眉毛にニキビができる原因は何?予防する方法と対処法まとめ

人気の検索キーワード

2.眉毛ニキビの原因とは?

眉毛のニキビには以下の10個の原因があるとされています。

眉毛ニキビには、

 アクネ菌

ニキビの原因の1つはアクネ菌という常在菌が発端の場合が多いです。角栓によって出入り口が塞がれた毛穴の中に好んで住みつくことで、増殖が起こってしまいます。油脂を非常に好む習性があるので、皮脂をエサにしてどんどん増えていくのです。ホルモンバランスの乱れが生じているわけですから、女性ホルモン優位の状態を保つことで毛穴収縮、皮脂過剰を防げます。

 前髪の刺激

前髪にも、普段から意外と皮脂や汚れ、細菌が多く付着していることが多いので、髪の毛が肌に触れたりすると、毛穴を刺激し炎症を起こすことがあるのです。おでこや眉は普段から髪が当たりやすい場所ですので、前髪を短くカットしたり、ピンやヘアゴム・カチューシャなどで横にとめたりする必要があるでしょう。

 眉剃り

毛抜きやピンセット等で、眉毛の手入れをしている人がいたら要注意でしょう。毛抜きで毛根から毛を引っこ抜くということは、毛穴が大きく開いている状態になるので、外気の雑菌などが入りやすくなってしまいます。なるべくメイクやお化粧を落とした後、そして洗顔後にすると清潔な状態でできるでしょう。

 眉メイクの刺激

眉ペン、眉マスカラ、眉ブラシなどを使うことがあると思いますが、これらは、眉の下の皮膚を刺激することから眉毛ニキビになりやすいと言われています。肌の相性と考えて選ぶべきでしょう。

 洗い残し

普通に洗顔をした際の泡が、その部位に残っているとこれも眉間ニキビや眉ニキビが発生する原因になります。なるべくすすぎ残しのないようにしましょう。また、洗顔時に何回もすすぐ行為は、肌の乾燥を招く危険性があるので注意。

 胃や腸が弱っている

常に、脂っこいものを好んで食べたり、チョコレートやケーキといった甘い糖質の多い食べ物やスナック菓子を食べていると著しく胃や腸に大きな負担をかけていることになります。

 睡眠不足

睡眠が不足していると、肌の新陳代謝は寝ている時に分泌される成長ホルモンによって行われるため、肌のターンオーバーが正常に働かなくなります。十分に肌細胞に行き渡らないために、ニキビができやすくなってしまいます。

 運動不足

運動不足が続くと、筋力が落ちて代謝が悪くなってきます。そのせいで、体内に発生した老廃物が上手く体外に排出したりすることが難しくなってくるため、肌にも影響が出てくるのです。

 ストレス

強いストレスを感じると、体内の自律神経が乱れ、ホルモンバランスも崩れてしまう要因になってしまいます。そのせいで、皮脂が正しく代謝されなくなると、詰まった毛穴に皮脂が溜まり、その皮脂の中で悪玉アクネ菌が増殖して炎症を起こすと、ニキビが発生してしまうのです。

 お酒の飲みすぎ

お酒の飲みすぎで、栄養素が不足すると、オイリー肌になりやすく、ますます眉ニキビを悪化させてしまうことにつながります。さらに、お酒を飲むと睡眠の質が落ちると言われています。なので、肌のターンオーバーが機能しなくなり、毛穴が塞がる確率も高くなるのです。

 

ここでは、眉毛のニキビができる原因を詳しくご紹介して行きます。

皮脂はニキビを作る大きな原因だったりもします。眉毛はそんな皮脂が溜まりやすい場所だったりもするので、それが原因でニキビができてしまっている可能性があります。ですので、その場合はまずこの部分を清潔に保ってあげることが大切です。ここで、眉毛ニキビの原因を詳細にみていきましょう。

2-1.アクネ菌が原因

「アクネ菌が原因」の画像検索結果

出典 | 日本メナード化粧品株式会社 – メナード 

顔にできるニキビの原因の1つはアクネ菌という常在菌になります。ニキビ菌というのは常在菌の一種で、すべての人の皮膚に住んでいるものです。だからといって、100%ニキビを発症するわけではないのです。アクネ菌、マラセチア菌といった細菌が増殖すると、赤く腫れて炎症を起こす赤ニキビが発生してしまいます!アクネ菌を善玉菌として体に常在させることがニキビを予防することになりますが、そのためには、体の中から健康な状態でいる必要があるのですね。いくつかの条件が揃わなければ、原因菌が毛穴の炎症を引き起こすことはありません。

 

また、特徴として、ニキビの原因菌であるアクネ菌、マラセチア菌はいずれも嫌気性と呼ばれる性質を持っており、空気に触れることを苦手としているのです。つまり、空気に触れやすい環境では増殖することがないのです。角栓によって出入り口が塞がれた毛穴の中に好んで住みつくのは、この性質があるからなのです。加えて申すと、ニキビ菌は好脂性という特徴もあり、油脂を非常に好むものです。人の毛穴の中にはどんどん皮脂が溜まっていきますから、まさに原因菌にとって最適の環境になってしまいます。

 

また、外気やなんらかの要因によって、乾燥が引き起こり、角質層の水分が失われるとラメラ構造を維持できなくなり、肌のバリア機能は著しく破綻し、角質がバラバラとはがれ落ちるようになってしまうのです。さらに、詰まった毛穴に大量の皮脂分泌が起こるのは、男性ホルモンと乾燥の両方が原因だと言われています。この、男性ホルモンには皮脂分泌を促す作用があり、乾燥によって角質層のバリア機能が低下すると、肌を保護するため表面に皮脂膜を張る性質があります。こうして、ニキビ菌の異常増殖に最適な環境を構築してしまうのです。

 

ホルモンバランスの乱れが生じているわけですから、女性ホルモン優位の状態を保つことで毛穴収縮、皮脂過剰を防げます。これはつまり、男性ホルモンはストレスを感じたときに分泌されやすくなりますから、精神面、環境面を含めてストレスフリーな生活習慣にシフトすることが必要です。また、保湿ケア、女性ホルモン優位を導く生活習慣などをを実現できていれば、肌にそれだけのニキビ菌が生息していようと、ニキビが多発することはまず、ありません。

2-2.前髪の刺激が原因

「前髪の刺激が原因」の画像検索結果

出典 | 2016 しつこい大人ニキビを治す方法!繰り返さないニキビ予防法 

特に、男女とも前髪が長い人は、眉間や眉ニキビができると目立つのでついつい隠してしまう人も多いのではないでしょうか。しかし、この前髪による刺激が眉や眉間ニキビを悪化させている可能性があります。実は前髪にも、普段から意外と皮脂や汚れ、細菌が多く付着していることが多いので、髪の毛が肌に触れたりすると、毛穴を刺激し炎症を起こすことがあるのですね。花粉もそのひとつになります。

 

なるべく前髪が長くて眉や眉間のところが隠れる人は、前髪を短くカットしたり、ピンやヘアゴム・カチューシャなどで横にとめたりする必要があるでしょう。もしも、すでに眉毛に赤ニキビがあり、そこに前髪が当たっていると、益々炎症が悪化して、後にクレーターや色素沈着のニキビ跡も残ってしまう可能性がでてくるので、注意が必要です。

 

また、髪の毛を洗ったときに流しきれなかった微量の整髪料が、顔に付いた状態でいると、肌に悪影響を及ぼすことがあります。微量であっても毛穴に入り込めば毛穴がふさがってしまいニキビができやすくなる環境が作られるのです。特に、おでこや眉は普段から髪が当たりやすい場所ですので、意識したいところです。

 

他にも、枕や寝具など日頃から顔が触れるような場所も清潔にしておくことがかなり重要になります。特に、枕は髪や顔が触れる場所なので、何日も清潔にしていないと、相当な汚れや菌たちでいっぱいになっている可能性は高いのです。対策としては、なるべく枕のシーツや上にかけるタオルは毎日交換して清潔を保つようにすることは非常に大切と言えます。また、寝る時には前髪を上げるヘアスタイルにするというやり方もアリです。

2-3.セルフケアの眉剃りも原因?

「眉剃りも原因」の画像検索結果

出典 | ギャザリー 

普段、眉毛のセルフケアをするときは、カットする、剃る、抜くなどの方法をとるのではないでしょうか。もしも毛抜きやピンセット等で、眉毛の手入れをしている人がいたら要注意です。毛を剃ったり抜いたりするときはどうしても毛穴にダメージが加わり、皮膚のバリア機能が低下します。

 

この、毛根は肌の層である表皮、真皮、皮下組織の近くまで続いているので、毛抜きで毛根から毛を引っこ抜くということは、毛穴が大きく開いている状態になるということなのです。毛抜き直後というのはどうしても毛穴にダメージが残りやすいんです。抜くことで毛穴に受けたダメージが皮膚を守る機能を低下させ、アクネ菌などの雑菌の影響を受けやすくニキビになってしまうのです。毛抜きで眉毛や眉間のお手入れをする際には、メイクやお化粧を落とした後、そして洗顔後にすると良いでしょう。ぬるま湯を顔につけると、それによって毛穴が開いているので、眉毛がスルっと抜けやすくなります。

 

また、皮膚にダメージを与えてしまうことでニキビができるだけでなく、黄色ブドウ球菌による影響まで受けやすくなり、弱ったところが膿んでしまう場合もあるので、眉毛のお手入れは注意して行いたいところです。抜くときのコツは、なるべく周りの皮膚を抑えて抜くことを心がけましょう。そうすることで、毛穴の負担を軽くすることができます。

 

また、毛抜きやピンセットもそうですが、カミソリで眉や眉間を手入れする際には、それらの器具に汚れや細菌が付いていないように、しっかりと清潔にしてから使うこと。もしも、汚れたまま使用すると、それが肌への刺激となり、眉毛ニキビや吹き出物を作ったり、悪化させたりする怖れがあるからです。化粧水をしみ込ませたコットンを湿布をし、2分程置きましょう。もちろんですが、毛を抜いたり、カミソリで整えたりした後はしっかりとケアすることが重要と言えます。

2-4.眉メイクの刺激

「眉剃りも原因」の画像検索結果

出典 | もう眉毛で悩まない!好感度がアップする眉毛の作り方 

眉メイクをするときには、眉ペン、眉マスカラ、眉ブラシなどを使うことがあると思います。これらは、眉の下の皮膚を刺激することから眉毛ニキビになりやすいといわれています。眉メイクに使用するのは、眉ペン、眉マスカラ、眉ブラシなどがありますが、いずれも眉にニキビがある場合は、できれば使用を控えた方が良さげでしょう。アイブロウや眉マスカラをつけるなどの眉メイクをする人にとってはなおさらニキビができやすく、それに加えて眉はTゾーンですから、皮脂が活発に出て毛穴が皮脂で詰まることも。これらがニキビになりやすい原因なのです。

 

かなり良質な化粧品でも、刺激が少ないとはいえ、肌に合わない場合もあります。しっかりクレンジングをしてスキンケアをしてもニキビができる場合は、使用を控えましょう。化粧品には油分が含まれていますから、汚れが残ると毛穴詰まりを起こしてニキビを作ってしまう原因になります。眉は、もともと毛が密集しているので汚れが落ちにくいことから眉毛ニキビができやすくなるのですね。

2-5.洗い残しが原因

「洗い残しが原因」の画像検索結果

出典 | YABAIIIIII 《が、ヤバい!!》 

特に、眉間や眉はTゾーンと呼ばれる部位なので、思春期ニキビ、大人ニキビの両方ができやすい場所ではありますが、洗顔をした際の泡が、その部位に残っているとこれも眉間ニキビや眉ニキビが発生する原因になってしまっている可能性が高いのです。眉というのは毛が生えていて、しかも密集地帯であるので、十分にすすいでも、時々泡がついているケースが少なくありません。

 

なので、眉毛のあたりは結構意識して泡が残らないように普段から気をつけたいですね。ですが、洗顔時に何回もすすぐ行為は、肌の乾燥を招く危険性があるので、多くはやめておきましょう。すすぎを多く必要とする洗顔料は肌への負担が大きいので、今すぐに違うものと交換した方がいいのではないでしょうか?おそらくですが、肌と相性の悪いものだと思われます。他にもシャンプーやリンス、ヘアワックスなどの整髪剤の洗い残し、ファンデーションやアイブローの洗い残しが眉間や眉に残っているケースも考えられます。

2-6.胃や腸が弱っている

「胃や腸が弱っている」の画像検索結果

出典 |  胃腸の悩み解決ナビ 

もし、眉や眉間ニキビや吹き出物などで悩んでいる人は、同時に胃や腸の調子も落ちていることが多いと言われているようです。他にも、脂っこいものを好んで食べたり、チョコレートやケーキといった甘い糖質の多い食べ物やスナック菓子、また自分が好きなものだけをお腹いっぱいになるまで食べてしまうと、それは胃や腸に大きな負担をかけることになり、胃腸を弱らせることにつながるのです。他にも、偏食や過食・暴飲暴食は肝臓に負担をかけることになるため、眉ニキビや眉間の吹き出物といった肌荒れの原因になってしまいます。

2-7.睡眠不足が原因

「睡眠不足が原因」の画像検索結果

出典 | Natural Healthy Standard. /ナチュラルヘルシースタンダード 

仕事が忙しいと生活が不規則になりがちです。人は寝不足になると、それだけ体内の自律神経のうちの交感神経が優位になり、体が活動的になっている時間が多くなるということになるのです。これは、血管の収縮を長い時間することにもなるので、冷え性に繋がったり、肌のターンオーバーに必要な栄養素が、十分に肌細胞に行き渡らないことが考えられます。さらに、肌の新陳代謝は寝ている時に分泌される成長ホルモンによって行われるため、睡眠不足はその分泌される時間も削るので、余計に眉ニキビが発生しやすくなったり、悪化しやすくなってしまうことが考えられます。

 

また、人は起きている時に肝臓は活動しています。この肝臓には、口にした食べ物を消化・分解する際に発生した老廃物を肝臓によって分解する役割と、エネルギーを蓄え、必要な時に取り出すことを担当してくれています。睡眠不足は自律神経の乱れを起こすし、食生活が偏ると必要な栄養素が減ってしまいます。それらはすべてニキビの原因になり、ニキビどころか肌全体があれてしまうことだってあります。長時間肝臓を働かせることは、眉ニキビにつながってしまうので、毎日きちんと睡眠時間を確保し、肝臓の負担を減らすことが大変重要なこととなってくるのですね。

2-8.運動不足も考えられる

「運動不足も考えられる」の画像検索結果

出典 | GOIN[ゴーイン] | 車と人生を旅する 

人は運動不足になると、血液の循環が十分に行われなくなり、体内に発生した老廃物が上手く体外に排出したりすることが難しくなってくるものです。日頃からしていないと、筋力の低下により、著しく体の代謝が落ちてしまい、血行不良になってしまいがちになるでしょう。そうなってくると、肌に必要な栄養素が満足に肌細胞に届けることも難しくなり、肌のターンオーバー機能に乱れが生じる可能性が高いのです。特に現在の社会では、デスクワークが多く日頃から座ってする作業が多いために、姿勢が悪くなったり、筋力が落ちたりするので、運動をしていても、トータルで見ると足りないと思われます。

 

それに加え、運動不足は便秘なども引き起こしやすくなるので、なるべく毎日、できる範囲で軽い運動を取り入れ、運動不足にならないようにしておくことが眉ニキビの発生や悪化をさせないことにつながるでしょう。

2-9.ストレスが原因

「ストレスが原因 にきび」の画像検索結果

出典 | northeast.sakura.ne.jp 

人は常日頃から強いストレスを感じると、体の色んな場所にもダメージが現れることになります。まず、考えられるのが体内の自律神経が乱れ、ホルモンバランスも崩れてしまうことが挙げられるでしょう。ストレスを抱えることもニキビの原因になります。そして、ストレスに対抗するために、体内ではコレチゾールやアドレナリンと呼ばれる抗ストレスホルモンが分泌されるようになり、これに比例して皮脂の分泌も増加していくらです。

 

ストレスを感じたときに発生する男性ホルモンやノルアドレナリンは皮脂の分泌を促す働きがあるため、ストレス反応が持続すると脂性肌になってしまいます。また、男性ホルモンには肌を固くしてしまう性質もあり、毛穴が収縮して詰まりやすくなるのです。こうして皮脂が正しく代謝されなくなると、詰まった毛穴に皮脂が溜まり、その皮脂の中で悪玉アクネ菌が増殖して炎症を起こすと、ニキビが発生してしまうのですね。なので、ストレスが蓄積したりすると、眉ニキビの原因になってしまうのです。

 

さらにはストレスは体内に大量の活性酸素を発生させるため、肌の老化を加速させてしまいます。これは肌のターンオーバーサイクルを乱す原因にもなるので、眉ニキビを発生させることにもなってしまいます。眉間や眉は元々皮脂の分泌が多く、すぐにアクネ菌の標的となり、炎症の強い赤ニキビや黄ニキビに進行しやすいので、注意が必要です。男性ホルモンは肌の角化異常を引き起こして皮膚を固くしてしまい、毛穴が収縮することで角栓による毛穴詰まりの原因にもなるのです。こういった理由から、過度のストレスを受け続けると眉ニキビができてしまうのですね。

2-10.お酒の飲みすぎ?

「お酒の飲みすぎ」の画像検索結果

出典 | Healthil[ヘルシル] 

また、日頃からアルコールを大量に摂取すると、中性脂肪が肝臓に蓄積され、脂肪肝という病気を引き起こしてしまいます。これは、肝臓の機能を低下させ、眉ニキビや吹き出物の原因になってしまうのです。そして、アルコールを分解する際に、肝臓では大量のビタミンB2やビタミンB6を必要とします。

 

そのために、アルコールの摂取によってこれらの栄養素が不足すると、オイリー肌になりやすく、ますます眉ニキビを悪化させてしまうことにつながるのです。さらに、お酒を飲むと睡眠の質が落ちると言われています。なので、肌のターンオーバーが機能しなくなり、毛穴が塞がる確率も高くなるのです。なので、お酒を飲むとしても嗜む程度にして、深酒しないようにすることが大きなポイントとなるでしょう。

 


1 2 3 4 5 6
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの原因, ニキビの治し方

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!