ニキビにいい食べ物って?ニキビの原因と食べ物との関係とは

人気の検索キーワード
「ニキビをどう治したらいいかわからない!」を解決することができます。
すぐに再発してしまうニキビに悩んでいませんか?
カリフォルニア大学の薬学博士、ブライアン・ケラー博士によると、対策してもニキビが治らない人には、皮膚やコスメにある特徴があるとしています。
実際に97%の人が納得した、ニキビの治し方とは、、、
→詳しくはこちら

ニキビができると憂鬱な気分になってしまいますよね!

特に女性の場合は生理前や寝不足が続いた時にニキビができやすいので、日頃からニキビを予防するために生活習慣やホルモンバランスなど、さまざまなことに気をつけなくてはなりません。

でも、生活習慣の乱れや女性ホルモンの乱れなどだけがニキビの原因ではないのです。

食べる時間がないくらい勉強や仕事が忙しいため、バランスのよい食事を摂ることができなかったり、外食で食事を済まされている方はいらっしゃいませんか?

実はニキビと食べ物には密接な関係があるので注意が必要です!

ニキビを少しでも改善したい方は、まずは食生活の見直しをしましょう。

今回はニキビによい食べ物やニキビの原因となる食べ物などをわかりやすく解説させていただきたいと思います。いろいろなニキビケアを試しても効果が見られないという方はぜひ参考にしてください。

 

目次

1.ニキビと食べ物の関係
1.1.ニキビに効く栄養素
1.2.ニキビにいい食べ物
1.3.ニキビに悪い食べ物
1.4.ニキビに悪いコンビニ弁当

2.ニキビにはヨーグルトが効果的!?
2.1.ヨーグルトがニキビに効く理由
2.2.ヨーグルトを食べる時の注意点
2.3.毎日続けられるニキビ撃退ヨーグルトレシピ

3.ニキビを改善するには、正しい食事で内臓レベルを回復
3.1.内臓レベル低下でニキビができる主な部位別
3.2.内臓レベルの低下がニキビとなって顔に出る原因
3.3.内臓レベルを上げるための食べ物の見直し

4.ニキビができてしまったら…。
4.1.生理前のニキビは食べ物で改善する
4.2.ニキビは食べる時間で改善できる
4.3.ニキビができているときの間食の食べ物は?

5.ニキビに効くおすすめレシピのご紹介
5.1.簡単。アボカドおつまみ(アボカドの脂質に効果)
5.2.簡単。ひじきの煮物(食物繊維で腸内環境改善)
5.3.和えるだけ。もずくと胡瓜&納豆酢の物(大豆製品の効果)

6.まとめ

 

 

1.ニキビと食べ物の関係

出典 |Dreamer 

ニキビができてしまう原因には、生活習慣の乱れやホルモンバラスの乱れ、そして食生活の乱れがあります。食べる物はニキビと関係ないと言われる方もいますが、実際はニキビと食べる物には密接な関係があるのです。

近年、ストレス社会といわれる時代に、ストレスから生活習慣が乱れることで、必然的に食事もおろそかになる傾向があります。また、激しいダイエットによる偏った食事により食生活が乱れがちになることも少なくないでしょう。

仕事のお付き合いで、飲み過ぎてしまい食事をしっかり食べていなかったり、きちんとした食事を食べずに甘いお菓子やジャンクフード、コンビニ弁当などですませてしまう人増えてきているようです。

食事は1日30品目の食品を摂取することが推奨されています。1日30品目の食品を摂取できなくても、たくさんの食品をこまめに摂取することに意味があるのです。食事に気をつけている人はニキビもできません。

女性の場合は、生活習慣が乱れることで、食生活の偏りが起きホルモンバランスを崩してしまい顔にニキビがでることが多くあります。ホルモンバランスが乱れることでニキビがでる以外にも生理前にニキビが増えるなどにも影響してきます。

このように、ストレスやダイエット、食事の偏りが原因となって食生活に影響を及ぼし、ニキビという形であらわれるのです。ニキビと食べ物にはとても密接な関係があり、肌本来にも大きな影響を与えます。近年では、女性の美意識が高く、ニキビに対しても非常に敏感になっています。

ニキビを改善したいのであれば、ニキビに効果のある食べ物を積極的に食べるようにすることをおすすめします。ニキビに効く栄養素や食べ物を積極的に摂取するようにしましょう。

1.1ニキビに効く栄養素

出典 | 美容・健康のための情報サイト 

●ビタミンB群

ニキビ肌に特に必要なビタミンはB2、B3(ナイアシン)、B5(パントテン酸)、B6です。どのビタミン群も、肌のターンオーバーを助ける働きがあり、皮膚や髪に栄養を与える重要な役目をしています。神経・血液との関係がビタミンB1とB12は大きくあり、必要な栄養を肌に運ぶことになくてはならない栄養素になります。

●ビタミンC

ビタミンCといえば、美容に良い効果と思う方が多いのではないでしょうか。そのくらいビタミンCは肌には欠かすことのできない成分です。ビタミンCの成分は抗酸化成分であるため、肌を活性酸素から守る役目を成し遂げます。この働きはニキビの炎症を抑制し、肌のターンオーバーを支える作用があるためニキビ跡にも有効な成分です。

●ビタミンE

ビタミンEもCと同様に抗酸化成分で知られている成分になります。活性酸素はニキビの原因のひとつであるため、ビタミンEは活性酸素を除去する働きがあり、また血行を促すことで栄養が肌へ行き届きやすくなるのです。

●ビタミンA

ビタミンAは一見すると、肌には関係ないように思えますが、実は皮膚や粘膜の働き・免疫をよくする働きがあり、ニキビでアクネ菌を死滅させるために肌に必要な栄養といわれます。

●食物繊維

便秘はニキビの原因になるとよく言われます。実際、これは本当のことです。腸内環境が悪化することで、自律神経を乱してしまうだけではなく、血行不良を起こしたり、食欲低下を起こしたりと必要な栄養が肌にいきわたらない状態を起こしてしまいます。肌に栄養をいきわたらせるためにも腸内環境を健康な状態にするようにしていきましょう。

●乳酸菌

腸内環境を整えるために乳酸菌も必要な栄養素になります。乳酸菌は生きたまま腸に届くので腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスを正常にしてくれる働きがあり、腸の活動をよくします。

 

1.2.ニキビにいい食べ物

出典 |大人の女性のための美容情報サイト「ヴェラ・ビューティー」

ビタミンAの食べ物・・・ほうれん草、にんじん、かぼちゃ、しそ、うなぎ、レバー。

これらの食べ物は、肌のターンオーバーを促し、毛穴が詰まることを防ぐ働きがあります。

ビタミンB2の食べ物・・・卵、乳製品、レバー、うなぎ、海藻類。

これらの食べ物は、皮膚が固くなる症状を整え、肌の状態を正常に保つために皮脂の分泌を抑える作用があります。

●ビタミンB6の食べ物・・・まぐろ、かつお、鶏ささみ、にんにく、バナナ。

これらの食べ物は、新陳代謝を促進させるため新しい肌を作るために必要な食べ物です。また、ビタミンB2と同様、皮脂の分泌を抑えます。

ビタミンCの食べ物・・・緑黄色野菜、くだもの、芋類。

これらの食べ物は、コラーゲン線維の生成を促しメラニンの生成を抑えるたり、抗酸化の働きで美肌を維持します。

ビタミンEの食べ物・・・レバー、うなぎ、かつお、緑黄色野菜。

これらの食べ物は、ビタミンCとのもたらす効果が高いので、抗酸化の高い働きにより血液の循環を改善します。

食物繊維の食べ物・・・さつまいも、ごぼう、キノコ類、豆類、海藻類。

これらの食べ物は、便秘を解消しニキビの原因を防ぐ働きがあります。また、肥満の予防や脂質の代謝の調子を整えます。

ミネラルの食べ物・・・カルシウムはチーズ、牛乳、キャベツ、人参、イチゴ。
マグネシウムは穀物、昆布。
亜鉛は牡蠣、カシューナッツ。

これらの食べ物は、お肌のターンオーバーを促し、ホルモンバランスを整える作用があります。

●コラーゲンの食べ物・・・鶏皮、鶏軟骨、牛筋肉。

これらの食べ物は、アミノ酸として体に吸収されるため、お肌を新しくする働きがある食べ物です。

 

1.3ニキビに悪い食べ物

出典 |大人ニキビ治したい.com 

ケーキやチョコレートやジュースなどに含まれている多くの糖分は人間が生存するためには必要不可欠な成分になりますが、これらの甘い食べ物を過剰に摂取するとニキビの原因となります。

糖分は、分解される時に大量のビタミンB群が体内で消費されてしまいます。糖質は、体内でビタミンB1の加勢によって分解されエネルギー源に変わります。余った糖質は脂肪となって体の中に溜まり、過剰に皮脂が分泌されてしまい皮脂で毛穴が詰まりやすくなるため、ニキビや吹き出物、肌のベタツキなどの症状を起こします。

ケーキやジュースなどは、食物繊維が少なく糖分の高い食品であるため、GI値が高いとされています。食後の血糖値の上昇度を表すGI値は指標です。GI値の高い食品を摂取すると、血糖値が急激に上がり大量にインスリンが分泌されます。インスリンは皮脂の分泌を活発にしてしまうのでニキビの原因となります。

唐辛子などの辛い食べ物は新陳代謝を活発にさせる作用があるため、適量を摂取する分には肌に良い影響があるのですが、摂取量にも限度があります。辛いものを突然たくさん摂取すると、胃腸に負担がかかってしまうため消化や吸収の機能低下が起こり、ニキビができやすい肌になってしまいます。

油っぽい食べ物、ジャンクフードや肉やバターをふんだんに使ったお菓子類などは、過剰に皮脂を分泌させる原因にもなります。必要以上に皮脂が分泌されると、皮脂が毛穴に詰ってしまい、その結果ニキビとなってしまいます。ニキビができやすいと感じている方は、食事が油っぽい食事が多かったり、お菓子類を食べることが多くなっていなか振り返ってみてみましょう。

毛穴に皮脂が詰まることでニキビの原因になり、常在菌のひとつであるアクネ菌が繁殖することで、ニキビができてしまうといわれています。すべての人にアクネ菌は存在する菌であるので完全に取り除くことは不可能ですが、食べる物で皮脂の量を調節することはニキビに改善に大切なことです。

 

1.4ニキビに悪いコンビニ弁当

出典 |ニキビ食べ物

一人暮らしの方は特に外食やコンビニ弁当で食事をすませてしまうことが多いのではないでしょうか。最近では、主婦の方でもコンビニ弁当やお惣菜などで食事をすませてしまうことが多いそうです。

コンビニ弁当などは、添加物がたくさん使われているのでニキビになりやすい成分から作られた食べ物です。また、油や塩分の使用料が多いので、ニキビができやすい食べ物であるのです。

近年では、女性も社会への進出が増え、家庭で料理を作らなくなってきているのも、食生活の乱れの原因でもあり、ニキビ肌になってしまう要因でもあります。主婦や一人暮らしの女性や男性でも、夕食の食事はコンビニ弁当ではなく、先述で紹介しました食材を使って一品でも手作りの料理を作って食べる習慣をつけましょう。

毎日の食事がコンビニ弁当の方に多い悩みはニキビ肌の悩みが多いのは事実です。

<< 下に続きます >>
重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレン のニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

90%の人がニキビ予防を実感することができたとして話題になっているのは オルビス のニキビケアです。
特に「ニキビができるのにかさつく」という悩みのある人におすすめしたい、100%オイルカット・高保湿成分のニキビケア商品です。
→詳しくはこちら

ビタミンCの浸透力でニキビケアをするのが VCスターターセット です。
低価格帯のニキビケア商品ながら実績は圧倒的で、ビタミンC化粧品に興味がある女性が選ぶランキング 4部門1位を獲得。
1800円で試すことができるため一度は絶対に試してみるべき商品のひとつです。
→詳しくはこちら

人気の記事

ニキビの症状ごとに一番効果的な「ニキビの薬」を教えます!

ニキビの原因は、ニキビのできる場所だけで分かります!
1 2 3 4 5 6

人気の検索キーワード!