かさぶたになったニキビはどうする?跡にならない治し方7つ

人気の検索キーワード
「ニキビをどう治したらいいかわからない!」を解決することができます。
すぐに再発してしまうニキビに悩んでいませんか?
カリフォルニア大学の薬学博士、ブライアン・ケラー博士によると、対策してもニキビが治らない人には、皮膚やコスメにある特徴があるとしています。
実際に97%の人が納得した、ニキビの治し方とは、、、
→詳しくはこちら

3.かさぶたができたら絶対にやってはいけない5つのポイント!

実は、ニキビから血が出たり、かさぶたになってしまったとき、絶対にやってはいけない行為があります。追って解説していきたいと思います!

3-1.かさぶたを無理に剥がしては絶対にNG!

「ニキビのかさぶたを無理に剥がしては絶対にNG!」の画像検索結果

出典 | 美肌総合研究所 

ニキビができて間もなく、そしてできた跡がかさぶたになった。もしくは、ニキビが潰れて血が出た後には、かさぶたができてしまうこともよくあります。しかし、このかさぶたを無理やり引き剥がすのは危険なのです!かさぶたは、ニキビによって、傷ついた肌を保護するために作られます。肌が修復するまで外界から守る役目を持っているのです。かさぶたがあることにより、細菌が入ってしまうことを防いでくれるからです。

 

このかさぶたを強制的に剥がすと、傷ついた肌が余計に傷ついてひどい跡になってしまう可能性も否めません。かさぶたを無理に剥がすと、まだ未熟な皮膚が表面に出てしまうことになります。また、無理に剥がす事でせっかく治りかけた傷口から出血してしまうという事もあります。また、ニキビの傷口が、再び膿んでしまう怖れがあるのですね。

 

かさぶたは皮膚が再生すると自然に剥がれ落ちるものですが、まだ再生されていない状態で無理にかさぶたを剥がすと、またかさぶたを作り始めます。これを何度も繰り返すと、色素沈着やクレーターになってしまう場合があります。また、かさぶたをはがして傷口に雑菌などが入ってしまうと、症状を悪化させる原因となるでしょう。ニキビが潰れた後にかさぶたができてしまったら、目立ちますが、我慢して剥がさないようにしましょう。

3-2.剥がすと雑菌が侵入してさらに悪化も考えられる?

「ニキビかさぶた剥がすと雑菌が侵入してさらに悪化も考えられる?」の画像検索結果

出典 | 2014 美ブログ 

上記でも触れましたが、かさぶたを無理に強く剥がしてしまうと、その傷口から雑菌などが侵入して、悪化から化膿までつながってしまう怖れがあるのですね。ここで、せっかく治りかけている傷の状態が更に悪化し、傷跡も残りやすくなってしまいます。ちなみに、ニキビ以外でもかさぶたは治りかけはかゆくなったりすることがあります。常にかゆくて指でかいてしまったり、剥がしてしまうと、かさぶたがまたできてしまうので、かさぶただらけになってしまいます。これでは治るものも半永久的に治ることはないでしょう!かゆくなるということは、もうすぐかさぶたが完治するという信号なので、例えかゆくても我慢しておきましょう。

3-3.剥がすとケロイド状の醜い痕になってしまうかも!

「ニキビ剥がすとケロイド状の醜い痕になってしまうかも!」の画像検索結果

出典 | 2ch☆Rank 

ニキビのかさぶたを剥がすことばかりしていると、治る前の傷を再び大きく広げていることと同じなのですね。おそらく小さいころなど、かさぶたを無理矢理に剥がした際に多く出血したりしている経験がある方は多いと思います。

 

そして、その傷を修復する際に、傷口周辺に皮膚組織の原料となる物質であるコラーゲンや線維芽細胞などが集中しますが、何度も繰り返し患部を傷つけてしまうことでその物質が過剰に運ばれてくるようになってしまいます。これはつまり、過剰に修復した分がいわゆるケロイド状となって傷口が盛り上がりながら修復されていく要因となってしまうのです。かさぶたの跡が残ってしまう原因は、色素沈着やケロイドなんです。完成していない皮膚は、紫外線の影響を強く受けるので、強い太陽を浴びてしまうとシミや色素沈着になる危険もあります。

 

ケロイドは傷が深い場合や、浅くても広範囲にわたって傷ができた場合などに起こりやすいと言われているようです。ケロイドは体質によるものですが、小さな傷でも過剰に反応し赤みが出ることがあります。赤く盛り上がり、ミミズ腫れのようになってしまうこともあります。そして、一度ケロイド状になってしまうとそこから元の皮膚へ戻すには、相当の時間がかかってしまいますので、極力一度出来たかさぶたは治るまで剥がさないように注意することが重要と言えます。

3-4.ニキビから悪化してとびひになる可能性も?

「ニキビから悪化してとびひになる可能性も?」の画像検索結果

出典 | WELQ [ウェルク] | ココロとカラダの教科書 

また、ケロイド状になる被害以外にも症状はあるようです。それは、傷口を細菌などの侵入から守ってくれる筈のかさぶたを、繰り返し強く剥がしていると、傷口が外部に露出してしまうことになり、そこから細菌が入ることにより、感染を起こして『伝染性膿痂疹』いわゆる『とびひ』になってしまう場合もあるとのこと。これはできれば避けたい症状だと言えます。ニキビのかさぶたからここまで悪化する怖れがあるために、油断ができないのです。

 

このとびひは全身に水泡状の湿疹が広がってしまうもので、掻きむしったりして潰してしまうと浸出液の中にいる菌が手に付着してしまい、その手で別の部位や他の人に触るとさらに感染が拡大してしまうことになりかねません。注意しましょう。

 

このとびひを引き起こす細菌には、『化膿レンサ球菌』と『黄色ブドウ球菌』と呼ばれる細菌が挙げられるでしょう。しかし、これらは常在菌と言ってどんな人でも常に体に存在している細菌です。普段は、まず悪影響を及ぼすことはありませんが、風邪やストレスなどの要因で体の免疫力が低下していたり、異常に増殖したりすることによりニキビにも及んでくるのです。

3-5.かさぶたを冷やしすぎるのもダメ!

また、患部を氷などで過剰に冷やすことでニキビの炎症や出血が抑えられる効果は多少はあるようですが、冷やしすぎは悪影響なので注意が必要になってきます。その理由は、体の血管が縮んでしまい、血液の流れが著しく悪くなってしまいますので、肌の新陳代謝が悪くなるというからなのです。肌のターンオーバーが正常に行われず、ニキビが治りにくくなり、さらにはニキビ跡となってしまう可能性があるので、患部をアイシングする場合は丁寧なケアが必要になってきます。もし、悪化しているようであれば、アイシングを辞めて、すぐにでも身近な皮膚科で症状を診てもらうことをすすめます。

 

<< 下に続きます >>
重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレン のニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

90%の人がニキビ予防を実感することができたとして話題になっているのは オルビス のニキビケアです。
特に「ニキビができるのにかさつく」という悩みのある人におすすめしたい、100%オイルカット・高保湿成分のニキビケア商品です。
→詳しくはこちら

ビタミンCの浸透力でニキビケアをするのが VCスターターセット です。
低価格帯のニキビケア商品ながら実績は圧倒的で、ビタミンC化粧品に興味がある女性が選ぶランキング 4部門1位を獲得。
1800円で試すことができるため一度は絶対に試してみるべき商品のひとつです。
→詳しくはこちら

人気の記事

ニキビの症状ごとに一番効果的な「ニキビの薬」を教えます!

ニキビの原因は、ニキビのできる場所だけで分かります!
1 2 3 4 5 6 7

人気の検索キーワード!