ニキビ薬の口コミを見てみよう!自分にあったケアの参考に

人気の検索キーワード

顔に出来てしまったニキビをすぐに治したい時、特に炎症を起こして赤く腫れた赤ニキビは厄介です。痛いし、目立つし、人前に出るのが嫌になってしまいます。市販のニキビ薬を選ぶ上で
コツは知っといた方が、より効くのを選べるでしょう!

ドラッグストアやインターネットのランキングなどをチェックするときに必ず見るのが、口コミ!市販のニキビ用の薬は現在50種類以上はあるそうです。オススメの口コミをピックアップしてニキビ薬をご紹介したいと思います。ニキビ薬に関する『ニキビ薬の正しい使い方は?おすすめの薬から塗り方まで紹介』も合わせて読むことをオススメします。

目次

1.『ニキビ』とは皮膚の病気!早い段階で対応を

2.ニキビ薬の特徴とは?塗り薬だけじゃない?
2-1.クレアラシルの口コミは?圧倒的人気だった!
2-2.オロナインH軟膏は昔ながらの効果!肌を保護しよう
2-3.テラ・コートリルでひどいニキビに効果があった!
2-4.アクネージアメディカルクリームは大人ニキビにどうぞ!
2-5.眠っているときに治そう!ビフナイト
2-6.王道ニキビ薬!ディフェリンゲル

3.口コミは参考程度に!肌質によって異なるため
3-1.思春期ニキビと大人ニキビのケアは違うので要注意!
3-2.長期的に使用する場合はちゃんと肌質を見極めること

4.まとめ

1.『ニキビ』とは皮膚の病気!早い段階で対応を

ニキビは、思春期から30才前後の男女の、顔、前胸部、背中に出来るもので、俗に言う「ふきでもの」も皮膚科的には、同一疾患。尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)という、れっきとした皮膚の病気です。毛孔の分布と性質が人によって異り、脂腺が活発な人に出来やすい傾向にあります。

 

思春期の男性ホルモンの増加や体質として男性ホルモンに対する感受性が良すぎるために起こっていると言われています。毛穴を中心におこる慢性的な炎症疾患で、その皮疹は皮脂の分泌が多い顔・胸・背中に好発します。目に見えるニキビの初発症状は面ぽうです。炎症を伴わない皮疹である面ぽうから、炎症を伴う紅色丘疹、膿疱へ進展します。

 

面ぽうは、通常目には見えない程小さい、組織変化の段階である微小面ぽうから進展していきます。面ぽうに炎症反応が加わってきた段階が紅色丘疹であり、さらに進展したのが膿疱といわれます。膿疱より炎症がさらに深くに進行していくと、嚢腫・結節となり、治癒後に瘢痕を残すことになります。

 


1 2 3 4
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの治し方

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!