ニキビにいい食べ物って?ニキビの原因と食べ物との関係とは

人気の検索キーワード
「ニキビをどう治したらいいかわからない!」を解決することができます。
すぐに再発してしまうニキビに悩んでいませんか?
カリフォルニア大学の薬学博士、ブライアン・ケラー博士によると、対策してもニキビが治らない人には、皮膚やコスメにある特徴があるとしています。
実際に97%の人が納得した、ニキビの治し方とは、、、
→詳しくはこちら

このような状態の時にヨーグルトに含まれる乳酸菌摂取することで、善玉菌の活動が優れた状態になり腸内環境が整いニキビが悪化することに効果があります。

ヨーグルトには乳酸菌以外にも、ニキビに効果的なビタミンB2を含んています。ビタミンB2の作用は過剰な皮脂の分泌を抑えたり、肌細胞を新しくつくり出す働きがあるので、ニキビやニキビ跡にも効果のある成分なのです。

ヨーグルトを選ぶ際にたくさんの種類が売られていて、ニキビに効果があるものはどれなのか迷ってしまうことでしょう。そのような場合に、おすすめなヨーグルトは「トクホ」のヨーグルトを選ぶことを推奨します。トクホのヨーグルトの成分は「乳酸菌が生きたまま腸に届く」効果が科学的に証明されているものなのでニキビ肌に効果が高いとされます。

 

 

2.2ヨーグルトを食べる時の注意点

動物性たんぱく質が含まれているヨーグルトなどの乳製品は、人により動物性たんぱく質によって皮脂の分泌が促進されてしまい、逆にニキビができやすくなることがあるのです。

人間の体内には本来、消化酵素が存在するため、動物性たんぱく質を分解できる働きを持っているので心配するほどの影響はありませんが、牛乳を飲むとお腹をこわしてしまいやすい方は、消化酵素が少ない可能性が考えられます。そのため、牛乳を飲むと体調を崩しやすい方はヨーグルトを食べるのは控えることをおすすめします。

また、動物性たんぱく質を摂取しても影響がない方も、動物性たんぱく質の摂取のし過ぎはよくないので、1日に食べるヨーグルトの量は200mgを目安に食べるようにしましょう。

 

 

2.3毎日続けられるニキビ撃退ヨーグルトレシピ

出典 |ホットヨーグルトの作り方!毎日美味しい簡単10のレシピOPEN-EYE  

 

 

フルグラホットヨーグルトの作り方

【材料】 1人分
・プレーンヨーグルト 100g
・フルーツグラノーラ 適量

【作り方】
①耐熱容器にプレーンヨーグルト入れて、500Wの電子レンジで「50秒」温めます。
②温めたホットヨーグルトにフルーツグラノーラを適量入れて出来上がりです。

「OPEN-EYEホットヨーグルトの作り方毎日おいしい簡単10のレシピ」参照

 

ヨーグルトの乳酸菌のひとつであるビフィズス菌は、便秘解消の効果があります。このビフィズス菌は、実は冷蔵庫で冷えた状態で食べるよりも、温めて食べることで腸内でビフィズス菌が活発に活動するため、更に便秘解消の効果が高まるのです。そこにグラノーラの食物繊維効果(グラノーラの主原料のオーツ麦は食物繊維が玄米の約3倍含まれています)がプラスαとなって、腸内環境を整え、ニキビの改善、予防に効果があるのです。

3.ニキビを改善するには、正しい食事で内臓レベルを回復

出典 | 何を試しても治らないオトナ女子へ 

ストレスでアルコールを飲んで暴飲暴食をしたり、過酷なダイエットをして偏った食事をしたり、外食やコンビニ弁当などの栄養バランスが取れていない場合や、添加物による肌トラブルは、食生活の乱れを起こし内臓機能を低下させてしまっています。内臓機能が低下すると、内臓の不調がニキビとしてでてきます。内臓機能の低下は自分ではあまり気づかないものでもあるので、急にニキビができてきた方は内臓機能の低下に気をつけることも必要です。

内臓機能低下を起こすことで、消化機能が鈍くなり消化がきちんとできない状態になると、便秘をおこします。消化されない食べた物が長い間、腸内に留まっていることで、有毒なガスを発生させ、また排出する場所を失い、毛穴から毒素がニキビとなってでてきます。

内臓機能の低下は、消化器官だけではなく、肝臓や肺にも影響を及ぼします。

飲み過ぎ、食べ過ぎ、偏食は内臓に負担をかけますので、食生活を正し、内臓機能の低下を回復させましょう。

 

 

3.1内臓レベルの低下でニキビができる主な部位別

内臓には、胃や小腸、大腸、肝臓、肺、腎臓などの臓器があります。内臓が不調の場合にニキビがでる場所を以下に記載します。
●額・・・胃・小腸の機能低下
●眉間・・・肝臓・腎臓の機能低下
●こめかみ・・・肝臓・腎臓の機能低下
●頬・・・胃・小腸の機能低下
●鼻・・・肺・大腸の機能低下
●口周り・・・胃・小腸の機能低下
●顎・・・婦人科疾患

 

 

3.2内臓レベルの低下がニキビとなって顔に出る原因

消化吸収の能力の低下は胃腸の機能が低下することから起こります。内臓機能が低下して、消化されずに残った栄養が毒素に変わり体の内側に溜まることで、必要な栄養素が吸収されなくなり肌の機能も低下しニキビがでてきます。

肝臓に疲労が溜まってしまうと、血液を浄化する働きが低下して老廃物によるドロドロした血液になるので、栄養素を吸収したはずなのに、肌までうまく運べなくなりニキビとしてでます。腎臓機能が低下することで、老廃物を排出しづらくなってしまうので発生した毒素が体の外にでていかないので、血液に戻り毛穴から排出されるためニキビとなってあらわれます。

消化器系と自律神経の関係は密接なため、胃腸の不調を起こし機能が低下すると自律神経の乱れを起こしてしまい、腸内の細菌バランスが乱れ便秘を起こしてしまいます。便秘を起こすことで、便が長い間体の中に溜まってしまうことで腸内で腐敗が進行し有害な物質を出してしまいます。有害物質は全身をめぐる血液中へと流れ出し、皮脂と混ざり合って皮膚からでてくることになります。このように内臓機能の低下が原因で排出されるべきものが体の外に出れず、顔の毛穴からニキビとなってあらわれてしまうのです。

 

 

3.3内臓レベルを上げるための食べ物の見直し

内臓機能の低下を高めるためには、まず内臓を休ませ、食べる物の見直しが必要です。見直しをするということは、日々の食べ物について改善していき、食生活の乱れや生活習慣の見直しも大事なことになります。

脂質の多い食べ物や、糖質の多い甘い物や、コンビニ弁当やインスタント・加工食品などを摂取することは控える。肝臓の機能が低下している場合は血液がドロドロになっているので、水分の摂取を1日2ℓを目安に飲むようにしましょう。

暴飲暴食には気をつけ、アルコールの飲み過ぎには注意しましょう。食事は腹八分目で食べ終えるように意識して食事をしましょう。
このように、意識して生活習慣や食生活を見直していくことで、低下した内臓が正常な働きに戻り、ニキビや肌に起こるトラブルなどがないキレイな肌に変われます。

 

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレン のニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

90%の人がニキビ予防を実感することができたとして話題になっているのは オルビス のニキビケアです。
特に「ニキビができるのにかさつく」という悩みのある人におすすめしたい、100%オイルカット・高保湿成分のニキビケア商品です。
→詳しくはこちら

ビタミンCの浸透力でニキビケアをするのが VCスターターセット です。
低価格帯のニキビケア商品ながら実績は圧倒的で、ビタミンC化粧品に興味がある女性が選ぶランキング 4部門1位を獲得。
1800円で試すことができるため一度は絶対に試してみるべき商品のひとつです。
→詳しくはこちら

人気の記事

ニキビの症状ごとに一番効果的な「ニキビの薬」を教えます!

ニキビの原因は、ニキビのできる場所だけで分かります!
1 2 3 4 5

人気の検索キーワード!