ニキビは便秘が原因?便秘の原因とニキビの関係性とは?

人気の検索キーワード

5.やればやるほど便秘が悪化する解消法を見直し

出典 |hanimi  

便秘の人か良くやる解消法がやればやるほど便秘を悪化させてしまうことがよくあるのです。前途の腸に刺激を与える解消法も人によって逆効果かも?そんな、やればやるほど便秘が悪化する解消法を見直して、やっていた解消法のここが自分に合っていなかったと探して改善していく便秘解消法を紹介いたします。

便秘の改善も人によってやり方が合う合わないがあるので、便秘の人がやっている解消法を参考に自分の便秘に合った解消法を選んで便秘改善をしてください。

5.1悪循環な冷え便秘

冬は体が冷えるため体が冷えた状態になると血の流れが悪くなり腸に行き届く血液量が減少してしまうため、腸内が冷えてしまいます。腸内が冷えることで腸内では、善玉菌の動きが悪くなり悪玉菌の動きが活発になる環境になってしまい、それにより腸内環境を更に悪化させ便秘も悪化します。

冷え便秘になる3つのNG解消法

寝起きに冷たい水を飲む

1.冷たい水を寝起きに飲むと腸が刺激され、便秘の改善に効果があるとよく言われますが、冷えが原因で起こる便秘には不向きです。更に冷えてしまって、腸の活動に影響がでます。冷えた腸は動きが鈍くなり便秘を悪化させてしまいます。

2.水分をたくさん摂る

便秘になる方は水分が足りないことに気をつけなくてはいけないのですが、冷えが原因の人は水が腸に留まることで腸が冷えてしまうので多量の水を摂取するのは控えましょう。

3.生野菜をたくさん食べる

生野菜は食物繊維やビタミンや酵素が摂れるという利点のある食べ物ですが、冷え便秘の方には向いていません。身体を更に冷やすことになってしまいます。生野菜を食べる際には、ネギやショウガ、大葉など身体を温める作用のある食材を加えて食べるようにしましょう。

5.2乳酸菌・食物繊維じゃ改善しない慢性便秘

乳酸菌や食物繊維は腸の働きを促す効力として知らていますが、この栄養素以外にもカギを握っている栄養素があるのです。便秘が当たり前になっている体質の人はこれから紹介する栄養素の何かが不足しているのかも…?

美肌作りには欠かすことのできない栄養素

出典 |Lespas [レスパス]

1.ビタミンC

ビタミンCが便秘の解消に効果があるのは、ガスを出し腸を刺激させるからです。その働きはビタミンCが腸内で分解されたときに起こります。善玉菌のエサになり、善玉菌の増殖や柔らかい便の状態を保つ働きをするので有効とされます。

2.オレイン酸

小腸で吸収されにくいオレイン酸は小腸を刺激し腸の働きを活発にさせる働きがあります。オレイン酸は大腸まで達するので、腸内で便と混ざり合うことで柔らかい便の状態を保つことや、腸壁をオイルが滑らかにする効果があるため滑らかな排泄を促進させます。

3.マグネシウム

体内に30グラム程度あるマグネシウムはミネラルの成分のひとつです。マグネシウムは腸の活動を良くする効果と柔らかい便を保つ効果があるので、緩下剤(中程度くらいの下剤)としても薬局で処方されています。

4.カリウム

カリウムはミネラルの成分のひとつです。体内で筋肉の縮みをスムースに維持したり、水分のつり合いを整えたりする働きがあるためカリウムが足りなくなると腸の筋肉の働きがスムーズにいかなくなり、便秘を起こしやすくなってしまいます。

5.水

食事をした際の水分の一部が大腸に達し便に吸い取られ、柔らかい便になった状態を保ちながら円滑な排泄を促進させるため、水は便秘にとても大切です。コップ1杯の水を起き抜けに飲む習慣を身につけると便秘解消になります。

5.3まさか野菜が原因?

出典 |nanairo  

便秘に必要なのは野菜!!と思われていますが、腹部が張ることで辛い便秘タイプの人、便秘下痢を交互に繰り返す便秘タイプの人などには「不溶性食物繊維」(水に溶けないでほとんど消化がされない食物繊維であるため、腸の刺激するため蠕動運動を促進させる特色がある)がこのタイプの人の腸に強い刺激を与えすぎているのかも…?

食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類があるので、それぞれの便秘のタイプに合った繊維質を摂取するようにしましょう。

食物繊維の種類

前途でも説明しましたが、「不溶性食物繊維」「水溶性食物繊維」の2つ種類があります。

「不溶性植物繊維」が含まれる代表的な食材は、ごぼう・おからなど。含有量が多く、水分を保つ性質が勝っているので水分を腸内で吸い取り何十倍にも膨張し腸の蠕動運動(ぜんどう)を促します。

便秘の効果があるのはどっち?

基本的に、摂取するバランスは水溶性食物繊維1に対して不溶性食物繊維2の割合が良いとされています。「過敏性腸症候群」(下痢と便秘を繰り返し起こす)の多い女性には、特に水溶性食物繊維が適しています。腸が押し出す力が弱っていても、柔らかい便を維持しているため、円滑に排出ができます。

善玉菌を増殖しすることや、デトックス効果もあるので便秘を解消するためにはおススメです。

5.4便秘体質の理解不足

東洋医学の思考はカテゴリーに区分して、気の流れ・熱の流れ・血の流れの様子から判断します。人の体質と便秘のそのものを理解することで、便秘を解消する食材が自然jに分かるそうです。その人の体質と便秘の症状を理解できれば、便秘症から解消される日も近いということです。

4つの有名な便秘のタイプ

1.熱性便秘

熱性便秘の特徴は、おなかに張りがある、口の渇き、体のほてりなどの症状が頻繁にあること。思うように動けないのは、腸が熱を持ち腸内にこもってしまっているからです。

体の中の必要のない熱を取るには、大根、キュウリなどを摂取して、更に水分を腸内に与えるものの摂取に気を配り進んで食べるようにしましょう。

2.気滞性便秘

気滞性便秘の特徴は、ガスが良くでる、ゲップが良くでる、お腹に張りがある、腹痛を起こすなどです。気の巡りが悪いのは、ストレスや運動不足が原因で腸の動きが劣っています。

気の巡りを改善する食べ物は、柑橘系や玉ねぎなので、気を配り進んで食べるようにしましょう。アロマでリラックスするのも良いでしょう。

3.冷性便秘

冷性便秘の特徴は、寒い環境が苦手、手足が冷えてしまうなどの冷えが悩みになっている人が多いです。腸の活動が鈍くなるのは、体の冷えから起こることです。

体の中から温める効果のあるニラ、シナモン、ジンジャーパウダーなどを積極的に食べて、体が冷えないように気を配りましょう。

4.虚性便秘

虚性便秘の特徴は、息切れがする、動悸がする、めまいがする、自汗(すぐに汗をかく証(病状)がある発汗)、疲れやすいなどです。気と血が不足するのは、疲労やストレスや暴飲暴食が原因で、腸に気と血がいきわたらないことで腸の活動が鈍くなっています。

気と血を補う食べ物は、ほうれん草、さつまいも、ハチミツです。これらの食べ物で気と血を補い、体が元気になるように気を配り進んで食べるようにしましょう。

5.5乳酸菌を後回しにする人

腸内環境を美しく変化させるために必要な点は、なんといっても乳酸菌です。ですが、乳酸菌は基本、食材から摂取したものは腸内に留まることができません。腸内に住み着かせるために、乳酸菌の摂取を毎日摂取することが大事です。


1 2 3 4 5 6 7
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの原因, ニキビの治し方

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!