肌荒れとニキビって関係ある?2つの共通点とスキンケアとは

人気の検索キーワード

2.肌荒れの原因とは?

肌荒れにはいくつかの原因があります。

それぞれの原因と、引き起こされる内容について理解を深めましょう。

2-1.生活習慣の乱れの場合

「生活習慣の乱れの場合」の画像検索結果

出典 |  Welby 

乱れた生活習慣も肌荒れの原因につながるといわれています。

知られているのは「睡眠不足」による肌荒れでしょうか。夜にぐっすりと眠れていない場合は、睡眠時間が少ないと、肌のバリア機能が低下し、水分の調節がうまくできなくなって乾燥肌になりやすいです。

長時間の労働も肌荒れにつながります。生活のリズムが著しく狂ってしまうと、それだけ身体にも負担がきますので、決して肌に良くありません。

加えて、喫煙も肌荒れの原因になるでしょう。タバコを吸うと、煙のなかの有害物質が体内に取り込まれ、細胞が酸欠状態になってしまうそうです。また、体内のビタミンC、ビタミンEを大量に消費してしまい、肌の働きを低下させるので、喫煙すると肌の老化が早まってしまうといわれています。

また、身体の冷えも肌荒れを引き起こすそうです。身体が冷えると血流が悪くなってしまい、体内の代謝も不活発になってしまうようです。皮膚の表面が冷えることでも肌のバリア機能が低下するそうなので、身体が冷えすぎないようにちゃんと肌を保護してあげる必要があるでしょう。

私たちのお肌は、日ごろから様々なストレスにさらされています。日中の紫外線もそうですし、PM2.5や花粉だってストレスになりうるのです。そしてそのストレスを受けた肌を一番修復するのが睡眠時なのです。

また体やお肌にとって、睡眠のゴールデンタイムと言われる時間帯があります。それが夜10~深夜2時の間の時間です。この時間帯にぐっすりと眠ることは、お肌にとっても良いことなのです。日ごろから生活習慣が乱れている、または寝不足で肌荒れを起こしている場合は、この時間にぐっすり眠ることができれば、お肌の調子も良くなってくるでしょう。こういった生活習慣全般をまずは意識しましょう。

2-2.ストレスの場合

「ストレスの場合」の画像検索結果

出典 |  QRIONE調査団 

肌荒れ原因にストレスも大きくかかわっています。ストレスが溜まっていることが原因で肌荒れを起こすこともあるのです。

例えばストレスを受けることによって、胃腸の働きが悪くなります。ストレスによって胃腸の調子が悪くなるということは、70%の免疫力も低下しているといっていいでしょう。また、腸内に悪玉菌が増えてしまうと、大量の有毒ガスを発生させそれがお肌にも悪影響を与えてるのです。

ストレスが多いと自律神経の働きが乱れ、ホルモンのバランスが崩れたりなど、身体を維持する機能が正常に働かなくなってきます。その中でも、女性ホルモンは肌の調子を大きく左右するホルモンです。ストレスによる体調の乱れ、ホルモンバランスの乱れは肌荒れの原因となってしまうのです。精神面と肉体面は表裏一体でありますから、少なからず影響を受けてしまうのです。

また、ストレスを感じることで体内に活性酸素が増えたり、体内のビタミンCが大量に減ってしまったりして、肌荒れが起こるともいわれています。

ストレスが増えてくると、発散のために食べ過ぎたりして栄養が偏りやすくなりがちです。ストレスは肌荒れだけでなくあらゆる不調を引き起こしやすいので、なるべく溜めないように上手に発散しましょう。

2-3.寝具の影響の場合

「寝具の影響の場合」の画像検索結果

出典 | 治療院ギルド 

毎日の夜、睡眠中の間に、私たちはかなり汗をかいています。

それに加え、枕カバーやシーツなどには、身体から出た皮脂や汗、フケや臭いなどの頭皮の汚物がしみ込んでいるのです。汚れたカバー類が原因で肌に刺激を与え、肌荒れを起こすことがあるそうです。これが原因で片方の頬や顎などに大きい吹き出物やニキビができてしまうケースが多くあります。

汚れたカバー類にはダニなども非常につきやすいので、ダニに噛まれないようにするためにも、寝具カバーは常に洗濯して清潔にしておいたほうが良いでしょう。普段の寝方も重要だと言えますね。

2-4.食事内容の場合

「食事内容の場合」の画像検索結果

出典 | 別府 鉄輪温泉 かんなわ荘 

私たちは普段、食物を食べることによって栄養を取り入れ、身体機能を維持しています。

身体を維持するのに必要な栄養分が不足しているために、肌荒れを起こしている場合があります。

しかし、普段はそれほど栄養素を意識することなく食事をしている場合が多いと思いますので、どの栄養素がどれだけ不足しているのかはわかりづらいと思います。

主に鉄分、マグネシウム、銅、亜鉛、マンガンなどのミネラルや、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEといったビタミン類が不足すると、肌の機能がうまく保てなくなり、肌荒れにつながるといわれています。また、脂質、糖分の摂り過ぎによって肌が荒れることもあるので、注意が必要です。

さらに言えば、食べ物の性質によって、肌荒れを起こしやすいといわれている食べ物も存在します。例えば有名なのがチョコレートやナッツ類。カカオやナッツ類には栄養分や良質な脂質も含まれているのですが、食べ過ぎるとニキビができやすくなります。

またほかにもファストフード、ジャンクフードやスナック菓子など油分が多く含まれているものは、その油分が酸化してしまうとやはりお肌に悪い影響を与えてしまいます。

毎日食べていたり、栄養バランスのとれていないのならば、食生活を見直した方が良いでしょう。

2-5.アレルギー類の場合

「アレルギー類の場合」の画像検索結果

出典 | CAFY [カフィ] | 

季節に限定されますが、花粉症や鼻炎だと、鼻の周りや目の周り、頬が乾燥してかゆくなったり、肌が敏感になる場合があります。花粉の季節は肌荒れが特に起こりやすく、目、鼻、口元、頬、額、背中、胸元など、顔が腫れたり、赤く吹き出物がでてしまうケースがあります。

また、至極限定的な食べ物のアレルギーで肌が荒れることもあるのです。

例として、お蕎麦や小麦、卵や魚介類など、食べてすぐにアレルギー症状が出やすい食べ物もありますし、乳製品などのように食べてから数時間後、または数日後に大きく症状があらわれるものもあるそうです。すぐに症状が出ないものだと、何が理由で肌荒れが起きているのかわからず、食物アレルギーだと気づかない場合も多いようです。アレルギ-持ちの方は、食べ物の成分表とかに十分注意して気を配る必要があるでしょう。

最後に、金物、金属アレルギー、化学薬品に対するアレルギー、特定の植物や動物に対するアレルギーなどが原因で肌荒れを起こすことも多いようです。こういったアレルギーでも症状が遅くあらわれることがあり、原因を特定するのが難しい場合もあるといいます。後発的に気付く場合も多々あるみたいですので、自分の身体を見極めるのも必要ですね。

2-6.内臓の不調の場合

「内臓の不調の場合」の画像検索結果

出典 | 【横浜市中区の整体マッサージ】よこはま山手治療院 

肌荒れの原因は身体の内部が原因かもしれませんね。その中でもやはり、内臓の不調があげられるでしょう。

私たちは内臓を見ることはできませんから、その状態を確かめることはできません。しかし、お肌なら実際に目で見てその状態を確かめることができます。内臓の状態がお肌に反映されることも多々あるのです。

実際、吹き出物の出る場所によって、どの内臓が弱っているのかを知ることができるのです。

それは、一時の不調かもしれませんし、慢性的なものかもしれません。同じ個所ばかり肌荒れを起こすようなら、内臓の様子をチェックしてみたほうがいいかもしれません。先天的なものならば、今後生きていく上では長くおつき合いすることだと思いますし、病院や皮膚科で相談した方が賢明だと言えるでしょう。

2-7.スキンケアの場合(男性)

「スキンケアの場合(男性)」の画像検索結果

出典 | 肌らぶ 

男性でも肌荒れに悩む人も多いと思います。

特に男性の場合、乾燥肌で悩む、というよりはオイリー肌であったり、ニキビや吹き出物で悩む方が多いでしょう。その原因として考えられるのが、男性ホルモンの過剰分泌だと考えられます。

この男性ホルモンというのは皮脂の分泌を促すので、どうしても過剰分泌になりやすいのです。皮脂がたくさん出てしまうと、角栓にニキビができやすくなってしまう状態になります。

また、顔を洗いすぎてしまうこともあるでしょう。しかし、これがより一層皮脂の過剰分泌を促してしまうことにつながるのです。洗顔料でしっかりと皮脂を洗い流されたお肌は、皮脂を出してカバーしなければ、と皮脂分泌を促してしまうからです。

また、そのほかにも髭剃りの際のカミソリ負けで肌荒れを起こしてしまうことがあるでしょう。カミソリを使っているとどうしてもその部分は乾燥をしてしまいます。他の部分はオイリー肌であったとしても、部分的に乾燥している場合もありますので、その場合は、髭を剃るときに肌を守る専用ジェルなどを使う、髭を剃り終わった後は保湿をするなどを心がけると良いでしょう。顎辺りは特に、男性にとっては最も肌荒れしやすい部分の一つなので、注意してケアしていくべきだと言えるでしょう。

2-8.スキンケアの場合(女性)

「スキンケアの場合(女性)」の画像検索結果

出典 | 肌らぶ 

普段から使用している化粧水、乳液、保湿クリームをはじめ、女性は特に、クレンジング剤やファンデーションなどの化粧品類が、自分の肌に合わなくて肌荒れを起こしている可能性が高いです。

特に、肌が敏感な方は、化粧品類に含まれる防腐剤などの添加物に反応してかぶれてしまう場合も多いようです。

また、強くこすったり何度も過剰な洗顔をしてしまうことで、肌を保護してくれている皮脂膜や角質層を傷つけてしまい、良い細胞も維持できないため肌荒れを起こすこともあるといいます。

日々、仕事の疲れでメイクを落とさないまま寝てしまうなど、必要な手入れをしなかったために肌の調子が悪くなることもあるでしょう。化粧品のなかに含まれる油分が酸化して、肌に悪影響を及ぼすといわれています。面倒くさがらずに、普段の心掛けがセルフケアにつながる場合もあるので、意識して取り除いていきましょう。

2-9.空気の乾燥の場合

「空気の乾燥の場合」の画像検索結果

出典 |  身体のトラブル.com 

季節の秋から冬にかけて空気が乾燥してくると、肌荒れを起こしやすくなってくると思います。

空気というのは、温度が低くなるほど含むことができる水分量が減るので、気温が低くなる秋から冬にかけて徐々に空気中の水分量は著しく少なくなっていきます。そのような状態で暖房のある環境に入ると、水分量はそのままで温度だけが上がってしまうため、湿度がぐっと下がってしまい、非常に乾燥した状態になってしまうのです。

また、空気が乾燥すると肌の水分も蒸散するため、どうしても肌が乾燥しやすくなりがちです。この肌が乾燥するとバリア機能が弱まり、傷がつきやすくなってしまい、肌荒れにつながるのです。

特に乾燥する時期は常に保湿することを念頭に置いておくことを意識しましょう。

2-10.便秘の不調の場合

「便秘の不調の場合」の画像検索結果

出典 | WELQ [ウェルク] | ココロとカラダの教科書 

実は、便秘の不調が肌荒れにつながることも非常に有名な話であります。

便秘になると腸のなかに長い時間の間、排泄物や毒素が溜まっている状態になっているため、血液中にも有害物質が移ってしまい、全身にまわってしまうのです。

それに対して肝臓の解毒作用や肌の浄化作用が追いつかなくなってくると、ダイレクトに肌荒れが起きてくるという流れになります。常に便秘で悩んでいる人は、著しく腸や肝臓が虚弱になっている可能性が高いので、かかりつけの医師や病院で診てもらう方がいいと思います。

また、野菜やフルーツなど、食物繊維を多く含む食事をしっかり摂るよう心掛けるのも大切です。難しければ、食物繊維を補える健康食品などを利用するのも良いでしょう。

2-11.生理前・生理中の場合

「生理前・生理中の場合」の画像検索結果

出典 | ORBIS 

女性のみの場合ですが、生理の前や生理中に、肌の調子がかなり不安定になった経験をした人は多いのではないでしょうか。

この生理前になると、女性ホルモンであるプロゲステロンの分泌が増えて肌が過剰にオイリーなってしまい、吹き出物や悪化したニキビやひどい蕁麻疹が出やすくなります。

生理中はプロゲステロンの分泌がぐっと減少してしまうために、肌が極端に乾燥してきて肌が荒れやすくなるといわれています。女性は定期的に生理というものがありますので、ご自身の周期を理解しつつ、いつでも対処できるような体制を作っておきましょう。

2-12.妊娠中の場合

「妊娠中の場合」の画像検索結果

出典 | ママリ [mamari]|家族の毎日をもっと笑顔に。 

これもまた女性限定の話ですが、妊娠中の肌荒れは、生理前に起こる肌荒れと似ているといいますね。

同じように、女性ホルモンのバランスが変化することによって引き起こされるのです。妊娠すると分泌が急増するエストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンは、出産を終えると、今度は急激に減少します。このようにホルモンバランスが安定しない状態は肌にも影響を与え、肌状態も揺らぎが生じるのです。

通常よりもホルモンバランスが大きく乱れるので肌のバリア機能が一気に低下しやすく、肌が過剰に敏感になるといわれています。

どうやら、妊娠前に常に使っていた化粧品が合わずに肌荒れを起こしてしまう場合もあるようです。添加物の入っていない低刺激の製品を使ったり、保湿をいつも以上に丁寧に意識しましょう。

2-13.紫外線の場合

「紫外線の場合」の画像検索結果

出典 |  顎ニキビ治し方ガイド|30代以上の大人も思春期もすぐ治療 

外出や日照りなどでケアをしないまま日焼けをしすぎると、皮膚に炎症を起こして赤くなったりヒリヒリしたり、皮が剥けたりしますよね。紫外線には主にA波(UVA)とB波(UVB)が存在することはご存知でしょうか。

このUVAというものは肌の深奥のほうまで届くので、肌の張りや弾力を失わせて老化を早め、さらにメラニン色素を酸化させて肌を黒くしてしまう作用があるのです。

一方、UVBは肌への作用が滅法強く、比較的短時間当たっただけでも肌が赤くなってしまい、大きなシミや腫れや炎症の原因となるといわれています。

2-14.頬杖で雑菌がついてしまう場合

「頬杖で雑菌がついてしまう場合」の画像検索結果

出典 | ニキビ専門.com 

私たちの手というのものは、常に意識していなくてもいろんな時に触っているものです。

当然、汚れや雑菌がついていることになります。よく顔を手で触るクセのある人、特に頬杖をついてしまう人は知らないうちに顔に手の汚れがついてしまっているため、それが刺激となって肌荒れを起こしてしまうことがあります。

常に顔を触るクセ、髪の毛を触った後に手を肌に付けるなどがある人は、注意した方がいいと思われます。


1 2 3 4 5 6
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの原因

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!