肌荒れとニキビって関係ある?2つの共通点とスキンケアとは

人気の検索キーワード

お肌がカサカサになったり赤くなったり、かゆみを感じたり、ニキビができるといった皮膚の症状を「肌荒れ」といいます。

赤みや痒みなどを伴う肌荒れの主な原因は「肌が薄くなる」ということをご存知でしょうか?

特に女性の場合は化粧していると、ノリが悪いとこう感じるのではないでしょうか?

普段の食事や生活習慣の乱れが原因で肌が薄くなる場合もあるといわれていますので、肌荒れ改善について詳しく知ることが大切です。

また、肌の表面にある角質層が薄くなると外部からの刺激を受けやすくなるため、もともと角質層が薄い場所の肌荒れはとても目立ちやすくなりますので日頃からのスキンケアや生活習慣などの見直しが必要となります。

肌荒れとニキビの関係を知るためにも、『肌荒れが原因でニキビへ発展?腸内や肝臓からケアする方法とは?』も合わせて読んで下さい。

今回は肌荒れの原因や対処方法などを詳しく解説させていただきたいと思います。

今回は、肌のかさつきやかゆみが気になる方はぜひご参考になさってくださいね。

目次

1.肌荒れとは?
1-1.肌荒れはつきもの?

2.肌荒れの原因とは?
2-1.生活習慣の乱れの場合
2-2.ストレスの場合
2-3.寝具の影響の場合
2-4.食事内容の場合
2-5.アレルギー類の場合
2-6.内臓の不調の場合
2-7.スキンケアの場合(男性)
2-8.スキンケアの場合(女性)
2-9.空気の乾燥の場合
2-10.便秘の不調の場合
2-11.生理前・生理中の場合
2-12.妊娠中の場合
2-13.紫外線の場合
2-14.頬杖で雑菌がついてしまう場合

3.肌荒れの症状とは何か?
3-1.毛穴が開いてくる
3-2.肌の炎症
3-3.肌が乾燥する
3-4.かゆみがある

4.肌荒れ原因への対処法とは何か
4-1.ストレスや生活習慣の乱れを改善
4-2.スキンケアを意識する

5.皮膚科も検討しましょう

6.まとめ

1.肌荒れとは?

「肌荒れとは?」の画像検索結果

出典 | 美肌総合研究所 

常にお肌がカサカサになる、くすむ、赤くなる、かゆみを生じる、毛穴が開いてしまう、吹き出物や腫れや大きなニキビができるといった皮膚の症状を肌荒れと呼びます。

皮膚というのものは新陳代謝を何度もくり返し、古い皮膚から新しい皮膚へと生まれ変わります。

しかし、新陳代謝が正常に行われないと、古い角質層が皮膚の表面上に残ってしまったり、不完全な角質層を形成することになります。保湿力が弱まり、皮膚のバリア機能も低下するため、紫外線や乾燥といった外部の刺激から守れないのです。したがって、肌荒れが引き起こされるというわけです。

1-1.肌荒れはつきもの?

毎日のように、ケアや保湿用の化粧品を使っているのに、肌が乾燥してしまったり、長い髪の毛などの刺激で顔や首などがとかゆくなってしまうことはないでしょうか?

この肌荒れというものは、季節によって特徴が違うとは思いますが、一年中起こりうる症状だと言えます。肌荒れが原因でついつい内気になってしまうこともあるでしょう。それだけ体と心の関係は密接なものなのです。

特に、乾燥しやすい春や冬は、肌荒れに悩んでいる方は多いと思われます。さらに、肌にかゆみや炎症が頻繁に起こってしまうと、気になってストレスも溜まってきますよね。肌荒れのないライフワークを過ごしたいとお考えだと思います。

しかし、何故肌の調子が悪くなってしまうのか?それには原因があります。まずは、肌荒れの原因を理解して、その後に対処法を詳しくご紹介します。


1 2 3 4 5 6
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの原因

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!