メラノCCでニキビ跡を緩和できる?その仕組みと方法とは

人気の検索キーワード

6.エイジングケアにも役立つビタミンC!

「エイジングケアにも役立つビタミンC!」の画像検索結果

出典 | BEAUTY EDITORS 

ビタミンCがニキビケアに役立つのは上で述べたとおりですが、それ以外に『肌トラブルの総合的ケア』を考える上でも非常に有用です。

 

見た目の老化を促進する、活性酸素などのフリーラジカルを消失させるためにはビタミンEが必要なのですが、ビタミンEはフリーラジカルを消失させる代わりにビタミンEラジカルという物質に変化してしまいます。

 

ですが、ビタミンCはビタミンEラジカルを元のビタミンEに戻す力があるため、ビタミンCとEが双方とも充分であれば、フリーラジカルを効率的に減少させ、細胞の酸化を抑えてくれます。

6-1.メラノCCの主成分は?

メラノCCに含まれる、活性型ビタミンCとは?活性型ビタミンCには、肌の内部に働きかけて肌の黒化原因となるメラニン色素の生成を抑制、排出する作用があります。これはシミ対策にも効果的ですが、ニキビ跡のなかなか消えない赤みや黒ずみを薄くする効果があります。

 

さらにビタミンEには、肌の血行を促進させる作用があるため、ニキビ跡の赤みを徐々に消す効果があります。メラノCCはこの二つの重要な成分を含んでいるので、頑固なニキビ跡でも消す効果があるんです。
また、炎症を抑える成分と殺菌成分も配合されています。

 

ニキビ跡は一見治ったように見えても、実は肌の下でまだ炎症が治まっていない場合があります。こんな時にメラノCCを利用すると、今あるニキビとニキビ跡の両方のケアを行うことができて非常に効果的です。

6-2.シミやそばかす対策用のスキンケアとは

ビタミンC誘導体を効果的に取り入れて、肌のターンオーバーを促す有効成分も作用することで、メラニン色素の生成、そして定着を防ぎ、シミやそばかすを予防・ケアするスキンケアラインです。

 

また、これらの効果はニキビやニキビ跡のケアにも効果的で、メーカーが明記している効能にも、ニキビ対策に有効だと記されています。特にニキビケアに取り入れる方が多いのは、有効成分がギュッと配合されている美容液です。

 

メラノCCには、化粧水、ミスト状化粧水やシートマスクもあるので、ライン使いもおすすめです。

6-3.化粧水で肌を整えたらさらに効能をプラス!

このメーカーが推奨しているのは、一般的な美容液の使い方である化粧水で肌を整えた後に塗る方法です。その後に、乳液などの油分を含むアイテムでしっかり保湿してケア完了です。

 

普段のスキンケアにプラスしてお使いになりたい場合は、化粧水と乳液(又はクリーム、オイル)の間に取り入れてください。

6-4.やりすぎは禁物!副作用もあります!

メラノCC美容液は、肌質によって刺激を感じる方もいるので、初めて使う場合は使用後に肌の状態をこまめにチェックしてみることをおすすめします。なぜならば、薬用化粧品のため、肌への刺激を強く感じたり、かゆみや赤み、発疹が出た場合は、すぐに使用を中止し様子を見てみましょう。

 

使用していて、肌に合わない場合、悪化した場合は身近の皮膚科や病院に診てもらいましょう!

6-5.ニキビ跡ごとのケアを理解しておこう

「ニキビ跡ごとのケアを理解しておこう」の画像検索結果

出典 | ニキビ跡が消えない 

炎症が拡大したニキビは、治癒した後に色素沈着したシミ、赤い炎症跡、クレーター状の凹凸…といった目立つ瘢痕が残ってしまうこともあります。ニキビ跡の治療は、肌のバリア機能、肌のケア能力そのものを正常化させていくことが必須。

 

 ニキビ跡に残ったシミのケア

炎症が起きた部位に色素沈着が起こり、茶色っぽくシミが残ってしまうケースがありますが、ニキビによる炎症も例外ではないです。

 

これはもともとメラニン色素が外部刺激から肌を守るために分泌されるものなので、炎症が発生すると、どうしても増加してしまうからです。ただ、肌のターンオーバーが活発に行われていれば、徐々に排出されて消えていきますので、このターンオーバーを正常化することが根本治療となります。

 ニキビ跡に残った赤みのケア

炎症が引いたはずなのに、いつまで経っても赤みが消えないという悩みを抱えている方も多くいらっしゃいます。

 

これは肌の奥にある真皮層付近に炎症が残っていたり、炎症がひどすぎてうっ血が残っているケースで、放っておくとそのまま色素が沈着してシミに発展してしまう場合もあります。

 

発赤程度で済んでいるうちにケアしないと、長期化する可能性も否定できませんから、少しでも早く、肌本来のもとに戻す力を向上させる根本治療を開始することが大切です。症状が悪化してひどい場合は、医療機関での治療をおすすめします。とにかく早急に対処しないと、凸凹のクレーター跡になってしまいます。

 凹凸のあるニキビ跡のケア

膿んで腫れてしまったニキビの場合、治癒した後に大きく陥没してしまうことがあります。皮膚そのものが完全に陥没すると、何もせずに自然治癒する可能性は非常に低く、一刻も早い根本治療が望まれるでしょう。

 

ただ、即効性を謳っているレーザーやピーリングは肌への刺激が強く、悪化してしまう恐れもあるので注意が必要。これ以上の悪化は何としても避けなくてはなりませんから、リスクの低い満足なケア法を選択したほうが良いと思います。

 


1 2 3 4 5 6 7
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの治し方

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!