肌荒れとニキビって関係ある?2つの共通点とスキンケアとは

人気の検索キーワード

5.皮膚科も検討しましょう

「皮膚科も検討しましょう」の画像検索結果

出典 | コンプレックスで悩むあなたのための悩み解決・応援サイト NICOLY: 

肌荒れを改善するためには、生活習慣を変えたりお手入れに注意したりなども必要ですが、しつこい肌荒れの場合は皮膚科で診てもらうことも必要です。

肌荒れの原因をどこかわかれば、症状が起きた経緯や具体的な症状から判断できるでしょう。

原因がわかったら、正しいスキンケア法や生活習慣のポイントを教えてもらえます。

症状にあわせて保湿剤やステロイド剤の外用薬やかゆみを抑える抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤の内服薬が処方されると思います。

保湿剤

皮膚の乾燥を防ぐ薬です。

比較的症状が軽い場合には保湿剤のみで改善できるかもしれません。皮膚の水分喪失を防ぐワセリンなどが挙げられます。

 

強力な作用によって炎症を抑えます。そのため、副作用に注意する必要はありますが、医師の指導の下に使うと比較的に安全で効果が高い薬です。

抗ヒスタミン剤など

かゆみを引き起こす作用のあるヒスタミンという物質を抑える薬です。沈静化を促してくれるでしょう。

抗アレルギー剤

抗ヒスタミン作用のあるものと無いものがあります。アレルギーを起こす体内のタンパク質を抑える働きがあります。副作用は少ないのですが、効果があらわれるまでにかなり時間を要すのが特徴です。

漢方薬など

著しく血液の循環をよくしたり体の熱を冷ましたりする働きのある漢方薬が処方されることも多々あるようです。

症状そのものではなく、肌が荒れにくい体質に整えることが目的と言えます。


1 2 3 4 5 6
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの原因

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!