ニキビ予防?それとも原因?コーヒーとニキビの関係まとめ

人気の検索キーワード

3.効果的なコーヒーの飲み方とは?

いかがでしょうか?コーヒーがニキビに対してどのような影響を与えているのか、しっかりと伝わりましたでしょうか?

それでは今度は、どのような摂取方法ならうまくコーヒーの美肌効果や健康促進効果を受け取ることができるのかも確認しておきましょう!

以下の3点を重視して、「ニキビの原因がコーヒーだった!」という事態に陥るのを避けましょうね。

3.1.飲み過ぎ厳禁!

コーヒーの飲み過ぎは胃腸を荒らすもと!胃腸が荒れると体のあちらこちらが不調に陥り、ニキビだけではなく健康被害ももたらす可能性が高くなります。

この胃腸への影響は主にカフェインが引き起こしているのですが、適度なコーヒーの摂取による健康促進を促している成分の一つもまたカフェイン。

加減が難しいところですが、飲み過ぎず適度に飲むということがコーヒーによる好効果のみを得ることができる重要なポイントとなるのです。

そこで目安として欲しいのが、コーヒーを飲むのは一日3杯から最大6杯までにとどめるという点。この程度なら、健康を害することなくうまくカフェインやクロロゲン酸の効果を得ることができると言われています。

自分が一日にどのくらい摂取しているのかをしっかりと把握し、コーヒーブレイクを楽しんでくださいね。

3.2.コーヒーフレッシュ厳禁!

お店でコーヒーを頼んだ際によく見かけるのがコーヒーフレッシュ。小さなプラスチックカップに入った状態で、コーヒーソーサーに一緒にサーブされていますよね。

これを牛乳と思って何気なく使っている方も多いと思いますが、実はこのコーヒーフレッシュは牛乳ではありません。生の牛乳だと日持ちせずコストもかかるということで開発された植物性油脂食品がコーヒーフレッシュとなっており、その正体は脂質の塊!まさにニキビのもととなりやすい食品なのです。

ブラックコーヒーが苦手な方はついついコーヒーフレッシュを見ると入れたくなってしまうでしょうが、ニキビがひどいという時にはぐっと我慢しておくことをオススメします。

3.3.できるだけブラックコーヒーを摂取!

コーヒーがニキビの原因となる理由として、砂糖や牛乳の入れすぎ。あるいはそれらが入ったコーヒーを一日に多く摂取しているという原因もあげられることをご紹介しましたよね。その点を考慮し、コーヒーを飲む際にはできるだけブラックコーヒーを選ぶことをオススメします。

ブラックコーヒーなら余計な糖分や脂質を摂取することなく、カフェインやクロロゲン酸の持つ健康促進、美白効果。脂肪燃焼効果などのメリットをしっかりと受け取ることができますよ。

ただし、ブラックコーヒーはカフェオレなどと比べるとカフェイン量は多くなっています。ブラックコーヒーが砂糖入り。あるいは牛乳入りのコーヒーに比べてニキビ予防になるといっても、過剰な摂取は健康阻害のもと!

あくまでも、適度な量を摂取するということを絶対条件としてオススメしていますので、一日に大量のコーヒーを摂取しないようにくれぐれも注意してくださいね。

3.4.缶よりドリップがオススメ!

同じ量のコーヒーでも、缶コーヒーかドリップコーヒーかによってカフェイン量が異なることはご存知でしょうか?実は、缶コーヒーの方がカフェイン量が多くなっており、全く同じ量のコーヒーを飲んでも体が受けるカフェインの影響は大きくなってしまいます。

もしも、一日に何杯かコーヒーを飲みたいというコーヒー愛好家さんなら、オススメなのはドリップコーヒー!最近ではコンビニでも簡単にドリップコーヒーが手に入るようになっていますので、缶かドリップかで悩んだ時はドリップコーヒーを選んでくださいね。


1 2 3 4
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの原因, ニキビ知識

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!