抗生物質で重症ニキビを治す!正しい抗生物質の使い方

人気の検索キーワード

繰り返しできるニキビにお悩みの人いませんか?治りづらいニキビはニキビ跡になることもあり、とても厄介な肌トラブルです。

そんな悩めるニキビに即効性がある治療薬として注目されるのが抗生物質です。ニキビに悩み皮膚科を受診すれば、必ず処方される薬です。

そんな抗生物質とはどんな薬なのか、どんな効果があるのか、どんなニキビに効くのかなど、抗生物質を使った正しいニキビ治療・予防をご紹介します。

抗生物質のニキビ薬を使用する前に『ニキビ薬の口コミを見てみよう!自分にあったケアの参考に』も参考に読んでみることをオススメします。

目次

1.抗生物質とは?
1-1.ニキビに即効性が高いのが抗生物質
1-2.抗生物質のニキビ飲み薬
1-3.抗生物質のニキビ塗り薬

2.抗生物質が効果的なニキビの種類は?
2-1.赤ニキビには抗生物質が効果的
2-2.白ニキビには抗生物質が効かない

3.抗生物質だけでは治らない!ニキビを防ぐ生活を
3-1.朝晩の2回!正しい洗顔を
3-2.常にたっぷりと保湿を
3-3.偏った食生活を見直す

4.まとめ

1.抗生物質とは?

ニキビ 抗生物質

出典 | 健康生活ブログ

抗生物質は、最もオーソドックスなニキビ治療薬です。

1-1.ニキビに即効性が高いのが抗生物質

抗生物質には、食前食後のタイミングなどで飲むタイプの「内服薬」と、ニキビができている患部に塗る「塗り薬」の2種類があります。

抗生物質はニキビの原因となるアクネ菌や黄色ブドウ球菌を倒す力も持っています。これにより、炎症をおこしたり化膿した重症ニキビを素早く治すことが可能になります。

重症ニキビに即効性がある抗生物質を使うことにより、ニキビ跡ができるのを防ぐことが可能になります。一度できると一生治すことが難しいニキビ跡にならないようにすることは、ニキビ治療において最も大事なことです。

ニキビの原因となるアクネ菌や黄色ブドウ球菌を殺菌することにより、炎症をおこしたり化膿したニキビを治します。

1-2.抗生物質のニキビ飲み薬

食前食後のタイミングなどに飲むタイプのニキビに効く抗生物質です。

ビブラマイシン(成分名ドキシサイクリン)

ニキビ 抗生物質

出典 | ニキビLabo

商品名ビブラマイシン、成分名ドキシサイクリンという抗生物質です。よって、ビブラマイシンとドキシサイクリンは実質同じものと考えて差し支えありません。

ビブラマイシンは赤ニキビの原因のアクネ菌を倒すためにつかわれます。アクネ菌が出す炎症物質を抑える作用があり、ニキビの炎症を抑えることができます。

ミノマイシン(成分名ミノサイクリン)

ニキビ 抗生物質

出典 | ニキビLabo

ミノマイシンは、アメリカのファイザー社が開発した薬です。

「ミノサイクリン塩酸塩」という「テトラサイクリン系」の抗生物質が主成分です。この成分は、細菌が増える時に必要なタンパク質の合成を阻止する働きがあります。それにより細菌が成長できなくなって数が減り、ニキビの症状が改善されます。

ミノマイシンには形状が3種類あり、ひとつは「錠剤タイプ」、あとは「カプセルタイプ」と「顆粒状タイプ」があります。効果はどのタイプでも大きな変わりはありません。

ファロム(成分名ファロペネムナトリウム)

ニキビ 抗生物質

出典 | ニキビLabo

ファロムは商品名で、成分名はファロペネムナトリウムです。1985年にサントリー株式会社が開発した世界初の経口ペネム系抗生物質です。臨床試験などを経て、1997年に発売されました。

ファロムも赤ニキビの原因のアクネ菌を減らしてくれる作用があります。

ルリッド(成分名ロキシスロマイシン)

ニキビ 抗生物質

出典 | ニキビLabo

ルリッド(成分名:ロキシスロマイシン)は細菌を殺菌することによって、ニキビの炎症や化膿を改善する「抗生物質」です。「マクロライド系」と呼ばれるグループに属し、ブドウ球菌やレンサ球菌、アクネ菌などニキビの原因となる細菌に有効で、炎症や化膿したニキビを治してくれます。

ルリッド錠は副作用が少ないといわれ、皮膚科でニキビに出される抗生物質として有名です。

ルリッドの主成分「ロキシスロマイシン」は、体内でのタンパク質の合成を阻害して症状の原因となっている細菌の繁殖を抑制して治癒に導くという作用をもっています。ルリッドの成分(ロキシスロマイシン)が静菌作用によってニキビの発症を防ぎます。 赤ニキビなどの炎症を引き起こす「リパーゼ」の生成を抑えることで炎症を治療していきます。

そのため、赤ニキビや、赤みのある炎症ニキビに効果があるとされています。

1-3.抗生物質のニキビ塗り薬

ニキビができている患部に塗るタイプのニキビに効く抗生物質です。

デュアック配合ゲル(成分名過酸化ベンゾイル+クリンダマイシン)

ニキビ 抗生物質

出典 | ニキビLabo

デュアック配合ゲルは、1999年にメキシコで承認されて以来、世界80カ国で使われいる世界的なニキビ治療薬です。

「過酸化ベンゾイル(ベピオゲル)3%」と「クリンダマイシン(ダラシンTゲル)1%」という2つの成分が含まれ、ダラシンTゲルはニキビによく使われる抗菌薬(抗生物質)として有名です。

デュアック配合ゲルは赤ニキビによく効きます。臨床試験では、2週間の使用で赤ニキビの数を半分以上減らすことに成功しているそうです。

ダラシンTゲル(成分名クリンダマイシン)

ニキビ 抗生物質

出典 | ニキビLabo

ダラシンTゲルは、「クリンダマイシン」が主成分の抗生物質です。これは「リンコマイシン系」とよばれる抗生物質の一種で、細菌がタンパク質を合成するのを防ぐ効果があります。ニキビの原因の一つ「アクネ菌」や「黄色ブドウ球菌」を殺菌する効果があり、ニキビを治してくれるのです。

ダラシンには「ゲル」タイプと「ローション」タイプのふたつがありますが、製剤のタイプで効果に大きな違いはありません。ローションタイプは乾燥してしまうので、一般的に処方されるのはゲルタイプの塗り薬が多いようです。

アクアチムクリーム(成分名ナジフロキサシン)

ニキビ 抗生物質

出典 | ニキビLabo

アクアチムクリームは、主成分が「ナジフロキサン」で、「ニューキノロン系」の抗菌薬です。この抗菌薬は殺菌効果があり、ニキビの原因菌であるアクネ菌を殺菌して除去することにより、赤みや腫れを改善してくれます。

「アクアチム」には化粧水タイプの「アクアチムローション」とクリーム状の「アクアチムクリーム」、半固形状の「アクアチム軟膏」の3種類があります。ニキビ治療薬としてはクリームタイプが多く処方されています。


1 2 3 4
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの治し方

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!