マスクでニキビを隠すのはNG!マスクとニキビの関係まとめ

人気の検索キーワード

3.マスクをつけているとニキビができやすくなる理由

出典 | 大人ニキビに人気の洗顔料!予防のためにおすすめの洗顔は  

マスクはとても便利なアイテムで風邪や花粉はもちろん、朝寝坊してメイクができなかった時などにすっぴん隠しで使えるアイテム。でも、不思議なことに風邪が流行る時期にはニキビで悩む女性が多いそうです。

前途の説明では、マスクしてもニキビになることはないと説明しましたが、使い方によっては、マスクをしているところだけニキビができたという説があるのです。すっぴん隠しなどで一時的につける場合は問題はないようですが、毎日一日中マスクをつけている人は注意が必要です。ニキビができやすい原因を抱えているいるこになります。では、マスクをつけているところだけニキビになる人は、こんな原因がありました。説明します。

3.1アクネ菌の増殖

出典 | おい!オイリースキンとニキビスキン  

ニキビの原因菌であるアクネ菌は、風通しのない湿気のあるところが大好きです。また、逆に空気との接触を嫌う「嫌気性」という性質を持っています。湿気があってジメジメしたところでアクネ菌は増殖をします。

マスクを一日中つけている人のマスクの中は、吐息で喉や肌は潤いを保てますが、ムレムレの状態が皮脂の分泌を促しアクネ菌の栄養源になっています。つまり、一日中しているマスクの中は、栄養源になるものが豊富で、空気が停滞しているのでアクネ菌の恰好な住処なのです。

メイクをしている場合には、マスクにメイク付着し油っぽいメイクは、アクネ菌の増殖を加速させてしまいます。このように、マスクを一日中つけている人の肌はニキビをつくりやすい要因があるのです。マスクをしているところだけニキビができるのはアクネ菌の増殖によることが原因であったのです。

3.2肌バリアの低下

出典 |LaM beauty  

最近、一般的に販売されているマスクの生地は不織布(ふしょくふ)というマスクです。不織布のマスクは、原材料を組み合わせて作られていて、厚みや隙間を自由に作りやすいのが特徴です。不織布のマスクは安価で購入できるので人気があるのですが、肌に当たる刺激が強のがデメリットです。複数の材料を組み合わせてつくらているので、ガーゼのマスクに比べると肌ざわりの違いが良くわかります。

それだけ、肌に当たる刺激が強いマスクを一日中つけていることで、肌のバリアが低下してしまいます。肌のバリアが低下した肌は弱い状態になっているので、それを守るために皮脂が過剰に分泌されます。過剰に分泌された皮脂は毛穴を詰まらせてしまいニキビをつくりやすくします。皮脂が詰まった毛穴に細菌や汚れが混ざることで、アクネ菌が増殖して炎症を起こさせ赤ニキビなどをつくります。

3.3抗菌剤

出典 |あずかりしる.ブログ 

最近のマスクには抗菌剤が含まれているマスクが多くなっています。抗菌剤の含まれているマスクは肌荒れを起こしやすいのです。このような薬品を使ったマスクを一日中つけているだけで、肌はどんどん荒れていきます。肌が荒れると乾燥肌のようになり、それを守るために皮脂が過剰分泌をします。過剰にでた皮脂は毛穴に詰まりニキビをつくります。

マスクを一日中つけていることで、肌にはどれだけの負担をかけていることでしょう。それがすべてニキビをつくる原因になっているのです。そして、マスクを一日中つけている人の肌はとても汚い状態になっています。一日中マスクをつけている人は、帰宅したら直ぐにマスクを外し優しく洗顔をして汚れを落とし、ニキビケアを行いましょう。


1 2 3 4 5 6 7 8 9
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの原因

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!