目薬がニキビに効くって本当?その効果と注意点を解説!

人気の検索キーワード

ネット上でニキビに関する情報を検索すると「ニキビを目薬で治す!目薬はニキビに効果あり!」など目を疑う言葉が出てきたことはありませんか?

ニキビケアもとうとうここまで来てしまいましたね!

驚きを隠せないニキビケアのひとつですが、目薬には血管収縮作用をもつ成分「塩酸テトラヒドロゾリン」が含まれています。その成分が血管が拡張してできるニキビの炎症や赤みを抑えるため、ニキビの改善に効果があると言われています。

効能として、血管収縮作用をもたらす成分、抗炎症作用・殺菌作用のある成分が入っているものを選ぶように心掛けましょう。

しかし、目薬と言ってもどれでもいいわけではありませんので、ニキビの改善に適した目薬を知る必要があります。

ニキビ治療に良いとされる目薬は「充血を抑制する」目薬のみを選ぶと良いでしょう。

今回は目薬がどのようにニキビを改善するのか、目薬とニキビの関係やニキビの改善に適した目薬をいくつか紹介させていただきたいと思いますので、今話題の目薬でニキビを改善することに興味がある方はぜひ参考にしてください。

ニキビシールでケアするためにも、『目薬でニキビが治る?3つの効果とおすすめ目薬3選!』も合わせて読んで下さい。

ニキビに合った目薬を正しく使ってユニークなケアの仕方でニキビをきれいに治しましょう!

目次

1.目薬がニキビに効く?
1-1.目薬の成分とは?
1-2.有効成分「塩酸テトラヒドロゾリン」とは
1-3.血管収縮作用でニキビが治る?
1-4.炎症を抑えること

2.ニキビ跡の赤みの原因とは?
2-1.ニキビ跡にも有効?
2-2.ニキビの原因は?
2-3.ストレスによるもの
2-4.ホルモンバランスの乱れ
2-5.皮脂の過剰分泌が理由
2-6.乾燥が発端になる
2-7.毛穴詰まりは避けたいもの
2-8.ニキビを引き起こす細菌
2-9.遺伝もあるの?
2-10.睡眠不足が引き起こす要因

3.おすすめの目薬
3-1.ホワイトアイリスフレッシュ
3-2.バイシン® プラスII
3-3.ROHTOリセb
3-4.使用する場合の注意点
3-5.目薬がダメなら?

4.まとめ

1.目薬がニキビに効く?

「目薬がニキビに効く」の画像検索結果

出典 | リクルートグループ 

ニキビの治療法は沢山あり効果も様々です。私たちは目が疲れた時、充血した時に使用する目薬を持ち歩いていると思います。そんな目薬が今、ニキビに効くと言われ注目を浴びているようです。主に、口コミやネットでの評判での情報が多いようですが、果たして目薬はニキビに効果があるのでしょうか?

1-1.目薬の成分とは?

できるだけ、成分表を確認しましょう。その中で、ニキビ治療に良いとされる目薬は「充血を抑制する」目薬のみを選ぶと良いでしょう。そこで、注意するのが、充血対策を謳っていない目薬では効果が得られないという部分です。効能として、血管収縮作用をもたらす成分、抗炎症作用・殺菌作用のある成分が入っているものを選びましょう。

 

具体的に申せば、グリチルリチン酸ニカリウム、ビタミンB6、ビタミンE、アミノ酸、塩酸テトラヒドロゾリンなどが挙げられるでしょう。そもそもニキビは、皮脂が詰まった毛穴で雑菌が増殖し、炎症を起こすことで赤みを帯びている状態が多いのです。この、目薬の抗炎症作用・殺菌作用が、これらのニキビ生成過程をブロックし、赤みが引いていくものと考えられているようですね。

1-2.有効成分「塩酸テトラヒドロゾリン」とは

「塩酸テトラヒドロゾリン」の画像検索結果

出典 |  2007 J.M.P.D.  

また、目薬と一口にいっても、1dayのコンタクトレンズ専用のものや、保湿力を高めるもの、花粉症などのアレルギー対象製品など新しく目まぐるしいものが巷でラインナップされています。最初に申しておきますが、すべての目薬がニキビによいわけではなく、あくまで充血用目薬を使うことが重要なために、ニキビに役立つ有効成分「塩酸テトラヒドロゾリン」が含まれているかがポイントでしょう。特に、目の充血は血管が膨張することで引き起きますが、「塩酸テトラヒドロゾリン」を使用することで、血管を収縮させることができるため、赤みを緩和し、ニキビを小さい段階で改善することができます。

1-3.血管収縮作用でニキビが治る?

「血管収縮作用」の画像検索結果

出典 | 2010 – 2016 歯科素材.com. 

上記でも多少説明しましたが、ニキビに効果的と言われている目薬は充血を抑制する目薬で、効能は血管収縮作用などが入ったものに限られるのです。その理由の血管収縮作用について説明すると、酸素不足になった目に、できるだけ多くの酸素を届けようとした血管が膨らんで、目が赤く見える「充血」が起こっているからなのです。ここに、目薬の血管収縮剤が効くことで、血管の膨らみが元に戻り、赤みが消える仕組みとなるのです。

 

同時に、ニキビの赤みもまた、炎症を起こした皮膚の血管が膨らんだ状態なのです。目の時と同じように血管が収縮して元に戻り、炎症が治まっていくのが良いのです。このような理由から目薬はニキビ治療になると言われています。

1-4.炎症を抑えること

「炎症を抑える」の画像検索結果

出典 | 2016 【赤く炎症したニキビを抑える薬】市販で買える2つの薬の効果と副作用とは? 

そもそもの原因の発端はなんなのでしょうか?まず、ニキビの発生源なのは、アクネ菌が増殖すると、肌が炎症を引き起こします。その際に、肌に対して活性酸素が発生してしまい、細胞を傷つけてしまうのです。そこで、血管収縮ができる目薬をつけることによって、著しく炎症を緩和し、ダメージを防ぐ事ができるのというわけですね。

 

その目薬に含まれる充血防止成分で一時的に炎症を押さえ込むことができれば、ニキビが悪化する前に治すことが可能です。また、やってほしくないことがあります。それは、すでにできてしまっている炎症のある赤ニキビには効果はあるのですが、アクネ菌への殺菌力はあまり効果がないので膿んだニキビに使用するのはやめておきましょう。すべての目薬に含まれている成分ではありませんので、成分をチェックしてから購入するようにしましょう。


1 2 3 4
このカテゴリの他の人気記事はこちら! → ニキビの治し方

重要:本気でニキビケアを考えるなら!
98%以上の人がリピートしているニキビケアが ビーグレンのニキビケアです。
天然クレイという鉱物を配合することで、洗顔時に顔をこすることなく、皮脂汚れやニキビ菌を吸い寄せて吸着することができます。
期間限定ですが、今なら1800円という金額のため、気軽に試してみることができます。
→詳しくはこちら

肌あれピンチに7日間の救世主!
定期的に肌あれしたり、ニキビができる・・・つらい・・・
資生堂のdプログラム トライアルセットはそんな敏感な肌を ”守り、美肌を育む” スキンケアです。
いつ見れられてもいい、美しい素肌を手に入れましょう。まずは1週間、あなたの肌でお試しください。
→詳しくはこちら



人気の検索キーワード!