ニキビ跡が原因のシミを改善!自宅で出来るケアとは?

人気の検索キーワード


スキンケアをしていても、メイクをしていても、あると気になるのが顔のシミ。

シミが出来るのは色んな原因があるのですが、実はニキビ跡がシミの原因になることもあるそうです。

一見ニキビとシミは関係のないことのようにも思えますので、いったいどうしてニキビ跡がシミの原因になってしまうのか、気になりますよね。

そこで、今回はニキビ跡がシミの原因になる理由と、自宅で出来るケアについてご紹介したいと思います。

ぜひ最後までご覧くださいね。

目次

1. 気になるシミはニキビ跡が原因かも?シミの種類とは
1-1. 老人性色素斑
1-2. 肝斑
1-3. 雀卵斑(そばかす)
1-4. 炎症性色素沈着

2. 紫色っぽいシミになるニキビ跡の原因と対策
2-1. 原因はヘモグロビン!?
2-2. 対策は正常なターンオーバーを促すこと!

3.茶色っぽいシミになるニキビ跡の原因と対策
3-1. 原因はメラニン
3-2. 対策はメラニンの生成をおさえること!
3-3. ターンオーバーを高めることも大切

4. ニキビ跡が原因のシミを治すために:オススメのセルフケア
4-1. ピーリングでターンオーバーを促す
4-2. 美白効果のある化粧品を使う
4-3. 紫外線対策をしっかり行う
4-4. 生活習慣に気をつける

5. まとめ

1. 気になるシミはニキビ跡が原因かも?シミの種類とは


一度発見してしまったら気になるのが顔のシミですが、実はシミには種類があることをご存じでしょうか?

まずはシミの種類について、代表的なものをご紹介したいと思います。

参照サイト:http://www.skincare-univ.com/article/005879/

1-1. 老人性色素斑

出典 | http://www.chieko.dr-clinic.jp/ 

老人性色素斑とは主な原因が紫外線によるもので、加齢に伴い出やすくなるシミです。

メラニンの排出が滞ってしまうことで出来ますので、日に当たりやすい頬の部分や手などに出やすくなります。

放置すると皮膚が盛り上がり、脂漏性角化症になる可能性があります。

1-2. 肝斑

出典 | https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/ 

肝斑は頬骨にそって左右対称に出来るのが特徴です。色は薄い褐色をしています。

原因は定かではなく、妊娠やピルの影響で誘発されたり、悪化したりしますので、女性ホルモンが関与しているのではないかと考えられています。

1-3. 雀卵斑(そばかす)

出典 | http://そばかす治療と消す方法.com/img/1before.jpg

雀卵斑(そばかす)は鼻やほおの周りを中心に生じる色素斑で、色は茶褐色をしています。

遺伝性のものと、遺伝性でないものとありますが、どちらに関しても原因となるのは紫外線が主です。

紫外線を浴びることで色が濃くなったり、数が増えたりします。

1-4. 炎症性色素沈着

炎症性色素沈着はニキビをはじめ、やけどや擦り傷、お肌のかぶれなど炎症がおさまった後に出来るシミのことです。

色は褐色で年齢や性別を問わずに発生し、時間の経過と共に薄くなる場合もあります。


1 2 3 4 5
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビ跡を消す

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!