ニキビと花粉症って関係ある?2つの原因と6つのケア法

人気の検索キーワード

冬の間「早く春は来ないかな〜」と多くの方が感じていると思いますが、春になると突然肌がカサカサしたり、ニキビができた!という経験はありませんか?

花粉症といえば、一般的にくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなど特に鼻や目に関する症状をよく耳にしますが、実は花粉もニキビができる原因のひとつなのです。

花粉症になると免疫力も下がり、肌のバリア機能も下がっていくでしょう。大人ニキビの原因のひとつである肌の乾燥も、肌のバリア機能の低下が原因になっています。

「季節の変わり目はお肌の状態も悪化するもの」と対策を諦めている人も多いかもしれませんね。でも、この春にできるニキビは意外にも「花粉症」とも深く関係しているため未然に防ぐことも可能なのです!

花粉症というのはスギやヒノキなどの花粉によって引き起こされるアレルギー症状一種です。

今回はニキビと花粉症の関係とその影響について詳しく解説させていただきたいと思いますので、毎年春にできるニキビに悩まされている方はぜひ参考にしてくださいね。

花粉症の時期にニキビを治すためにも、『花粉症がニキビの原因に?花粉症でニキビを悪化させない方法』も合わせて読んで下さい。

春は精神的にも体調的にも辛い時期ですが、この機会に自分にあった花粉対策やスキンケアを見つけて肌トラブルなしで春を過ごしましょう!

目次

1.花粉はニキビの原因になるのか
1-1.花粉症からニキビとなる過程
1-2.スギ・ヒノキ花粉

2.花粉による肌荒れの症状
2-1.顔全体が赤くなっている
2-2.眼の痒みがひどい
2-3.肌の表面がむずがゆい状態
2-4.顔が常に腫れている
2-5.化粧のりが悪くなる場合
2-6.アレルギーと上手く共存させるには?

3.ストレスがニキビを増やす
3-1.飲み薬によるケア
3-2.女性は生理周期が乱れることでニキビが発生

4.花粉によって引き起こされる肌の病気とはなにか?
4-1.花粉症乾燥肌とは?
4-2.花粉症皮膚炎の予防
4-3.花粉を浴びない
4-4.食生活
4-5.早く洗い落とすこと
4-6.布団は家の中で干すこと

5.花粉対策にはマスクは必要なのか?
5-1.マスクは肌を傷つける?
5-2.マスクの摩擦が肌の刺激になる
5-3.マスク選びで気をつけたい事は?

6.花粉による肌荒れを防ぐ対策を紹介
6-1.十分な睡眠をとりましょう
6-2.女性はメイクやり過ぎ注意
6-3.ピーリングやスクラブはほどほどに
6-4.基礎化粧品を敏感肌ラインに
6-5.ビタミンを取りましょう
6-6.皮膚科に行くのも手

7.まとめ

 

1.花粉はニキビの原因になるのか

「花粉はニキビの原因」の画像検索結果

出典 | ニキビ跡を消す化粧水、選ぶならどれ? 

この花粉症の人にとって、春は憂鬱な季節と言えるでしょう。この花粉アレルギーとニキビは一見関係しないように思われやすいですが、実は花粉アレルギーがニキビを悪化させる原因になることがあるのです。

特に、元からアレルギー症状がある時は肌がとても敏感になっているからです。

外に出れば、さまざまな外的刺激を受けることで皮脂量が増え、角質を厚くして肌を守るようになります。その皮脂が増える上に角質が厚くなれば、毛穴が塞がりニキビができやすくなってしまいます。花粉症の症状が出始めるとニキビがひどくなるのはこうした原因が考えられます。

また、花粉症になると免疫力も下がり、肌のバリア機能も下がっていくでしょう。大人ニキビの原因のひとつである肌の乾燥も、肌のバリア機能の低下が原因になっています。花粉症の症状が出ている間はニキビができやすくなるといってよいでしょう。

アレルギーという体質は花粉だけではありません。春になると偏西風に乗ってやってくる黄砂やハウスダスト、動物や虫による他のアレルギーも増える時期です。

他の季節よりくしゃみや鼻水、目の痒みがあるならアレルギーかもしれません。あまりにもひどい場合は考えものですね、しっかり対処していきたいところです。

1-1.花粉症からニキビとなる過程

まず、花粉症というのはスギやヒノキなどの花粉によって引き起こされるアレルギー症状一種です。その、アレルギー症状は目や鼻などの粘膜に現れることが多いのですが、その症状が肌に現れることが多々あるのです。

外界から受けた影響の乾燥で皮膚のバリア機能が低下している状態の時に、花粉という強い刺激物が皮膚に付着することで、かゆみや赤み、化粧水が沁みたりといった症状が出てしまいます。そのような肌の弱った状態が続くと、毛穴が開いて汚れや皮脂が溜まりやすくなり、皮膚の上では細菌が発生し、ニキビができやすくなってしまいます。

1-2.スギ・ヒノキ花粉

「スギ・ヒノキ花粉」の画像検索結果

出典 | KUSANO ENT CLINIC.  

メインとなるのは、主に2月~5月頃にかけて大流行するスギ・ヒノキ花粉症の方も果物の摂取に注意しましょう。

気を付けたい果物は、メロンやパイナップル、キウイ、マンゴー、ナシなどのほか、ナスやトマトなどの野菜です。ほかにクルミなどにも注意すること。

パイナップルやキウイは一年中食べられる果物ですので、旬の果物はお店などでも出されます。スギ・ヒノキ花粉症の人は十分注意するようにしましょう。

また、トマトでアレルギー症状が出るのもスギ花粉症の特徴です。サラダなどを食べる時はトマトが入っていないものを選びましょう。


1 2 3 4 5 6 7
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの原因, ニキビの治し方, ニキビの種類別に対策

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!