ミノマイシンでニキビ予防も兼ねて日頃からケアしてみよう

人気の検索キーワード

ニキビを治すために皮膚科で「ミノマイシン」を処方されたことはありますか?

ミノマイシンとは、ミノサイクリン塩酸塩を主成分とした抗生物質で、細菌を殺菌や増殖を抑える効果があるといわれています。

細菌を原因とする様々な感染症の治療に利用されるミノマイシンはニキビ治療にも効果が期待できます!

抗生物質と聞くと「副作用」が心配になる方もいらっしゃるかもしれませんね。抗生物質については『抗生物質で重症ニキビを治す!正しい抗生物質の使い方』でも解説していますので、合わせて読んでみてください。

細菌の増殖を抑制してニキビの原因菌を防ぎ、改善するニキビ治療薬「ミノマイシン」。

今回はミノマイシンの副作用やニキビへの効果が気になる方のために、ミノマイシンとニキビの関係やニキビへの効果などをわかりやすく解説させていただきたいと思いますので、皮膚科でミノマイシンを処方された方はぜひ参考にしてくださいね!

この機会にミノマイシンの本来の作用や正しい使い方を理解してニキビをきれいに治しましょう!

 

目次

1.ミノマイシンとはどんな治療薬なの?

2.ミノマイシンの有効性はニキビだけでない!
2-1.ミノマイシンの効果は有能?
2-2.ニキビへのアプローチ内服薬として認識しよう

3.炎症ニキビの治療法に適しているミノマイシン!
3-1.テトラサイクリン系抗生物質とは?
3-2.抗生物質の役割を間違えないこと
3-3.マクロライド系抗生物質の特徴は?

4.初期ニキビには抗生物質は意味がないの?
4-1.外用薬は役割が違う?
4-2.初期ニキビは生活習慣の乱れからくるもの!
4-3.ミノマイシンにも副作用がある!
4-4.抗生物質に頼りすぎないこと
4-5.ミノマイシンでシミができてしまう?

5.ミノマイシンの服用方法は?

6.まとめ

1.ミノマイシンとはどんな治療薬なの?

「ミノマイシンとはどんな治療薬なの?」の画像検索結果

出典 | www.fine-joinery.com 

ニキビは症状があまりにもひどい場合を除いて、皮膚科で処方してもらえる治療薬は効果の高いものは多いです。処方されるものの代表で、ミノマイシンが挙げられます。ミノマイシンとは、ミノサイクリン塩酸塩を主成分とした抗生物質で、細菌を殺菌や増殖を抑える効果があり、主にクラミジアとニキビの治療に用いられるものです。

 

他にも様々な細菌に対して効果があり、気管支炎やウィルス真菌による感染症の治療など、各心療内科にて幅広く用いられているようです。具体的にマイコプラズマやリケッチアなどに有効で、細菌の増殖を抑え、静菌的もしくは殺菌的に作用してくれます。抗菌力が強く、耐性菌も比較的少ないので他の抗生物質が効かない場合に用いられます。

 


1 2 3 4 5 6
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの治し方

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!