その傷ついた場所では、バイキンから肌を守る機能が低くなってしまっています。

また、同じマスクを1〜2日ずっと着けているのもよくありません。肌にあっていない上に、長時間使用しているとバイキンがマスクに繁殖してしまう可能性もあります。そのマスクでずっと過ごしていると考えると・・・。どうなるかはもう皆さんが想像している通りですね。

そのように弱っているスキにニキビを誕生させるきっかけとなるアクネ菌が肌に入り込んでしまうのです。

アクネ菌などのバイキンはじめじめと湿っているところが大好きです。マスクをしていると自分の息によるスチーム効果で、肌がしっとりすることがありますよね。

たしかに保湿効果を出してくれるという良い点もマスクにはあるのですが、1枚のマスクを何日も使用していたり、マスクの中がムレたままにしておくとバイキンが増殖する原因になってしまうのです。

出典 | IllustratorWorks 

また、この時には既に肌のバリア機能が下がってしまっている可能性が高いため、ニキビが出来やすくなってしまうのですね。ニキビを防ぐには、身の周りの物を全て清潔にしておく必要がありますが、それはマスクも同じなのです。

特に綿や絹のマスクは通気性が悪く、じめじめとした環境を造りやすくなっています。

下着は毎日取り替えるのに、どうしてマスクは取り替えないのでしょうか?ムシムシしているところほど、バイキンが増えやすいということを頭に入れておきましょう。


1 2 3 4
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの原因, ニキビ知識

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!