ニキビにいい食べ物って?ニキビの原因と食べ物との関係とは

人気の検索キーワード

3.ニキビを改善するには、正しい食事で内臓レベルを回復

出典 | 何を試しても治らないオトナ女子へ 

ストレスでアルコールを飲んで暴飲暴食をしたり、過酷なダイエットをして偏った食事をしたり、外食やコンビニ弁当などの栄養バランスが取れていない場合や、添加物による肌トラブルは、食生活の乱れを起こし内臓機能を低下させてしまっています。内臓機能が低下すると、内臓の不調がニキビとしてでてきます。内臓機能の低下は自分ではあまり気づかないものでもあるので、急にニキビができてきた方は内臓機能の低下に気をつけることも必要です。

内臓機能低下を起こすことで、消化機能が鈍くなり消化がきちんとできない状態になると、便秘をおこします。消化されない食べた物が長い間、腸内に留まっていることで、有毒なガスを発生させ、また排出する場所を失い、毛穴から毒素がニキビとなってでてきます。

内臓機能の低下は、消化器官だけではなく、肝臓や肺にも影響を及ぼします。

飲み過ぎ、食べ過ぎ、偏食は内臓に負担をかけますので、食生活を正し、内臓機能の低下を回復させましょう。

 

 

3.1内臓レベルの低下でニキビができる主な部位別

内臓には、胃や小腸、大腸、肝臓、肺、腎臓などの臓器があります。内臓が不調の場合にニキビがでる場所を以下に記載します。
●額・・・胃・小腸の機能低下
●眉間・・・肝臓・腎臓の機能低下
●こめかみ・・・肝臓・腎臓の機能低下
●頬・・・胃・小腸の機能低下
●鼻・・・肺・大腸の機能低下
●口周り・・・胃・小腸の機能低下
●顎・・・婦人科疾患

 

 

3.2内臓レベルの低下がニキビとなって顔に出る原因

消化吸収の能力の低下は胃腸の機能が低下することから起こります。内臓機能が低下して、消化されずに残った栄養が毒素に変わり体の内側に溜まることで、必要な栄養素が吸収されなくなり肌の機能も低下しニキビがでてきます。

肝臓に疲労が溜まってしまうと、血液を浄化する働きが低下して老廃物によるドロドロした血液になるので、栄養素を吸収したはずなのに、肌までうまく運べなくなりニキビとしてでます。腎臓機能が低下することで、老廃物を排出しづらくなってしまうので発生した毒素が体の外にでていかないので、血液に戻り毛穴から排出されるためニキビとなってあらわれます。

消化器系と自律神経の関係は密接なため、胃腸の不調を起こし機能が低下すると自律神経の乱れを起こしてしまい、腸内の細菌バランスが乱れ便秘を起こしてしまいます。便秘を起こすことで、便が長い間体の中に溜まってしまうことで腸内で腐敗が進行し有害な物質を出してしまいます。有害物質は全身をめぐる血液中へと流れ出し、皮脂と混ざり合って皮膚からでてくることになります。このように内臓機能の低下が原因で排出されるべきものが体の外に出れず、顔の毛穴からニキビとなってあらわれてしまうのです。

 

 

3.3内臓レベルを上げるための食べ物の見直し

内臓機能の低下を高めるためには、まず内臓を休ませ、食べる物の見直しが必要です。見直しをするということは、日々の食べ物について改善していき、食生活の乱れや生活習慣の見直しも大事なことになります。

脂質の多い食べ物や、糖質の多い甘い物や、コンビニ弁当やインスタント・加工食品などを摂取することは控える。肝臓の機能が低下している場合は血液がドロドロになっているので、水分の摂取を1日2ℓを目安に飲むようにしましょう。

暴飲暴食には気をつけ、アルコールの飲み過ぎには注意しましょう。食事は腹八分目で食べ終えるように意識して食事をしましょう。
このように、意識して生活習慣や食生活を見直していくことで、低下した内臓が正常な働きに戻り、ニキビや肌に起こるトラブルなどがないキレイな肌に変われます。


1 2 3 4 5 6
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの原因, ニキビの治し方

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!