ニキビ予防?それとも原因?コーヒーとニキビの関係まとめ

人気の検索キーワード

2.コーヒーを飲むとニキビができる理由は?

これまでコーヒーに含まれる成分を見ることで、「適度なコーヒーの摂取はニキビ予防に効果的」とご紹介してきました。しかし、「私はコーヒーを飲んだらニキビができるよ!」という方もいるかもしれません。それは、コーヒーは摂取の仕方によってニキビ予防のもニキビの原因にもなる飲み物だからです。

それでは、一体どんな理由からコーヒーの摂取でニキビができているのかもご紹介していきましょう。

2.1.コーヒーの飲み過ぎで胃が荒れる

ニキビと胃腸の調子の関係は密接ということは、皆さんよくご存知かもしれません。カフェインは適度な摂取なら体に良いのですが、過度な摂取になると胃を荒らす成分となってしまいます。

胃腸は体の調子を保つのに非常に重要な役割をもつ器官ですよね。体は生命にかかわりの深いところから優先して栄養を与えるようにできていますので、胃腸が荒れうまく栄養の摂取ができなくなると優先順位の末端に当たるお肌には栄養が行き届かなくなります。

お肌の栄養不足はまさしくニキビに直結!カフェイン摂取の過剰は、胃腸の不調を引き起こし、それによってニキビを併発してしまう可能性があるのです。

ニキビ予防や健康増進効果があるからといって、がぶがぶとコーヒーを摂取するのは大変危険!ニキビにはもちろんのこと、胃腸のあれから体調を損なう可能性もありますよ。

コーヒーは一日3杯程度。多くても最大6杯程度にしておくのが、ニキビ予防や健康促進にオススメとなっています。

2.2.コーヒーに入れた砂糖や牛乳がニキビの原因

また、コーヒーがニキビの原因となっている際よく見られるのが、「コーヒーには砂糖をしっかり入れる!」という甘党さんや、「コーヒーには牛乳を入れたい!」という嗜好の方。

もちろん砂糖や牛乳入りのコーヒーも適度な量を加えて一日1〜2杯なら問題ないのですが、1杯あたりに多めの砂糖や牛乳が入っているコーヒーを毎日何杯も飲むという方は要注意。そのせいでコーヒーを飲むとニキビができやすいという状態になっているのかもしれません。

砂糖はもちろん糖分の塊!糖分はエネルギーとなる一方でお肌の栄養ビタミンBを消費させてしまう成分でもありますので、ニキビを予防したいという方には大敵です。また、牛乳に多く含まれる脂肪分は皮脂過剰を引き起こす原因の一つともなり、毛穴詰まりや皮脂汚れによるニキビを引き起こしやすくしてしまいます。

「コーヒーを飲むとニキビができる」という方は、一度砂糖や牛乳の量。あるいはそれらの入ったコーヒーを毎日どのくらい飲んでいるのかを見直して見ると良いですよ。

| 写真AC 


1 2 3 4
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの原因, ニキビ知識

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!