メラノCCでニキビ跡を緩和できる?その仕組みと方法とは

人気の検索キーワード

大人ニキビの原因は主にストレスとされていますが、ニキビができる場所によって治りが早かったり遅かったりしますよね。

明日までにニキビを治したい、または小さくしたい!と思う方にぴったりなプチプラコスメがあることをご存知でしょうか?

ロート製薬が製造している薬用の美容液と化粧水「メラノCC」が今話題になっていますよ!

『メラノCC』の商品には他社に比べて強めの殺菌成分や抗炎症成分が入ってるため、ニキビやニキビ跡に効果が期待できるといわれています。

ドラッグストアなどで気軽に購入できるのも人気のひとつですね。

ニキビに効果的なメラノCCについての口コミは『メラノCCでニキビ跡が消える!?3つの効果と口コミとは?』で紹介しているので、購入前に一度読んでおくことをおすすめします。

今回はニキビ跡に苦戦している方におすすめの商品「メラノCC」に関して詳しくご紹介させていただきたいと思いますので、ぜひ参考にしてください。

目次

1.ニキビができる仕組みとは?
1-1.思春期のニキビとはなんだろう?
1-2.大人ニキビの原因とは!
1-3.ニキビを防いでニキビ跡を残さないこと
1-4.思春期以降に悩みやすい『大人ニキビ』とは?
1-5.大人ニキビと思春期ニキビの違いと何が違うの?
1-6.ニキビ跡にしないこと!
1-7.ニキビに悩まされないためには?

2.メラノCC薬用しみ集中対策美容液『活性化ビタミンC』と『ビタミンE誘導体』が素早く浸透して透明感のある肌へ!
2-1.メラノCC薬用しみ集中対策美容液について
2-2.ニキビができた後に出来る赤いシミにも効能があるとのこと!
2-3.クレーターニキビには効果は薄い

3.メラノCC薬用しみ対策美白化粧水で『しみ』『そばかす』を防いでくれる!
3-1.メラノCC薬用しみ対策美白化粧水について

4.メラノCC 薬用しみ対策美白ミスト化粧水は効率よく『ビタミンC』を摂取できる優れもの
4-1.美容と健康を支えるビタミンCの効用
4-2.メラノCC薬用しみ対策美白ミスト化粧水について

5.メラノCC集中対策マスク(大容量20枚入り)でビタミンC誘導体をしっかり浸透
5-1.メラノCC 集中対策マスクについて

6.エイジングケアにも役立つビタミンC!
6-1.メラノCCの主成分は?
6-2.シミやそばかす対策用のスキンケアとは
6-3.化粧水で肌を整えたらさらに効能をプラス!
6-4.やりすぎは禁物!副作用もあります!
6-5.ニキビ跡ごとのケアを理解しておこう

7.まとめ

1.ニキビができる仕組みとは?

「ニキビができる仕組みとは?」の画像検索結果

出典 | ネイチャー生活倶楽部 

そもそもニキビは、なぜできるのでしょう?ニキビとは、厚くなった角質や過剰な皮脂によって毛穴がふさがり、皮脂が詰まったり、炎症を起こしたりする皮膚疾患の一つ。

 

皮脂分泌量が多い思春期特有のものと思われがちですが、実は年齢や季節、生活習慣などさまざまな理由でニキビはできてしまうのです!ニキビは放っておくと、毛穴の周囲の組織にダメージを与えたり、メラニンが過剰に生成され色素沈着を起こしたりして、痕になることも。早めのケアが大切です。

 

ニキビができてしまったら、ニキビの色を見て、その段階を知りましょう。白ニキビは、ふさがった毛穴の内部に皮脂が溜まりつつある状態。最も起こりやすいタイプのニキビで、この段階で早めのケアをすると良いでしょう。

 

黒ニキビは、毛穴の内部に溜まった皮脂が肌表面に押し出され、空気中の酸素によって黒く酸化された状態を指します。赤ニキビは炎症を起こしてしまっている状態で、毛穴の内部ではアクネ菌が増殖を繰り返しています。

 

炎症が悪化して膿んでしまうと黄色ニキビ、さらに進むと毛穴の中に膿と血が溜まって腫れあがってしまうこともあります。炎症を起こしてしまうと、悪化しやすくなったり、治るまでに時間がかかります。

 

また、痕に残る可能性も高くなってしまうので、炎症が起こる前の段階でていねいなお手入れを心がけましょう。

1-1.思春期のニキビとはなんだろう?

思春期のニキビが、額や鼻の周囲など、いわゆる「Tゾーン」にできやすいのに対し、大人ニキビは、口もとやあごの周辺、頬、首などいわゆる「Uゾーン」にできやすく、思春期のニキビに比べて治りにくいのが特徴です。

 

ニキビというと、思春期に悩むものと思われる人もいますが、実は近年、この大人ニキビに悩む女性が増えています。

1-2.大人ニキビの原因とは!

思春期のニキビは、ホルモンの働きが高まり、皮脂が過剰分泌することによって引き起こされることがほとんど。まめに洗顔をするなど、清潔を心がけることが予防と対策の第一です。

 

一方、大人ニキビの原因は、不規則な生活やストレス、睡眠不足、ホルモンバランスの乱れ、新陳代謝の悪化など、さまざまなことが関連していると考えられています。

 

仕事や恋に忙しく、ついつい寝る時間が遅くなってしまったり、食事をおろそかにしてしまったり、お化粧をしたまま眠ってしまったり…なんてことはありませんか?

 

大人ニキビはカラダからのサイン、と捉え、ニキビを見つけたら生活全体を見直していきましょう。まずは十分な睡眠とバランスの取れた食事、ストレスをためない生活を心がけることが大切です。

1-3.ニキビを防いでニキビ跡を残さないこと

「ニキビを防いでニキビ跡を残さないこと」の画像検索結果

出典 | 肌らぶ 

日々のスキンケアでは、お肌にたっぷりのうるおいを与えてあげましょう。乾燥するのに、ニキビができる。これが大人ニキビの特徴。角質層が乾燥すると、ターンオーバーが低下し、角質が厚くなります。厚くなった角質が毛穴を詰まらせる原因となり、大人ニキビへと発展してしまうのです。

 

また、治りにくく痕になりやすいのも、大人ニキビのもうひとつの特徴です。ニキビで肌が炎症を起こすと、メラノサイトが活性化し、メラニン色素が生産されます。このとき生活習慣の乱れや加齢によって肌の新陳代謝が落ちてしまっていると、メラニン色素が沈着して、ニキビ跡になってしまいます。

 

ビタミンCは肌をすこやかに保ち、メラニンの生成を抑える働きがあります。食品など体の内側からはもちろん、スキンケアで外からも直接補うことができますので、ニキビの後をしみにしたくない人は積極的に取り入れていきましょう。

 

タミンC配合の化粧水は日々のスキンケアに、特に気になる箇所にはスポット的に使える美容液がオススメです。

1-4.思春期以降に悩みやすい『大人ニキビ』とは?

思春期はとっくに過ぎたのに、なぜか今だにニキビができる…。これが多くの女性を悩ませる「大人のニキビ」です。10代のニキビはおでこやTゾーン等のオイリーな部分にできやすいのですが、大人のニキビは頬から口のまわり、アゴにかけてのUゾーン等の乾燥する部分にもできるのが特徴。

 

原因は肌の乾燥、睡眠不足やストレスなどいろいろですが、いずれも厚くなった角質、皮脂、皮膚の汚れなどで毛穴がふさがれたニキビ菌が増殖し炎症を起こすことで発症します。

 

10代のニキビはおでこやTゾーン等のオイリーな部分にできやすいのですが、大人のニキビは頬から口のまわり、アゴにかけてのUゾーン等の乾燥する部分にもできるのが特徴。

 

原因は肌の乾燥、睡眠不足やストレスなどいろいろですが、いずれも厚くなった角質、皮脂、皮膚の汚れなどで毛穴がふさがれたニキビ菌が増殖し炎症を起こすことで発症します。こまめに洗顔し、お肌の乾燥を防ぐ充分なケアを心がけましょう。

 

チョコレートなどお砂糖たっぷりのお菓子や、揚げ物など油の多いメニューはニキビを招くのでほどほどに。 また、便秘もニキビの原因になりやすいので、食物繊維は積極的に摂るようにしましょう。

 

炎症を起こしたニキビを放っておくと、ニキビそのものは治ってもニキビのあった場所にメラニン色素が沈着してしみになってしまうことも。これを防ぐためには、早めの治療はもちろんですが、そもそもニキビをつくらないことが大切です!

1-5.大人ニキビと思春期ニキビの違いと何が違うの?

「大人ニキビと思春期ニキビの違いと何が違うの?」の画像検索結果

出典 | オロナインで赤ニキビを1日で治す使い方 

大人になってからでき始めたニキビ、思春期の頃と同じケアをしていませんか?毛穴がふさがったところに、皮脂が詰まったり炎症を起こしたりしてしまうニキビ。ニキビができる仕組みはどちらも変わりませんが、毛穴がふさがってしまう、もともとの原因は思春期と成人以降では異なります。

 

思春期のニキビの原因は、皮脂の過剰分泌によるものがほとんどです。ホルモンの働きが高まり、皮脂が過剰に分泌することで、毛穴が詰まったり汚れやすくなり、これがアクネ菌の繁殖を招きニキビを引き起こしてしまいます。

 

原因がはっきりしているため、思春期のニキビはまめな洗顔や清潔を心がけることである程度予防ができます。一方、生活習慣が原因の大人ニキビは、原因がひとつではないことが多く、対策がより複雑になります。

 

偏った食生活、睡眠不足、ストレス、乾燥、便秘、新陳代謝の悪化…これらはすべて、大人ニキビの原因と関連しています。まずは生活習慣全体を見直し、肌が生まれ変わる本来のリズムを取り戻しましょう。女性は、ホルモンバランスの乱れがニキビの原因ともなるので、より注意が必要です。

 

特に排卵後から月経前にかけては、女性ホルモンのひとつである黄体ホルモン(プロゲステロン)が増加し、皮脂の分泌を促します。そのため、毛穴が詰まりやすくなり、ニキビができやすくなってしまいます。

 

生理前は脂っこい食事を避け、ビタミンを多くとるよう心がけるなど、自分の生理周期を知り、上手にお手入れに役立てましょう。

1-6.ニキビ跡にしないこと!

普段からケアをしていても、誰にでもできてしまうことがある、ニキビ。そのまま放っておくと、ニキビ痕になり、しみの原因になることもあるので気をつけて。お肌は、ニキビなどで炎症を起こすとメラノサイトが活性化し、メラニン色素が産生されます。

 

健康な肌であればターンオーバーによってメラニンが排出され、元の肌に戻っていきますが、お肌の新陳代謝が落ちて、メラニン色素が沈着してしまうと、ニキビ痕になり、やがてしみになってしまうのです。ニキビ痕を残さないためには、ニキビを発見した段階で、早めのケアを怠らないこと。

 

特に、生活習慣が原因の大人ニキビは、思春期のニキビに比べ治りにくいのが特徴です。ニキビが長期化してしまうと、痕に残る可能性も高くなってしまうので、まずはていねいな洗顔で毛穴の詰まりを取り除き、アクネ菌の増殖を抑え、炎症を鎮めることが大切です。

 

この時、大人ニキビの人は角質層のバリア機能が低下している場合が多いので、弱酸性の洗顔でやさしく洗うよう心がけましょう。洗顔後は、十分な保湿で、角質層の水分量をしっかりと保ち、肌のバリア機能を回復させ、新陳代謝を促しましょう。

 

また、ビタミンCにはしみの原因となるメラニンを抑える働きがあります。食事からはもちろん、ビタミンC配合の化粧品などで集中的にケアをおこない、しみになるのを防ぎましょう

1-7.ニキビに悩まされないためには?

「ニキビに悩まされないためには?」の画像検索結果

出典 | 敏感肌もランキング調べで解決|美白もニキビ跡も専用コスメSOS 

放っておくと、痕になりしみの原因ともなってしまう、やっかいなニキビ。よくある肌トラブルと軽視せず、しっかりニキビと向き合いたいものです。そのために、一番重要なのは、まず予防。ニキビを予防するためには、生活習慣から見直していきましょう。

 

偏った食生活や不規則な睡眠は、健康を妨げるのはもちろん、ニキビ予防という観点からも、好ましくありません。また、ストレスを多く感じていると、男性ホルモンが分泌され、皮脂の分泌が促されるので、毛穴が詰まりやすくなり、これもニキビの原因となります。

 

ストレスは、食事や睡眠などほかの生活習慣にも影響を与えますので、適度な運動や自分なりのリラックス法を見つけ、ストレスをためないよう心がけましょう。スキンケアでニキビを予防するためには、過剰な皮脂や汚れを洗顔で落とすことも大切ですが、その後ていねいに保湿ケアすることも忘れずに。

 

水分が不足して肌表面が乾燥すると、角質が厚くなり、毛穴が詰まりやすくなってしまいます。洗顔後、十分に保湿をすることで、肌を柔らかく保ち、ターンオーバーを整え、毛穴の詰まりにくい肌へと導きます。

 

生理前などで肌が不安定になってきたな…と感じたら、早めの対策を。肌をすこやかに保ち、メラニンの生成を防いでくれるビタミンC、血流を促進するビタミンEなどを配合したローションや美容液で、いつもよりていねいなスキンケアを心がけましょう。

 


1 2 3 4 5 6 7
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの治し方

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!